ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告(PC)

ニートダイエット ランシュー

GT-2000 9を履いて評価レビュー:サイズ変え過ぎたりやりたい放題なドル箱ランシューは売れたら何でも良いのか!?

投稿日:2021年1月23日 更新日:

GT-2000 9の評価と試履きレビュー

 

GT2000の9とは?

ジョギング界のターミネーター(定期)

 

GT-2000 9(asics)

GT2000 9の情報

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/running/gt2000

参考・「GT-2000 9」asics公式 

GT2000とは?

GT-2000 9を履いてみた

ジョギング界のスーパーヒーロー

日本最大級のスポーツメーカー「asics(アシックス)」が、世界に誇るドル箱ランシュー。とにかく「売れに売れている初心者用のマラソンシューズ」として長らく業界に君臨している。とはいえ、その足に対する保護性能の高さからプロ級のランナーたちにも練習用シューズとして重宝されてもいるとか。

※オーバープロネーション走者用のサポート靴でもある

履けばたちまちジョギングマシーンと化す!

GT-2000 9

メンズ
スーパーワイド/4E版

【EXTRA WIDE(エクストラワイド/超広い)】8のときに比べれば実用的なサイズ感なので、足が大きい人なら積極的に試していきたいワイズか。4Eとも。(もしくは外反母趾などで広がった足幅を入れるには良いのかもしれない。矯正というわけではないからそこらへんは医療的な治療が必要になるだろうけど。)

スリム/E版

【NARROW(ナロー/狭い)】(今回はそこまで必要がなさそうなナローワイズですが)ナローサイズを市場で探すには「色」に注目。公式情報として靴のカラーリングが示されているから。(ワイドと被ってるカラーもあるから分かりづらいんだけど笑)

参考・「(メンズ用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

レディース
ワイド/3E版

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ワイド」asics公式 

スリム/E版

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

【女子さんに合わないならハンゾーUやゲルカヤノがお勧め】…女子のワイズ感には種類がないので(※ありました)、この靴が合わないならニューバランスの「ハンゾーU」がオススメだと思う。あるいは「ゲルカヤノ」がオススメ。同じようなサポート性能を持ち、コレまた同じようなクッション性能の高さを持つからね。つまり割とスリム系の足に合うクッション&サポート兼備の名作ランシューね。「GT-2000 9」はカラーリングがひどいと思う。

関連記事・「24時間テレビの公式パートナーでもあるタレント的な名作ランシュー『HANZO(ニューバランス)』」 

関連記事・「あるいはゲルカヤノでしょうねやはり」 

※ナイキなら「エアズームストラクチャー」だけど、個人的には「インフィニティラン」をオススメしたい。内側補強素材スタイルではないけど(つまりオーバープロネーション対策ではない)、サポート系の安定感。それとオシャレ。

女子モデルのカラーリング手抜きじゃない!?

 

世界最強のジョギングシューズ。

(定期)

 

売れているので毎年出ますからここで喋ることがありません(陳謝)

 

「GT-2000 9」の見た目プレビュー

インサイドビュー

GT-2000 9の内側の見た目

アウトサイドビュー

GT-2000 9の外側の見た目

クォータービュー

GT-2000 9の見た目①

GT-2000 9の見た目②

バックビュー/ヒール

GT-2000 9の後ろ側(かかと)の見た目

GT-2000 9のヒールの厚さ/かかとの厚さ

GT-2000 9のかかとの厚さ

フロントビュー(つま先)

GT-2000 9の前方側(つま先)の見た目

アウトソール(足裏/グリップ)

GT-2000 9の靴裏(アウトソール)の見た目

アッパービュー/全体

GT-2000 9の上方側(アッパー)の見た目

GT2000ぽいデザインに戻ってる?

 

「GT-2000 9」を履いた感じプレビュー

スタンドアップビュー

GT-2000 9を履いて立ってみた

アラウンドビュー/全体像

GT-2000 9を履いてみた

アップビュー

GT-2000 9を履いてアップした画

カカトのデザインがしっかりしてるよねGTシリーズは

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

靴の特徴

「GT-2000 9」はオーバープロネーション対策シューズの代表

「GT-2000 9」はオーバープロネーション対策シューズの代表でもある

「GT-2000」の特徴一般

GT^2000 9の公式動画

https://www.youtube.com/watch?v=4z5mZQKXXKg&feature=emb_logo

参考動画・「ASICS GT-2000 9 - 日々の走りに、フィットする。」ASICS Japan(公式) 

  • クッション性とサポート性を兼備した最強のランシュー
  • 足に優しいジョギングモデル
  • オーバープロネーション対策

GT2000の特徴一般

同じこと書き続けるとGoogleに怒られるのでよろしくおねがいします(陳謝)

 

ランシューとしての立ち位置

GT-2000 9のクッション性はこれくらい(当社比)

サブ5クラス/おすすめシューズクッション性
ゲルニンバス22★★★★★★★★☆
ウェーブスカイ3★★★★★★★☆
NEW!GT-2000 9★★★★★★★☆
GT-2000 8★★★★★★★☆
ゲルカヤノ27★★★★★★★☆
ウルトラブースト/19★★★★★★★☆
ダイナブラスト★★★★★★★☆
ゲルカヤノ26★★★★★★★
ハンゾーU(2020)★★★★★★★
ダイナフライト4★★★★★★☆
エアズームペガサス34 
★★★★★★
ウェーブライダー23★★★★★★
アディゼロ/ボストン8★★★★☆
アディゼロBブースト2★★★★
サブ4クラス/トレーニングクッション性
ライトレーサー2★★★☆
ウェーブエアロ18★★★
アディゼロジャパン5

※ウルトラブーストに関してはあくまで前足部(フォアフット)を除いて「ミッドフット走法」および「ヒールストライク走法」時のみこの位置と判断

※ゲルカヤノはフォアフットがそこまで厚くなくなっているけど、「かかと部の分厚いゲル」による高い衝撃吸収性能を評価します

元の参考記事・「【え、軽っ】初心者をたちまち爆走させるアディゼロボストンブースト2の評価レビュー」 

前作同様のクッショニング性能でしょう(厚底のように反発するというより衝撃を受けて吸収してくれる感じがゲル靴の特徴だと思う)

 

GT-2000 9の重さはこれくらい(当社比)

サブ5クラス/おすすめシューズ重さ
ゲルニンバス21約340g
ゲルニンバス22約325g(?)
ゲルカヤノ26約330g
ウェーブスカイ3約315g
ウルトラブースト/19約315g
GT2000-8約300g
ゲルカヤノ27約300g
エアズームペガサス34約285g
ハンゾーU(2020)約275g
ウェーブライダー23約270g
NEW!GT-2000 9約265g(?)
エボライド約250g
ダイナブラスト約240g
アディゼロ/ボストン8約230g
サブ4クラス/トレーニング重さ
ライトレーサー2約240g
ウェーブエアロ18約215g
アディゼロジャパン5約210g(?)
サブ3クラス/レーシング重さ
ウェーブデュエル約205g
ターサーエッジ約200g
アディゼロ匠戦6約190g(?)
ウェーブエンペラー3約185g(?)
アディゼロ匠戦5約165g(?)

※メンズ 26cm 片足重量(自分で実測した値)/打ち消し線は参考の推定値

参考記事・「【え、軽っ】初心者をたちまち爆走させるアディゼロボストンブースト2の評価レビュー」 

ホントだろうか?300切るどころの話じゃないけど?(自分でも信じられないので鵜呑みにはしないでね)

 

速評はここまで。

 

靴のデータ「サイズ感・ワイズ感・重さ」

靴のサイズやワイズを参考に自分に合うシューズを選ぼう

【免責】

※以下に登場する数値はあくまで目安として認識いただきたい。(測り方が精密でもないので)「全体としてのサイズ感やワイズ感はどうなのか」という点に注目いただきたい。

体感「普通のサイズ感に戻る(?)」

GT2000 9のサイズ感

 

普通になったよ。

 

コレは確実に。数値も測ってるし映像記録にも残しているし体感の記憶も鮮明に覚えているのでコレは確実ですね。(8は持ってないよ)

GT2000の8はサイズがデカかった!(レディースモデルは別)

 

※気になる点がなければこのような発言が続きます!逆に気になる場合はちゃんと話します!(ゲルニンバス21のように)あるいは(ターサーエッジのように)

 

サイズ感や仕様の短評

足のアーチ(土踏まず)とはこれのこと

足のモデル
  • ギリシャ型(割とスリムタイプ)
  • 足のアーチはしっかりある
  • (靴サイズは26センチでレビュー)

※このブログのランシューコーナーではすべてこのアンヨが「同じ状況下」にて試し履きしております(靴下の厚さも同じ)

靴の足長(サイズ感/長さ)

GT-2000 9の足長(サイズ)

足長は、普通(よりやや短?)

※26センチサイズ

※サイズ合わせの際は「捨て寸」といわれる「0.5~1センチ未満の空き」ができるようにしよう

※歩く動作をして「かかとが浮く」ような状態ならサイズを小さくするなど対応しよう(靴の形状や性質によってそうなることもあるのでサイズ感だけの現象ではないけど)つまりカカトが浮いてはダメ。

フツーの長さくらいだとは思います(繰り返し)

 

靴の足幅(ワイズ感/広さ)

通常時

GT-2000 9の足幅(ワイズ)

踏み込み時

数値(目安)

足幅は、普通

※26センチサイズ/2Eワイズの標準モデル

※ワイズ合わせの際は「基本は両サイドにピッタリとさせて空きがなく、ぐっと踏み込んだときに張りすぎない程度」(数値以上に素材の伸縮性によって体感は大きく異なるよ)

※キツいとか痛いと思ったらまずは「靴紐をすべて緩めて」調整してみることが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)

かなり普通だとは思います(繰り返し)

 

靴の甲(高さ)

GT-2000 9の足甲の高さ

足甲は、普通

※26センチサイズ

※数値以上に素材の伸縮性によって体感は大きく異なるよ

※キツいとか痛いと思ったらまずは「靴紐をすべて緩めて」調整してみることが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)

コレも普通だとは思います(繰り返し)

 

靴の重量(重さ)

GT2000 9の重さや軽さ(重量)

約 265 グラム(?)

※26センチサイズ(片足)

※ダイナフライトやエアズームペガサスなどが260g以下で軽量のライト級と言えるし、ゲルカヤノやゲルニンバスなどのハイクッション&高サポート靴になると320gくらいのヘヴィ級になる。

当社比測定ではかなり軽い結果になりましたが(あくまでご参考までに&公式の281グラムというのはおそらく27センチモデル)それにしても300オーバーが基準だったゲル靴も変化したもんですね。

 

靴底の厚さ

フォアフット(前足部)

gt-2000 9の靴底の厚さ(フォアフット/踏み込み/前足部)

約2.43センチ

※26センチサイズ

※数値以上に素材によってクッション性能は異なるよ

前作からやや厚で、ゲルニンバス相当

 

ヒールストライク(かかと)

gt-2000 9の靴底の厚さ(かかと/ヒール/後足部)

約3.7センチ

※26センチサイズ

※数値以上に素材によってクッション性能は異なるよ

 

ミッドフット(中足部)

gt-2000 9の靴底の中央の厚さ(ミッドフット/中足部)

約 センチ

※26センチサイズ

※数値以上に素材や形状によってクッション性能は異なるよ

(ご参考までに)……。

 

足のアーチ

GT-2000 9のアーチサポート

※足のアーチサポートは適度に存在

参考動画・「アーチ(土踏まず)のサポートとはこういうこと。」

インナーソール(中敷き)

そこそこ、まあまあ程度のアーチ形状あり

アッパー素材の添え具合

アーチには寄らないフォルム

4はもっとアーチサポートありましたが、ここ最近のGT2000はこんな感じですね(多くの人が、足入れはしやすいのかも)

 

ヒールカップの強さ

GT-2000 9のヒールカップの強さ

めっちゃしっかり。

※強いと着地時のブレ抑制に影響する/軽いと足の入れやすさや軽快さに影響する

これぞGT2000

 

シューガイドの数

GT-2000 9のシューガイド数

約6つ~7つ

※5つくらいが普通で(?)、4つだと弱いくらい(最近は6つくらいは普通かな)

(ご参考までに)……。

 

靴のメッシュ

アッパー素材

GT-2000 9のメッシュ(涼しさや暑さ)・アッパー箇所

足周り

GT-2000 9のメッシュ(涼しさや暑さ)・足周り

やや伸びるが、熱め仕様かと

※フィット感のための初心者ランシュー仕様

このクラスのランシュー基準ですね

靴のグリップ

GT-2000 9のグリップ力

普通にロード対応のグリップ。

※道路を高速で走るのに向いているのがサブ4靴

※ブレ防止プレートなどがよく見えると初心者系のランシュー色が強くなり、スパイク状になるとトラックコース適用の競技モデルランシュー感が強くなる

このクラスの基準ですねやっぱり(ファンランナー向けのランシューはみんなロード仕様なのだけど、グリップ性能に違いがあることや、競技者モデル系にはスパイクがあることから新設されたコーナーですが、路上で履いてみないとわかりにくい性能のためこのような低レベル情報にならざるを得ない状況なのです世界に幸あれ)

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

GT-2000 9の総評レビュー

GT-2000 9の総評価

【免責】

※レビューとは言え実際に走り込んでいるわけではなく、自分のランシュー知識と経験をフル活用したイマジネーションでもってその靴に触れたときのインプレッションやフィーリングをアウトプットしているだけですのでご参考までにどうぞ(走り込んでから評価が変わることはよくあること)

自分にはかなり履きやすくなりました(驚)

ダイエットに良さそうなGT2000

健康的なゲルシューズの毎日(https://www.youtube.com/watch?v=4z5mZQKXXKg&feature=emb_logo)

参考動画・「ASICS GT-2000 9 - 日々の走りに、フィットする。」ASICS Japan(公式)

 

色んな意味でびっくりドンキー。

 

まず、履いた感想としては自然にフィットした。4履いてたけどなんだかんだでシューズフィッティングの知識入れる前だったので27センチサイズとやや大きめサイズ。だから最初はなんかもっさりしていて、良い靴とは思えなかった。しかし靴下カバーリングを駆使してからは「こんなに良い靴だったんだ」と実感。やや重いけど、「フィットさせればしっかりガッチリ足を振り子のように振り回して動ける。そして他の軽量靴よりも安定感が違う。」という靴が自分の中のGT2000だったのだけど、靴下カバーリングなんぞしなくても、なんともスッキリ「自分の足のように」収まってしまった。

 

「同じシリーズでこんなにサイズ感変えるなよ」(笑)

 

 

コレで2度ビックリ。前作である「GT-2000 8」は明らかにビックサイズだった。自分には全く合わないサイズ感だったのだけど、それはむしろシューズ選定の幅を広げるものだから歓迎はしていたんだね。「大きめサイズの定番シューズ」としておすすめできていたから。でも今回のモデルは通常のサイズ感なので別物扱い。

※とは言えレディースモデルは通常サイズだった様子(ママンに履かせてみたら普通だった)アシックスは割と男女モデルを大きく作り分けしてる印象ある。ミズノと違って。ミズノはだいたいユニセックスモデルで男女共用だから。あるいは平等?

前作とはまるっきり別物のサイズ感にびっくりドンキー(ハマる)

 

GT-2000 9の良い点(メリット)

「GT-2000 9」の良いところと悪いところ

ゲル靴は不滅であれ!!

デザインがスポーティ回帰

8はなんとも「シックな装い」で個人的には「ジョガーマフィア御用達」とかいうてましたが(それが悪いと言っているのではありませんコロさないでください)、今回はGT2000らしいスポーティなデザインに戻ってきた印象。まあカラーリングくらいなものだけど。

というかカラーリング次第?

クッション・サポート兼備で、ランシュー性能は申し分なし

これは「GT2000(アシックス)」という靴の基本的評価。さらにはメイン素材(?)が「GEL(ゲル)」なので、今流行りの「厚底ランシュー」よりも耐久性はあると思う。(靴裏のソールが削れちゃえばまた別問題だけど、持ちは異次元。安靴だと靴裏が斜めに削れて3ヶ月交換してた。ロードジョグ7は靴裏はなんとか持ちそうだったけど、かかとの内部が壊れてリタイア。GT2000の4はまだ現役。雨降って悪路になったときなどに履いている。)フライトフォームはヘタると思うけどゲルが生きてればかなり使えると思うし。切れても使えるでしょう。ナイキのエアーは破けたら使えない。ゲルってそう考えると面白いよね。

※ただし「ゲル素材は冬場に硬くなる」という定説もある(自分の体感ではそんな感じないけど、割と強めに言われる)だからクッション性能が低くなるのかと言えばどうなんだろうか(?)それでも靴全体のサポート性能もあるし、怪我しない分にはよくわからないよね。

だから当然、「初心者ランナー向き」であることは確か

世に言われているように、性能的には申し分がない。足に合えば問題はないでしょう。

2006年から走り、ずっと怪我してきたけど、GT2000履いてから怪我はまったくない!!(廉価のロードジョグでもなかったけど笑)

 

GT-2000 9の悪い点(デメリット)

スタジオジブリ作品 となりのトトロ マトリョーシカ

スタジオジブリ作品 となりのトトロ マトリョーシカ/アマゾン・アソシエイトリンク

サイズ感がフツーになった

このブログの使命として(謎)これだけは強く言っておきたいのはやはり、「8と全然サイズ感違うやん(レディースモデル除く)ということ。これだけ気をつけてもらえばなんともないのだけど。「足が特に大きい」という人には前作である8を推奨します。1作前なので在庫は山のようにあるからそこは困らないでしょう。

※ただ、GT2000は多くのワイズ展開も行ってくれるモデルなので(売れてるから?)、「ちょっと足がでかい」というなら「4Eワイズ(エクストラワイド)」などを試す対応はありでしょう。

あとほんとわずかにカカトの入りが甘いように思う

浅いのかな?ヒールカップはしっかりしてるからそこの強さはあるんだけど、なんか入りがやや甘い感じ?

万人受けするとはいえ、すべての人にベストなわけではない

確かにGT2000は良い靴だし、世の中的にもよくおすすめされることでしょう。「初心者 ジョギング おすすめの靴」などと検索すれば、必ずこの靴は登場する。ゲルカヤノゲルニンバスと併記され比較もされるのが定番)しかし、合わない人もいる。「オーバープロネーション用の靴でもある」という点などが引っかかったり。つまり「サポートが強すぎるせいで、その形状や仕組みから足に不自然な負担をかけてしまうことがある」ということなんだね。実際にこのブログでも「GT2000で怪我してきた」「GT2000が合わなかった」という情報を寄せてくれる人は多い。だからネットで調べて色々なブログやサイトに行き着くという事情みたい。

自分を疑うより靴を疑うのは悪いことではありません(売れてるから評判いいからと言って、自分の足にベストなわけじゃないという真理)

 

備考・扁平足の注意について(?)

※程度問題(?)

 

日々のジョギングにも市民ランナーたちの訓練用にも「GT2000」

「GT-2000 9」の紹介でした

GT2000のヒールカップは強くてカッコイイという伝統(GT1000のも好き)

靴の合わせ方

縦のサイズはツマ先1センチ未満の「捨て寸」空き、横のワイズは「ピッタリ」するように合わせていこう。

※【縦サイズ】…歩く動作をして「かかとが浮く」ような状態ならサイズを小さくするなど対応しよう(靴の形状や性質によってそうなることもあるのでサイズ感だけの現象ではないけど)それでもカカトが浮くようなら別の靴を選ぶなども検討

※【横ワイズ】…キツいとか痛いと思ったらまずは「靴紐をすべて緩めて」調整してみることが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)それでもキツいなら別の靴を選ぶ

※【カバーリング】ある程度合わせてこれ以上フィットしないという場合でも「靴下2枚履き」などで対応すればOK

Amazonなら試着システム完備「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」

自分の場合はそのままの普段サイズを選びますね

GT-2000 9

メンズ
スーパーワイド/4E版

【EXTRA WIDE(エクストラワイド/超広い)】8のときに比べれば実用的なサイズ感なので、足が大きい人なら積極的に試していきたいワイズか。4Eとも。(もしくは外反母趾などで広がった足幅を入れるには良いのかもしれない。矯正というわけではないからそこらへんは医療的な治療が必要になるだろうけど。)

スリム/E版

【NARROW(ナロー/狭い)】(今回はそこまで必要がなさそうなナローワイズですが)ナローサイズを市場で探すには「色」に注目。公式情報として靴のカラーリングが示されているから。(ワイドと被ってるカラーもあるから分かりづらいんだけど笑)

参考・「(メンズ用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

レディース
ワイド/3E版

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ワイド」asics公式 

スリム/E版

参考・「(レディース用)GT-2000 9 ナロー」asics公式 

【女子さんに合わないならハンゾーUやゲルカヤノがお勧め】…女子のワイズ感には種類がないので(※ありました)、この靴が合わないならニューバランスの「ハンゾーU」がオススメだと思う。あるいは「ゲルカヤノ」がオススメ。同じようなサポート性能を持ち、コレまた同じようなクッション性能の高さを持つからね。つまり割とスリム系の足に合うクッション&サポート兼備の名作ランシューね。「GT-2000 9」はカラーリングがひどいと思う。

関連記事・「24時間テレビの公式パートナーでもあるタレント的な名作ランシュー『HANZO(ニューバランス)』」 

関連記事・「あるいはゲルカヤノでしょうねやはり」 

※ナイキなら「エアズームストラクチャー」だけど、個人的には「インフィニティラン」をオススメしたい。内側補強素材スタイルではないけど(つまりオーバープロネーション対策ではない)、サポート系の安定感。それとオシャレ。

女子モデルのカラーリング手抜きじゃない!?

 

 

※これはあくまで「試履きのみ」のレビューである。

走り込んでみないとジョギングシューズとしての真価はわからない。

 

 

このコーナーは、

「試履きや触った時点でもわかるところについて楽しむ」

という趣で執り行わさせていただいております。

 

 

最近ではAmazonなどのネット通販でも試着が推奨されるという近未来でありますから。

Amazonのすごいシステム「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」

 

 

 

いろいろあれこれテストしてみたくなるというのが人のサガ。

その結果こうしてわかる点についてだけ記事にしているというわけであります。

 

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(PC3列)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット, ランシュー
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.