ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

長野旅

【20代ニートの信州名所観光自転車旅】ナガノグレートぼっちチャリンジ!地元長野をマッピングしつつの自転車旅!

投稿日:2016年4月30日 更新日:

トレイルキングダムな地元長野を巡る旅。それは山の上のエレボール

はい始まってしまいました20代の引きこもり無職ニートがその終わりに見せる、

 

地獄の「長野」巡り。

 

去年(2015)の東京自転車旅があんまりにも気持ちよかったものだから。そしてニートダイエットにて重ねられるサイクリング。そうとなれば自転車魂に火が点いてしまうのはニートが働かないよりも明らか。

 

別に地元が好きだからではない。

 

やはり去年(2015)の春旅において感じた「地元って?」というどうでもいい問い。自分は13歳という幼少期からひきこもり神話生活であるために世の中を見て回るなどしていない。地元すら。それでも何か事あるごとに書き連ねることになる所在地としての都道府県。「日本」と書くより県の名を書くことが多いだろう日本では。

 

しかし何も知らないものだ。地元のことなど。山も河も名所も行ったことなんてない。

 

ゲームやなんかの世界観情報で国の紹介などがあるけど、そこではハッキリとした個性が設定される。水上の都市だとか、商業の国だとか、文化の都だとか。

 

じゃあ自分の地元ってどんなだろ?という、なんとなくの問い。

 

だから何となく識ろうと思う。

その理由もなんとなく。

どうせサイクリングするならついでに感覚で。

 

20代の終わりに無職のひきこもりニートが見せる旅の熱さをとくと見よ!!!!!

 

地元マッピングアクセスマップ

 

地元マッピング(20代の終わりに無職のひきこもりニートが長野県をめぐる観光の旅)

下に行くに連れてクオリティは上がっていく。ムービークリエイターとしてのスキルが無闇に上がっていく悲劇。

No.0「"ブケパロスに引かれて善光寺参り” 善光寺」長野県長野市 2015年5月

善光寺編

・「【ジモト探訪】善光寺ご開帳に二ートが潜入したら近寄れなかった件(長野県長野市)」

牛ならぬ自転車アルサス・ブケパロスに引かれての善光寺参り。コレも一応地元マッピングでしょう。雛形。

No.1「天下第一の桜! 高遠城址公園」長野県伊那市 2016年4月11日~12日 

高遠城址公園(クレセントムーンコヒガンザクラ)!!

・「天下第一の桜! 高遠城址公園でエクストリーム夜桜お花見。【地元マッピングfrom長野】」

氷点下におけるコールドお花見となってしまった。しかし三日月夜であった。

No.2「日本三大奇祭! 諏訪御柱大祭」長野県諏訪市&茅野市 2016年5月13日~14日

諏訪御柱祭2016

・「三大奇祭! 諏訪御柱祭であとのまつりと洒落こむ愉快なひきこもり。【地元マッピングfrom長野】」

雨と風に阻まれる形で当初の予定を断念した結果、「あとのまつり」へ向かう事になったという愉快なお話。

No.3「五輪開催地! 長野オリンピック跡地」長野県長野市&千曲市 2016年7月25日~28日

長野オリンピック紹介!?

・「オリンピックが夢の跡!冬季長野オリンピック開催地とそのフィーバー後。【地元マッピングfrom長野】」

曇空が映し出すオリンピック開催地の暗雲。それでもそこには当時、希望があった。赤字赤字と言われても儲けた人もいた。あざーっす。

No.4「戦国のラストサムライ!歴戦の上田城」長野県上田市&長野市松代 2016年8月6日~25日

上田幸村

・「戦国のラストサムライ!真田幸村×歴戦の上田城(地元マッピングfrom長野)」

大人気の上田城とそれに宿るストーリーのご案内動画、真夏の大型コンテンツとしてここに爆誕。おそらくは20代の映像をおさめた最大級のコンテンツとなる永久保存版。10代が全く無いんだよね。ひきこもり労働奴隷だったから。いや、果たしてそれだけか?

No.5「千年のパワースポット!天国へ行くための戸隠行脚」長野県長野市戸隠-飯綱 2016年10月19日~21日

戸隠古道への放浪旅

・「天国スポット戸隠!神域に棲まう忍者とパワスポ(地元マッピングfrom長野)」

と、思ったらこの戸隠編が最大級コンテンツになってしまった。溢れ出るアイデアを16分半に抑えるのに苦労するという中2感の所産をみよッ!!!!さらばデッドマンッ!!!!

 

2016年度総括記事

「好きなことがある世界で生きて死にたい。」

 

 

自転車旅 -ポタリング?サイクリング?ツーリング?-

自転車 サイクリング ポタリング ツーリング 旅 ブリジストン

とりあえずの愛機 通学用自転車といえばまだしも結局ママチャリ

ブリヂストンサイクル アルサス(2003年型)カスタムバージョン

やはりやはりの兄貴から譲り受けし13年モノなビンテージ通学用自転車である。通称「ブケパロス号・改」は兄弟2代に仕えしアルミ重馬である。「府中にチャリで逝っちゃおう」から引き続いて老骨に鞭打たれる。ブレーキもイカれはじめ、そろそろ替えてやれとのもっぱらの評判。

→「ママチャリ闘山伝説-ママチャリで山道制覇するための鬼改造列記-」

 

"山の上の王国"信州は日本の天蓋?

山の上の王国ナガノぼっちチャリンジ

日本一標高の高い地域 日本アルプス

アベレージが日本最高峰3000m級の山々を擁する日本アルプスの上に座す王国。それが長野県であった。調べたら。日本で一番高い山は「富士山」であり、2番めに高い山は「北岳」という。いずれも長野県の山ではないが、3番目以降をほとんど独占するのが北アルプス(飛騨山脈)、南アルプス(木曽山脈)、中央アルプス(赤石山脈)、と呼ばれる三大アルプス、すなわち日本アルプス。中でも日本4位の高さを持つ「槍ヶ岳」は登山の聖地としても名高い。

まあとにかく一番の特徴としては「日本一標高の高い地域」といえそうだということ。

ちなみに「アルプス山脈」というのはヨーロッパの中央に位置する山脈のこと。古代ローマを恐怖のどん底に突き落としたカルタゴの天才将軍ハンニバルや、人類史最高の英雄ナポレオンなどが伝説になった歴史的な舞台でもあるアルプス山脈。そのあまりにも異常な地形のために、その上にあるスイスは中世以降勝手に永世中立とされていたほど。

日本アルプスとはそんな有名なアルプス山脈から異称として名づけられた俗名。

とにもかくにも山道で形成されるトレイル・キングダム、それが長野なのだ。

 

長野?信州?

「長野県」ではなくて「信州」と呼ぶのを好む信州人たち。この地域の古名は「信濃(しなの)」。もっと分ければ「北信濃」、「南信濃」と南北に分かたれる。長野は広いといわれる所以であり、北と南で文化がだいぶ違う。スキーが上手いとされるのは北のひとだけなのに南の人もそう思われるから迷惑だとか。同じ長野出身でも南北の違いで全く親近感が湧かなくなるとかそういったシヴィル・ウォーズ(南北戦争)が展開されている。

そして信濃の「信」と国とか地域をあらわす「州」で信州。そういうのあるよね。山梨なら古名の甲斐から甲州。群馬なら古名の上野から上州。そういうの。

長野の大都市(田舎大都市)といえば長野市と松本市があるが、松本の人からすると「長野」は長野市を連想するので信州のほうがいいんだとかどうとか。そういった変なライバル意識。松本には松本城だったり、人気不良漫画「クローズ」の原作者さんが居ながら執筆していたりサッカーの松本山雅FCがあったり「長野のマスドライバー」(低予算で宇宙に飛び立てる滑走路)ともっぱらの松本空港なんかがあるぞこのやろう!!!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

-長野旅
-, , ,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.