ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告(PC)

自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造

【ホローテックBBに改造】クロスバイクやママチャリやMTBやミニベロを高回転力をもつ自転車最高峰のBBに交換する方法

投稿日:2020年1月20日 更新日:

クロスバイクやママチャリをホローテックBBに改造する記事

ホローテックBBに改造交換する手順へ

ホローテックBBを選ぶ(シェル幅サイズは?)

 

クロスバイクママチャリマウンテンバイクミニベロなどの、

自転車BBを「最高レベルのBB」に交換するやり方です。

 

 

なぜホローテックBBに改造するのか?

回転軸が漕ぐところ(クランク)と「一体化」しているので、

回転効率が良い。

※軽量で剛性もある

※個人的な理解です!

 

というにも「ホローテックBBに改造したからと言って、なにがどう劇的に変わるものではないでしょう」というわけ。やってしまったわりには。基本そんなこと思ってる人ですよ。このまえナゾの勝負根性を発揮してくるママチャリおじいちゃんの必死な信号無視スパートに抜かれたやし。いや引かないでよちょっと。病み上がりだし(嘘)

 

この改造に明確な理由などないのだ。

(大声)

 

普通の自転車のBBはこんな感じ

普通の自転車のBBはこんな感じ。

※シャフト(軸)にクランクを取り付ける

ホローテックBBに改造した図

ホローテックBBにした図。

※かっちょいい

※ミニベロだと横の出っ張りがなくなることで収納性が上がるとか(?)そういうことじゃない(?)

参考・「折り畳み自転車を改造して世界一周の相棒にしてみた」gigazine さま

 

だから実際には「なにか改造ネタがないものか」という中でやってみたというのが本当のところ。しかしそうは言っても「後ろを10段変速ギアにしたら前ギアも10速用に合わせておくか」という現場の要求もあり、そうなるとホローテックBBが必需であるからでもある。というか「フロントダブル化したい(前ギアを2枚にする)」って時にやるのかもしれないね。

※実体験上では10速ギアにした際に、合わせて前クランクを10速用にしなくても動く

関連記事・「いざ古き良き10速スピードの世界へカスタマイズ(遅参)」 

とにかく「ロードバイク化などで10速以上になるとみんなホローテックBBになる」のです!

 

ホローテックBBを選ぶ

ロードバイクのクランクを交換整備する記事(ホローテックBB用)

※前ギアであるクランクも専用品にする必要あり

関連記事・「前クランクとホローテックBBの関係」 

使うBBのサイズ比較

  1. 「サイズ(シェル幅)」について
  2. 「軸長」について

「サイズ(シェル幅)」について

シェル幅を測ろう

デジタル ノギス Abindianzis 炭素繊維複合材 150mm

デジタル ノギス Abindianzis 炭素繊維複合材 150mm

799円(08/12 20:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

シェル幅のサイズを測るのが確実だろうけど、

その差が微小すぎて逆に混乱するかも。

※とりあえずBB取り外してそれを測ってもいいかな

関連記事・「シェル幅の違い/クロスバイクのおすすめと項目比較」 

68mm(JIS規格)

わりと基本的なサイズ。いわゆるJIS規格ということでほとんどの自転車ではこの規格。クロスバイクもママチャリもミニベロもマウンテンバイクも基本このサイズ。

70mm(イタリアン)

イタリアンサイズとも。ロードバイク発祥の欧州製自転車なら多いのやも。本来BBは漕いでいる際にネジが外れないように右舷側に逆ネジが用いられるが、右舷側のネジも「順ネジ」だとか。(正ネジとも)つまり普通の向き。というかロードバイクくらいにしかないかも。そして68ミリと2ミリの違いしかないのでよほど正確に測らないとわからないのではないか(?)右が順ネジであることこそが特徴。

73mm(オーバーサイズ)

オーバーサイズとも。マウンテンバイクなどに73mmが多い。「というかマウンテンバイクの規格なのでは?」と思うことなかれ、例えばセンチュリオンのクロスバイクではこのサイズが有るなど、一概には言えない模様。

だいたい「クロスバイクやママチャリやミニベロなら68mm、マウンテンバイクなら73mmもありうる」くらいの2択が改造のスリル!

 

「軸長」について

※基本は「クランク(前ギア/チェーンホイール)」との「兼ね合いで決まる」らしい(つまりクランクごとに指定長がある)

※「D-NL」と「LL123」なる2種類があるとしたら後者のほうが少し長いみたい。122.5mmというより123mmみたいな。(よく使われる「アルタスクランク(FC-M311)」の適合が正確には123mmということなのでこちらをチョイス)

参考・「BB-UN100/シマノ製品」公式サイト 

※あまり気にしません!(いろいろと)

 

おすすめのホローテックBB

取り敢えず最上級BBを使いたいなら。

推奨工具参考・「(11ページ)工具組合わせ一覧」シマノディーラーマニュアル(PDF) 

クロスバイクやママチャリなら(ロードバイク系)

※シェル幅68mmと70mm

デュラエース「BB-R9100」(シマノ)

デュラエース・「DURA-ACE BB-R9100」シマノ公式サイト 

105「SM-BBR60」(シマノ)
シマノ ボトムブラケット SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25

シマノ ボトムブラケット SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25

1,866円(08/13 01:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

105・「105 SM-BBR60」シマノ公式サイト 

マウンテンバイクなら

※シェル幅68mmと73mm

XTR「SM-BB93」(シマノ)
SHIMANO(シマノ) SM-BB93 BSA MTB用 68/73mm ISMBB93B

SHIMANO(シマノ) SM-BB93 BSA MTB用 68/73mm ISMBB93B

3,397円(08/13 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

XTR・「XTR SM-BB93」シマノ公式サイト 

 

シマノ製品最高峰グレードの「デュラエース」等がこのお値段から。

 

自転車パーツの世界的覇権を握る「SHIMANO(シマノ)」が誇る旗艦シリーズはやはりめっちゃお高いが、BBあたりだとそこそこお手軽。デュラエース備品使いた過ぎて幻覚がみえるほどならコイツで鎮めましょう。

※それでも少しお高いというなら売れ筋の105グレードの方へ

※マウンテンバイク系の最高峰は「XTR」なんだとか(デュラと同じ9000番台だね)

もはや鎮守アイテム!

 

いちおうホローテックBBなら何でも使える様子(?)調べた限りでは。(もちろんシェル幅の68ミリだとか70ミリだとか73ミリだとかのサイズは合わせる必要はあるが、それ以外に種類はなさそう。圧入型のプレスフィットBBなどはまた別なので合わないけど。)

(確実な情報ではないことに留意してください)

 

以下、

公式に記載されている推奨BB。

ご参考までに。

 

ロードバイク系「8速・9速・10速クランクに合わせる用」の公式推奨BB

シマノ ボトムブラケット [BB-RS500B] 68mm BC1.37 EBBRS500B

アマゾン・アソシエイトリンク

ボトムブラケットは「BB-RS500」

シェル幅68mm(JIS規格)
シェル幅70mm(イタリアン規格)
シマノ BB-RS500 シェル幅:70mm(M36X24) BB-RS500

シマノ BB-RS500 シェル幅:70mm(M36X24) BB-RS500

1,369円(08/13 01:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

※一応、公式推奨BBはクラリス(8速)・ソラ(9速)・ティアグラ(10速)共々「BB-RS500」と記載されている

圧入式のプレスフィットBB用

※一応、プレスフィット型BBの公式推奨は「BB-RS500-PB」と記載されている

ロードバイク系のクランク(8速・9速・10速)

8速の「CLARIS(クラリス)」のクランク
CLARIS R2000

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/claris-r2000.html

クラリス・「CLARIS R2000」シマノ公式サイト 

FC-R2000
シマノ(SHIMANO) FC-R2000 50X34T 165mm 8S EFCR2000AX04X

シマノ(SHIMANO) FC-R2000 50X34T 165mm 8S EFCR2000AX04X

7,849円(08/12 19:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考・「CLARIS R2000(FC-R2000)/シマノ製品」公式サイト 

9速の「SORA(ソラ)」のクランク
SORA(ソラ)グレードの自転車コンポ

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/sora-r3000.html

ソラ・「SORA R3000」シマノ公式サイト 

FC-R3000

参考・「SORA R3000(FC-R3000)/シマノ製品」公式サイト 

10速の「TIAGRA(ティアグラ)」のクランク
ティアグラのコンポ

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/tiagra-4700.html

ティアグラ・「TIAGRA 4700」シマノ公式 

FC-4700
SHIMANO(シマノ) FC-4700 10S 50X34T 170mm FC-4700

SHIMANO(シマノ) FC-4700 10S 50X34T 170mm FC-4700

10,589円(08/12 20:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考・「TIAGRA 4700(FC-4700)/シマノ製品」公式サイト

 

マウンテンバイク系8速・9速・10速クランクに合わせる用」の公式推奨BB

SHIMANO(シマノ) SM-BB52 BSA MTB用 68/73mm ESMBB52B

アマゾン・アソシエイトリンク

ボトムブラケットは「SM-BB52」

シェル幅68mmから73mm
SHIMANO(シマノ) SM-BB52 BSA MTB用 68/73mm ESMBB52B

SHIMANO(シマノ) SM-BB52 BSA MTB用 68/73mm ESMBB52B

1,419円(08/13 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

※一応、公式推奨BBは「SM-BB52」と記載されている

圧入式のプレスフィットBB用(92mm/89.5mm)

圧入用なら「TL-BB12」と「TL-BB13」も公式推奨工具・「SHIMANO(シマノ) プレスフィットBB取付工具 TL-BB12 Y13098255 / シマノ(SHIMANO) プレスフィットBB取外し工具 TL-BB13 Y13098262

※一応、プレスフィット型BBの公式推奨は「BB-MT500-PA」と記載されている

マウンテンバイク系のクランク(8速・9速・10速)

9速の「ALIVIO(アリビオ)」のクランク(クロス/MTB系)
アリビオのホローテックBB?

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/alivio-m4000.html

アリビオ・「ALIVIO M4000」シマノ公式サイト 

参考・「FC-M4060/シマノ製品」公式サイト 

※「9速パーツのMTB系ホローテックBBはない(シェル幅が73mm以上)」と認識してたけど、圧入式BBならあるのかな(?)いちおう備忘録として記載。

10速の「DEORE(デューロ)」のクランク(クロス/MTB系)

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/deore-t6000.html

デューロ(T)・「DEORE T6000」シマノ公式 

DEORE M6000

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/deore-m6000.html

デューロ(M)・「DEORE M6000」シマノ公式 

巡航用/3S(デューロ)

参考・「FC-T6010/シマノ製品」公式サイト 

山登り用/2S(デューロ)

参考・「FC-M6000-2/シマノ製品」公式サイト 

10速の「旧型SLX」のクランク(MTB系)

参考・「FC-M7000-10-3/シマノ製品」公式サイト 

※ただし一応、この旧型SLXの公式推奨BBは以下で紹介する「BB-MT800」と記載されている

 

ロードバイク系「11速以上のクランクに合わせる用」の公式推奨BB

シマノ ボトムブラケット SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25

アマゾン・アソシエイトリンク

ボトムブラケットは「SM-BBR60」

シェル幅68mm(JIS規格)
シマノ ボトムブラケット SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25

シマノ ボトムブラケット SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25

1,866円(08/13 01:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
シェル幅70mm(イタリアン規格)
シマノ SM-BBR60 70(イタリアン) ROAD用 付属/TL-FC25 ISMBBR60I

シマノ SM-BBR60 70(イタリアン) ROAD用 付属/TL-FC25 ISMBBR60I

1,866円(08/13 01:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

※一応、10速のアルテグラや105の公式推奨BBは「SM-BBR60」と記載されている

圧入式のプレスフィットBB用(86.5mm)

※一応、プレスフィット型BBの公式推奨は「SM-BB72-41B」と記載されている

ロードバイク系のクランク(11速以上)

11速の「105(イチマルゴ)」のクランク
105グレードのコンポ(5800系)

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/105-5800.html

旧型105・「105 R5800」シマノ公式 

105のR7000

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/shimano105-r7000.html

新型105・「105 R7000」シマノ公式 

FC-R5800(旧型)
SHIMANO(シマノ) FC-5800 39X53T 172.5mm シルバー FC-5800

SHIMANO(シマノ) FC-5800 39X53T 172.5mm シルバー FC-5800

12,940円(08/12 20:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

参考・「105 FC-5800/シマノ製品」公式サイト 

FC-R7000(新型)

参考・「105 FC-7000/シマノ製品」公式サイト 

 

マウンテンバイク「11速以上クランクに合わせる用」の公式推奨BB

SHIMANO(シマノ) BB-MT800 BSA シェル幅:68/73mm BB-MT800

アマゾン・アソシエイトリンク

ボトムブラケットは「BB-MT800」

シェル幅68mmから73mm
SHIMANO(シマノ) BB-MT800 BSA シェル幅:68/73mm BB-MT800

SHIMANO(シマノ) BB-MT800 BSA シェル幅:68/73mm BB-MT800

2,309円(08/13 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

※一応、公式推奨BBは「BB-MT800」と記載されている

圧入式のプレスフィットBB用(92mm/89.5mm)

※一応、プレスフィット型BBの公式推奨は「BB-MT800-PA」と記載されている

マウンテンバイク系のクランク

11速の「旧型SLX」のクランク(MTB系)
SLX M7000

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/slx-m7000.html

旧型SLX・「M7000」シマノ公式 

SLX M7100

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/slx-m7100.html

新型SLX・「M7100(11速はない模様)」シマノ公式 

参考・「FC-M7000-11-2/シマノ製品」公式サイト 

 

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

ホローテックBBへの改造手順

  1. はずす!元のクランクとBBを取り外す
  2. ※シェル内を洗浄クリーニング
  3. つける!「ホローテックBB」を取り付ける
  4. つける!「専用の一体型クランク」を取り付ける

クロスバイクなどのスポーツ系自転車、及びママチャリなどのシティサイクルからに対応した不思議記事!

 

※元のクランクとBBを取り外す手順

クランクとBBをすべて取り外した図(クロスバイクやMTB)

  • 元のクランクを取り外す(四角テーパ用の前ギアクランク)
  • 元のBBを取り外す(カートリッジBB・カップアンドコーンBB)

 

まずはクランクの交換!

 

元のクランクを取り外す

ママチャリとクロスバイクやMTBのクランク

  • スポーツバイク系のクランク編(クロスバイクやマウンテンバイク)
  • シティサイクル系のクランク編(主にママチャリ)
  • ※安いミニベロはシティサイクル系、高いミニベロはスポーツバイク系かな(?)
元がクロスバイクMTB系なら

元の3枚ギアクランク取り外し画像

はずす!元のクランクを外す手順(四角テーパ用)
  1. 六角レンチで留め付けボルトを抜く
  2. クランクリムーバーで押し出して外す

元のクランクを取り外す / クロスバイクやMTBのクランク交換記事

元がママチャリ系なら

ママチャリなどのクランクを取り外す画

はずす!元のクランクを外す手順(四角テーパ用)
  1. 14mmソケットで留めネジを外す
  2. クランクリムーバーで押し出して外す

クランクを取り外す / ママチャリ駆動部(前ギア/BB/ペダル)の交換記事

 

お次はBBを交換!!

 

元のBB(ボトムブラケット)を取り外す

カップアンドコーンBBとカートリッジBB

  • カートリッジBB編(クロスバイクやマウンテンバイク)
  • カップアンドコーンBB編(主にママチャリ)
  • ※安いミニベロはカップアンドコーンBB、高いミニベロはカートリッジBBかな(?)
元がクロスバイクMTB系なら

カートリッジBBを取り外した図(クロスバイクやMTB)

はずす!元のカートリッジBBを外す手順(四角テーパ用)
  1. まずは左側から回して外す(正ネジ)
  2. つぎに右側を回して外す(※逆ネジだが、イタリアン規格は正ネジ)

元のカートリッジBBを取り外す / カートリッジBB交換記事

元がママチャリ系なら

ママチャリ系のカップアンドコーンBBを取り外す画

はずす!元のカップアンドコーンBBを外す手順(四角テーパ用)
  1. 直径を測ってフックスパナを購入
  2. 左側は左回しで外す(正ネジ)
  3. 右側は右回しで外す(※逆ネジだが、イタリアン規格なら正ネジ)

古いBBを取り外す / ママチャリ駆動部(前ギア/BB/ペダル)の交換記事

 

これにて

元のパーツを取り外す

ことに成功。

 

※シェル内を洗浄クリーニング

 

あとは

新パーツを取り付ける

ことに成功するだけ。

とにかく成功したい!(意味深)

 

 

「ホローテックBB」を取り付ける!

(結局ロードバイク備品の記事へGOさせて申し訳クリック詐欺で申し訳)

 

「専用の一体型クランク」を取り付ける!

着々とロードバイクへ近づいていきます(無駄に)

 

 

さあさあ!!

ホローテックBB化しての評価は如何に!?

 

自転車をホローテックBBに改造したメリットとは

 

メリットはなにもなかった。

なにも(狭くなることでセンタースタンド利用による変速調整とかできなくなった)

 

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(PC3列)

改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。




ママチャリ快適化三種の神器

自転車ライトのオススメと比較!

タイヤの空気の入れ方はこれがベストな真実!

サドルを上げて快適ライディング!


ママチャリ使ったダイエット


チャリまとめ全集

自転車整備マニュアル

ママチャリ改造のやり方集

クロスバイクのおすすめカスタム集

マウンテンバイクの通勤車化

タイヤやホイールの規格あれこれ(クロス×ママチャリ×MTB)

中古フレームから組み上げるガイド(チャリパーツ大全)

通勤につかえる自転車のまとめ情報


改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。

山越えしなければ長野は一歩も動けません(圧力)

自転車いじるとおもしろさ8倍になるマンガ

自転車いじると面白さ8倍になるマンガ

ママチャリカスタマイズ/弱虫ペダル

漫画「弱虫ペダル」/渡辺航(著)秋田書店(版)

途中まではママチャリ乗りの星たる「弱虫ペダル」

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

渡辺航
396円(08/12 22:30時点)
発売日: 2008/07/08
Amazonの情報を掲載しています

※自分は読み放題のときに「面白さがピークだった」とされる富士山インターハイまでは読んでしまえたけど、時期によって読み放題から外れるので注意。(今は外れてるのかな)

 

ママチャリカスタマイズ/弱虫ペダル

漫画「弱虫ペダル」/渡辺航(著)秋田書店(版)

 

チャリの山登りでは「引き役(風よけ)」が必須のようです。

 

軽めの再読レビュー・「イニシャルDみたいに相当知識があってデフォルメもあまりされないストイックなジャンル別漫画もあるけど、あくまでもドラマ性に特化しとるね」 

地元が山の王国だしクライマーしたくなって10速改造したママチャリで登りまくりました(真顔)

 

-自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造
-, , , ,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.