ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

【ママチャリ最終形態カスタム】6Sギア&28Cタイヤで最高速化!シティ自転車が到達できうる限りの最強改造!!!!

      2017/05/15

 

ママチャリ改造の最後はキミが見ることで完成する。

 

「最速化」×「軽量化」×「前傾姿勢」×「良ブレーキ」

 

=「ママチャリ最終形態カスタム」

 

もうね、ママチャリで可能な正統改造。すなわち「ママチャリカスタム」というキーワードが行き着く先は、実はもう決まっていたりする。シティサイクル、通学用自転車、これらの「最速化」とかそういったものには「答え」がすでにあるのだ。

 

この改造は貴方の財産になる。

 

ママチャリ最終&最速カスタム一覧

「車輪の取り外し」は心得よう。

★「前輪・後輪のラク~な付け方と外し方/おすすめスッキリスタイル提案。」

※全て「正統規格内カスタム」である

まずは「ママチャリ快適化」の範囲で!

ここからは「いろいろ犠牲がでる」ぞ!

 

ここまでが「ママチャリの最終形態を見るための行程」である。

 

健闘を祈る。

 

オレはもう引退だ。

 

PCの場合に表示

 

まずは「ママチャリ快適化」の範囲で!
※「最適の機能美」を追求する「乗りやすさアップ」のママチャリカスタム改造

ライダーポジション!「シートポスト上げ」

★詳しくは「わかり易すぎるシートポスト×サドル×クランク交換方法」で!

 

シートポストを上げて「漕ぎやすさ」を大幅にアップさせる。

 

脚を伸ばし切ることができて「脚力を存分に発揮できるベストストライド」な姿勢。「人間の筋肉の多くは脚にあるのだから」そのパワーを開放すればどうなるかは言うまでもないだろう。スピードアップのためというより「漕いでいて疲れない」というのが良いんだ。

普通の自転車だと本来は「重心が低く」設計されている。これは「安定性を高めるため」で、そしてそれは「半径2キロ程度の買い物ママチャリのために」そうなっている。買い物目的では漕ぎやすさよりも安定性というわけだが、

半径2キロの活動範囲が我々の目的ではないだろう?

やだかっこいい。

→目次に戻る

 

高速タイヤ!「ママチャリ用28Cタイヤ×軽量ホイール」

★「ママチャリのタイヤも高速化できた!クロスバイクに劣らない28Cタイヤに換装!」

 

ママチャリ規格の高速タイヤと軽量ホイールで「省エネ走行」!

 

タイヤを「細く」し、ホイールを「軽く」することによる「速くよく転がる」カスタムとなる。

ホイールの軽量化は別として、タイヤを細くするとタフさが無くなって「ママチャリらしさが失われる」部分は確かにある。

だが「高気圧だからこそパンクもしにくく」「転がりが良いからこそスピードがラクに維持しやすい」ので「そんなに脚を回さなくとも、ある程度の速度を維持する省エネ走行が可能」になる。これは快適化にも適っている点である。

最近ではそう気づいたのである。目覚めよ。

細いだけでタイヤのパターンはわりとゴツゴツしてるしね。

→目次に戻る

 

良ブレーキ!「最適解のローラーブレーキ」

★「車輪ごとローラーブレーキに交換」

 

後ろブレーキといえば「ローラーブレーキ」なんだ!

 

安物自転車大量搭載なぼくらのおともだち「バンドブレーキ」は「すぐ鳴くようになって」使い難くなってしまう。最初の方の効きはいいけどね。その上位版「サーボブレーキ」が良品だが見た目がちとダサい。

さらなる上位版たるドラム系最強ブレーキの一角「メタルリングブレーキ」なら比肩できるが、やっぱり「ローラーブレーキ」だよね。

「構造も単純」だから取り付けも楽でトラブルになりにくいし、整備も「専用グリス一つで済んでしまう」お手軽さで、雨に濡れない構造だから、「水をかぶらざるをえない雨上がりの走行時にも制動力が落ちない」のだ。

※ただ気をつけたいのがこのブレーキの効き方は「ピタッ」と止まるのではなくて「じわじわ減速する」ということ。そして前ブレーキで止めるわけ。そういう使い方であることは理解しておこう!

さらに後々には「ハイパーローラーブレーキ(高価い)」というロボコップアイテムへの進化まで控えている。

700Cホイールでローラーブレーキ出ないかなあ。

→目次に戻る

 

多段ギア!「外装6S変速ギア」

★「正当なカスタム方法でママチャリを外装6速変速にする方法。」

 

サイコーにクールなママチャリ6S化改造で「ストップ&ゴー対応」!

 

「信号からの立ち上がりでは軽いギアでスイスイっと」行けて、「スピードの乗る直線では重いギア比で効率的に脚を回して疲労軽減」するのが変速機の役目。そしてカッコイイ。

「安物自転車だと変速がついていない1速」で、少しの坂もチカラが必要だったり。「鍛錬」にはなるけども。女子は脚が太くなるけども。あとは「ゴチャつかないからトラブルが少ない」というのが1速というか変速のないママチャリの利点ではあるが。

でも最近は安くても6速だったりする標準装備ではあるね。「自分で付ければトラブル対応も楽にできるのだから」恐れる必要はなし。ワイヤー調整が完璧には上手くいかなくて5速くらいまでしか動かなくとも、

「もともと無かった」ことに比べれば「圧倒的アドバンテージ」だ。カッコイイし。

『カッコイイ』は正義。

 

(ただ、「快適化」という点では「内装三段変速」がついているならそっちの方でOKだろう。カッコよくしたいなら6S化もアリだけどお高価く付くからね。)

→目次に戻る

 

PCの場合に表示

 

ここからは「ママチャリ最強&最速化」になる!
※「快適性」や「日常使い」を犠牲にし、「速さ」や「凄さ」に向かうカスタムとなっていくことを前提

クランクも多段化!「前3段ギアクランクを手で掛け替える(笑)」

★「クランクも格好良く!ペダルも格好良く!実用と美しさを兼ねるママチャリ改造!」

 

前三段ギアにしておくと「いざ!」という時に安心(笑)!

 

ママチャリの「チェーンカバー」は大事やっで。

クランクとは前ギアのことで、ペダルがついている所でもある。回る所。ここは通常のママチャリだと「1枚のギア(平均32T~34Tのギアだとされる)」がついている。そしてありがたい「チェーンカバー」に包まれているわけである。これは捨てがたいのが現状だ。だから無理に変える必要はないと思うぞ。

 

「クランク」=「前ギア」

ギア比は前後のギアの歯数によって決まり、「軽い」&「重たい」が決まるので、前ギアをも変えられると「さらなる幅」が広がる。そして「クランク周りがカッコいいスポーツスタイル」となる。

参考「ギア比とは?どれくらいがいいの?」

 

「カッコイイから付けたい」というならやってしまおう!

勿論この前ギアにも変速機やシフターが存在しているわけだが、「車体によっては付かないことも多い」のだ。自分のアルサス(ブリヂストンサイクル)には付かなかった。

だから「手で替えることになる」が、あくまで「補助的な役目」であり、「よっぽどの坂道」「グランドキャニオン並みのストレート」でもない限り「真ん中のギアで固定」している。

何かあれば手で架け替えて「フィンガーシフト」してしまえば済むし、なんだかそういうのってカッチョいいやん。

「変形!!!!」みたいな。

それは知らないけど。

→目次に戻る

 

ハンドル可変機構!「アヘッド化」

★「ハンドル可変機構でスポーティーな「かっ飛び仕様」チャリダーフォルム!」

 

「疑似ロードライダー姿勢」を実現!風を切って左サイドを支配する姿勢!

 

ママチャリの姿勢は「万能」で使いやすい。

姿勢がアガる(上体が上がる)というのはまず「周りを見渡しやすい」点がある。あとは「ウデに体重がかかりにくい」ようになる。「その分サドルを厚くしてどっしり腰を下ろす姿勢」になり、「重心が下がって安定感が増す」わけなのだという。短中時間なら「尻」も痛くならない。

 

「カゴ」が使えないだろう。

これをやるとだいたい「前カゴ」と干渉する。付けられないこともない場合は多いが、なにかしらキツイ配置となる。ブレーキレバーがカゴに当たらないように外にずらすと、今度はグリップが全部入らないみたいなね。いやそれでも握れるけど。なんか気になると言う人もいるでしょう。「魔改造だ!」的な覚悟ならいいけど、せっかく「正統カスタム目指したのに」という場合にはテンションが下がるしさ。

 

姿勢を下げると「漕ぎやすさアップ!」「風にも強い!」

とは言え姿勢を下げる利点も多い。それにクロスバイクやロードバイクには予め「それ用のフレーム設計」が為されているので「ウデや尻」にかかる体重がうまいこと分散されるようになっている。これを自転車スペック表では「ジオメトリー」という項目で確認できるわけやで。

 

だがママチャリ改造だと「サドルを上げて」「ハンドルを下げる」しかない。

故にウデに掛かる負担が多くなったり、尻にかかる負担が多くなったりする確率が高いといえるのだ。ちゃんと設定すれば完璧なポジションが見つかるかもしれないけれど、自転車ごとに限界はあるだろうし、まま不確定な部分があるね。

 

「前カゴ」を取っ払って「格好良く」それなりに乗れればOK!というならやってしまえ!

とは言え、ママチャリ改造とかカスタムとか魔改造だとかのキーワードで飛んでくる諸兄たちには「え、カゴなんか要らんけど笑」という血の気の多い猛者たちが多いことだろう。だったらいいよね。

カゴなど軟弱!男は黙って「ゆうパック」で自宅へ届ける!

ゆうちゃんもびっくり。

→目次に戻る

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。

 - 自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造 , ,