ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告(PC)

ニートダイエット

ウェーブエアロ18を履いて評価レビュー/魔改造されたミズノのエースは亀甲縛りで強くなりました。

投稿日:2020年4月5日 更新日:

ウェーブエアロ18の評価と試履きレビュー

 

ウエーブエアロ18とは?

ランニング界のキマイラ(合成獣)

 

WAVEAERO 18(asics)

ウェーブエアロ18を履いてみたレビュー

https://www.mizuno.jp/

参考・「ウエーブエアロ」ミズノ公式 

ウェーブエアロ18とは?

ウエーブエアロ18履いてみた

魔改造されしミズノのエース

ミズノにおける不動の「サブ4」ランシューとして風を切るスピード感を提供し続けたウェーブエアロシリーズ。しかしここに来て業界の技術革新激しく、自然由来のエアロダイナミクスシステム(?)だけでは戦えない終末化。窮地のミズノが新開発したウェーブデュエルにおける「ウェーブプレート」を組み込まれたかつてのエースは、サブ3.5を目指して送り込まれた?

関連記事・「自社内における内部闘争引き起こした革命のウェーブデュエル」 

※イメージです

WAVEAERO 18(ウエーブエアロ18)

メンズ
[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 18 2E

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 18 2E

11,120円(09/24 01:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
ワイド版/3E幅
レディース
【注意!】ユニセックスモデル(男女共用)の存在

黒と青のカラーは男女共用モデルとのこと(この記事におけるサイズ感などとは異なっている可能性がありますからご注意を)

 

魔改造されすぎ。

 

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 17 メンズ ブルー×ホワイト×オレンジ 26.0 cm 2E

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 17 メンズ ブルー×ホワイト×オレンジ 26.0 cm 2E

 

これまでの「清廉なる部活動感」は激変。

 

そんなウェーブエアロであります。17を数えるほど大事に重ねてきた累系を、18にてかなりの大胆イメチェン。代名詞だった「ミズノウェーブ」も、新技術「ウェーブプレート」搭載となり、心機一転のウエーブエアロだった。アディゼロも競技靴感イメチェンしてるし、最近はサイバーガジェット感がブームなのやも。

不動のエース靴がウェーブプレート革命軍入りしてしまいました(ミズノ内乱戦線より)

 

「ウェーブエアロ18」の見た目プレビュー

インサイドビュー

ウェーブエアロ18の内側の見た目

アウトサイドビュー

ウェーブエアロ18の外側の見た目

クォータービュー

WAVEAERO 18の見た目①

WAVEAERO 18の見た目②

バックビュー/ヒール

ウェーブエアロ18の後ろ側(かかと)の見た目

WAVEAERO 18のかかとの厚さ

WAVEAERO 18のヒールの厚さ

フロントビュー(つま先)

ウェーブエアロ18の前方側(つま先)の見た目

アウトソール(足裏/グリップ)

ウェーブエアロ18の靴裏(アウトソール)の見た目

アッパービュー/全体

ウェーブエアロ18の上方側(アッパー)の見た目

 

恐ろしいまでのイメチェンぶり。「え、誰?」みたいな風貌になって帰ってきた優等生ミズノのエース、ウェーブエアロですけれど。

この前ウェーブライダーのレッドカラーdisったから職人魂に火を付けちゃったのか(?)

 

「ウェーブエアロ18」を履いた感じプレビュー

スタンドアップビュー

ウェーブエアロ18を履いて立ってみた

WAVEAERO18を履いて立ってみた

アラウンドビュー/全体像

ウエーブエアロ18を履いてみた

トップビュー

ウェーブエアロ18を履いて上から見下ろした画

ウエーブエアロ18を履いて上から見下ろした画

 

ウェーブエアロの名前にふさわしい「見事なエアロフォルム」を持つ流線型がイカス。人間の足が持つ本来的な構造と造形美を損ねることのない佇まいなんだけど、外装が前衛的過ぎてよくわからない。

ティガレックス希少種みたい

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

靴の特徴

短距離競技由来の新技術「ウェーブプレート」が搭載されたウェーブエアロ

短距離競技由来の新技術「ウェーブプレート」が搭載されたウェーブエアロ

ランシューの機能

翅のような「ウェーブプレート」

ミズノの新技術「ウェーブプレート」(既視感)

ミズノの新技術「ウェーブプレート」(既視感)https://www.mizuno.jp/track_field/waveduel/

参考・「WAVE DUEL」ミズノ公式 

※ 短距離用スパイクの技術を持って造りだした新技術「ウェーブプレート」が搭載され、全辺プレート状態を実現しているとかのウェーブデュエル発祥。

ウェーブプレートの雑な個人理解はこちら

 

『ミズノ革命戦争』の引き金。

 

それが新技術ウェーブプレート。ミズノウェーブの一種と言い張るも見た目がまったくミズノウェーブ感でない「内部格納タイプ」のため、いろいろと個人的に物議であります。「ミズノウェーブ外装シューズ派」「ウェーブプレート内装シューズ派」による闘争が繰り広げられているミズノのランシュー事情なのでした。(語り)さらにはどさくさ紛れに「フォームウェーブもりもりシューズ派」なども旗揚げされ、「ウェーブ継承戦争」の戦火は広がっています。

でました往復ビンタの原理

エアロフォルム維持の「ウーブンアッパー」

ニット素材のように伸びつつ、しっかりもしてるナゾ。

ニット素材のように伸びつつ、しっかりもしてるナゾの素材。

アディゼロと伍するほどの見事なエアロフォルムで空力感あるけど、その効果を持続するためか、無駄に空きができないようにした構造なのかな。この「ナゾの文様形状」が、横に伸びるけど縦には伸びないようにしていたり、他にも「伸び止め補強材」などが張り巡らされ、足にピッタリフィットする状態を保つというぞ。これが事実ならめっちゃ大事。個人的にフィット感こそが最も興味ある対象。

関連記事・「アディゼロのエアロフォルム好き」 

でました亀甲縛りの原理(?)

 

ランシューのタイプ

ハイスピードモデル(サブ4~3.5)

脱初心者の登竜門だったはずだけど、色んな意味でハードル上がったよね!

 

ニュートラルプロネーション用(?)

おそらくそうでしょう。とくに内倒れ防止サポートなどもないし。

このクラスのランシューはみんなシンプル 

 

足のアーチは強い

アディゼロ系統並みに足のアーチに沿っている。

これは個人的に嬉しいポイント!

 

デザインはミズノじゃないね

外部のデザイナーである「クリストフ・プリ・ルメール(架空のフランス系靴職人)」さんにでも外注したんではなかろうかと疑うレベルで変貌を遂げている。

クリストフ・プリ・ルメール言いたいだけ

 

ランシューとしての立ち位置

ウェーブエアロ18のクッション性はこれくらい(当社比)

サブ5クラス/おすすめシューズクッション性
ゲルニンバス21/22★★★★★★★★☆
ウェーブスカイ3★★★★★★★
GT2000-8★★★★★★★
ウルトラブースト/19★★★★★★★
ゲルカヤノ26★★★★★★★
ハンゾーU(M/W)
★★★★★★☆
ダイナフライト4★★★★★★☆
エアズームペガサス34 
★★★★★★
ウェーブライダー23★★★★★★
アディゼロ/ボストン8★★★★☆
アディゼロBブースト2★★★★
サブ4クラス/トレーニングクッション性
ライトレーサー2★★★☆
ウェーブエアロ18★★★
アディゼロジャパン5

※ウルトラブーストに関してはあくまで前足部(フォアフット)を除いて「ミッドフット走法」および「ヒールストライク走法」時のみこの位置と判断

※ゲルカヤノはフォアフットがそこまで厚くなくなっているけど、「かかと部の分厚いゲル」による高い衝撃吸収性能を評価します

元の参考記事・「【え、軽っ】初心者をたちまち爆走させるアディゼロボストンブースト2の評価レビュー」 

サブ4以下の高速ランシューらしい立ち位置!

 

ウェーブエアロ18の重さはこれくらい(当社比)

サブ5クラス/おすすめシューズ重さ
ゲルニンバス21約340g
ゲルニンバス22約325g
ゲルカヤノ26約330g
ウェーブスカイ3約315g
ウルトラブースト/19約315g
GT2000-8約300g
エアズームペガサス34約285g
ウェーブライダー23約270g
ハンゾーU(M/W)約265g
ダイナフライト4約245g
アディゼロ/ボストン8約230g
サブ4クラス/トレーニング重さ
ライトレーサー2約240g
ウェーブエアロ18約215g
アディゼロジャパン5約210g(?)
サブ3クラス/レーシング重さ
ウェーブデュエル約205g
ターサーエッジ約200g
アディゼロ匠戦6約190g(?)
ウェーブエンペラー3約185g(?)
アディゼロ匠戦5約165g(?)

※メンズ 26cm 片足重量(自分で実測した値)/打ち消し線は参考の推定値

参考記事・「【え、軽っ】初心者をたちまち爆走させるアディゼロボストンブースト2の評価レビュー」 

サブ4以下の高速ランシューらしい立ち位置!(確認)

 

速評はここまで。

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

靴のデータ「サイズ感・ワイズ感・重さ」

靴のサイズやワイズを参考に自分に合うシューズを選ぼう

【免責】

※以下に登場する数値はあくまで目安として認識いただきたい。(測り方が精密でもないので)「全体としてのサイズ感やワイズ感はどうなのか」という点に注目いただきたい。

体感「普通のサイズ感」

ウェーブエアロのサイズ感は対応力あり

ウェーブエアロのサイズ感は「かなりの対応力」あり!

ウエーブエアロのサイズ感は対応力あり

全体的に柔らかいニット仕様(でもしっかりしてもいる)

 

ウエーブエアロ18のサイズ感は、

かなりの対応力あり!

※全体的にはシュッとしたフォルムだと思うけど

 

ウルトラブーストのカカトは左右から優しくフィットされている

ウルトラブーストのカカトは左右から優しくフィットされている

※ウルトラブーストに似たフィット性能!

関連記事・「自分史上最大のフィット感だったウルトラブースト」 

全体的に柔らかいニット素材でビシッとフィットする!(とくにカカトのフィット感は、強いヒールカップサポートのある靴には生み出せない価値)

 

サイズ感や仕様の短評

足のアーチ(土踏まず)とはこれのこと

足のモデル
  • ギリシャ型(割とスリムタイプ)
  • 足のアーチはしっかりある
  • (靴サイズは26センチでレビュー)

※このブログのランシューコーナーではすべてこのアンヨが「同じ状況下」にて試し履きしております(靴下の厚さも同じ)

 

【注意!】ユニセックスモデル(男女共用)の存在

黒と青のカラーは男女共用モデルとのこと(この記事におけるサイズ感などとは異なっている可能性がありますからご注意を!ここではメンズモデルのデータだからね!)

 

靴の足長(サイズ感/長さ)

ウエーブエアロ18の足長(サイズ)

足長は、普通

※26センチサイズ

※サイズ合わせの際は「捨て寸」といわれる「0.5~1センチ未満の空き」ができるようにしよう

※歩く動作をして「かかとが浮く」ような状態ならサイズを小さくするなど対応しよう(靴の形状や性質によってそうなることもあるのでサイズ感だけの現象ではないけど)それでもかかとが浮くようなら別の靴を選ぶなども検討

とにかくフツーだと思います(繰り返し)

 

靴の足幅(ワイズ感/広さ)

通常時

ウエーブエアロ18の足幅(ワイズ)

踏み込み時

ウエーブエアロ18の足幅(ワイズ)・踏み込み

数値(目安)

ウエーブエアロ18の足幅(ワイズ)・数値

足幅も、普通(数値以上に)

※26センチサイズ/2Eワイズの標準モデル

※ワイズ合わせの際は「基本は両サイドにピッタリとさせて空きがなく、ぐっと踏み込んだときに張りすぎない程度」(数値以上に素材の伸縮性によって体感は大きく異なるよ)

※キツいとか痛いと思ったら「靴紐をすべて緩めて」調整することが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)

とにかくフツーだと思います(繰り返し)

 

靴の甲(高さ)

ウエーブエアロ18の足甲の高さ

足甲も、普通

※26センチサイズ

※数値以上に素材の伸縮性によって体感は大きく異なるよ

※キツいとか痛いと思ったら「靴紐をすべて緩めて」調整することが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)

とにかくフツーだと思います(繰り返し)

 

靴の重量(重さ)

ウエーブエアロ18の重さや軽さ(重量)

約215グラム

※26センチサイズ(片足)

※ダイナフライトやエアズームペガサスなどが260g以下で軽量のライト級と言えるし、ゲルカヤノやゲルニンバスなどのハイクッション&高サポート靴になると320gくらいのヘヴィ級になる。

「ファンランナー系最速」ことアディゼロボストンよりかなり軽いので、本格的なスピード靴と見て良いでしょう!

 

靴底の厚さ

フォアフット(前足部)

ウエーブエアロ18の靴底の厚さ(フォアフット/踏み込み/前足部)

約1.35センチ

※26センチサイズ

※数値以上に素材によってクッション性能は異なるよ

サブ3系統のアディゼロ匠戦と同等かそれ以下の薄さ(ボストンもライトレーサーも約1.7はある)

 

ヒールストライク(中足部~かかと)

ウエーブエアロ18の靴底の厚さ(かかと/ヒール/後足部)

約3センチ

※26センチサイズ

※数値以上に素材によってクッション性能は異なるよ

とはいえカカトはそこそこ厚い(アディゼロ匠戦は約2.7センチ)(ボストンは約3.5センチ)(Lレーサーは約2.8センチ)

 

ミッドフット(中足部)

ウエーブエアロ18の靴底の中央の厚さ(ミッドフット/中足部)

参考まで

※26センチサイズ

※数値以上に素材や形状によってクッション性能は異なるよ

……。

 

足のアーチ

ウエーブエアロ18のアーチサポート

WAVEAERO 18のアーチサポート

※足のアーチサポートはかなりある様子

※【インナーソール(中敷き)】そこそこアーチ形状あり

※【アッパー素材の添え具合】アーチ寄りのサポートを持つ

好き

 

ヒールカップの強さ

ウエーブエアロ18のヒールカップの強さ

WAVEAERO 18のヒールカップの強さ

下部はそこそこ有り、上部はフィット感重視で可動する

※強いと着地時のブレ抑制に影響する/軽いと足の入れやすさに影響する

必要最低限のヒールカップに止め、フィット感で全体をサポートする設計でしょう!(柔らかいはずのウルトラブーストもフィット感すごいいのでぶれないし)

 

シューガイドの数

ウエーブエアロ18のシューガイド数

約6つ~7つ

※5つくらいが普通で(?)、4つだと弱いくらい(最近は6つくらいは普通かな)

……。

 

靴のメッシュ

アッパー素材

ウエーブエアロ18のメッシュ(涼しさや暑さ)

足周り

WAVEAERO 18のメッシュ(涼しさや暑さ)

やや熱めの仕様では(?)

※その分ノびる系のフィット重視素材になっている

もともとこのクラスのランシューは「ギシギシした目の粗いメッシュ」で通気性高かったけど、近年変わりつつある模様(妙に分かりやすい穴はあいてるね笑)

靴のグリップ

ウエーブエアロ18のグリップ力

ロード対応の、効くグリップ

※道路を高速で走るのに向いているのがサブ4靴

※これにブレ防止プレートなどがよく見えると初心者系のランシュー色が強くなり、スパイク状になるとトラックコース適用の競技モデルランシュー感が強くなる

道路を高速で走るのに向いているのがサブ4靴

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

 

ウエーブエアロ18の総評レビュー

ウェーブエアロ18のメリットとデメリット

【免責】

※レビューとは言え実際に走り込んでいるわけではなく、自分のランシュー知識と経験をフル活用したイマジネーションでもってその靴に触れたときのインプレッションやフィーリングをアウトプットしているだけですのでご参考までにどうぞ(走り込んでから評価が変わることはよくあることなのでね)

「フィット感重視」の高速靴

ウェーブエアロのサイズ感は対応力あり

ウェーブエアロのサイズ感は対応力あり(繰り返し)

 

足にフィットしやすいでしょう。

 

ニット素材というランシューの革命素材ですが…

ニット素材というランシューの革命素材ですが…

※ちゃんとフィットさせないとブレやすいから注意のニット素材

関連記事・「フィット感を高めやすいが、ちゃんと紐を配さないとブレが強くなるネットフィット」 

それよりは、ややしっかりしたビヨンビヨンなニット素材だから(?)

ウェーブエアロ18の良い点(メリット)

ウェーブエアロ18のデザイン性

ウェーブエアロ18のデザイン性は末恐ろしい!(ミズノマークまで黒子に徹する)

ロード対応スピードランシューの、ど真ん中

これ以上の高速ランシューとなるとグリップがスパイク形状になるし、実質的な舗装路(ロード)性能はこのクラスが1番なのではないかと考えている。その点において、ライトレーサーよりはスピード感ありそうだし、覇者の靴アディゼロジャパンとの比較が望まれますね。

※スピードと言ってもこの手の軽量で薄い靴は「足を回して走る」という、どっちかと言うと脚力が必要で短距離的な走り方に向いているのに対し、「厚底で飛んで走る」という長距離を長く速い足を使えるランシューがマラソン競技会を席巻している状況だけどね

関連記事・「asicsの最新厚底長距離ランシュー、エボライドは実質ウサギライドでした」 

とはいえヒールストライク走法なら十分な厚みを持つ

「スピード系の靴にすると足が不安」というデメリットが存在するわけですが(とくにロードはもともと人間の足に悪い)、カカト箇所の厚みは割とあるので、つまり普通に走る分には以外にクッション性あるという良バランス。(普通はみんなヒールストライクカカト着地走法)スピード上げたいタイミングでは前傾姿勢になって、「一気にギアチェンジできる軽さと機能性」がこの手のスピードランシューなのだね。

アディゼロボストンターサーで実感

伸びるので足型への対応力がある(?)

アディゼロボストンも伸縮性の高いアッパー素材だけど(アディゼロジャパンは伸びない)、この靴は全体が「準ニット素材(?)」なのか、対応力高いと感じる。基本フォルムはスリムな流線型(人の足型に順じた)だけど、とくにカカトなどの形状に沿う様で、かなりのフィット感。

※サイズ感も合わせやすいんじゃないのかということ

足のアーチサポートがしっかりある!

asicsの靴では到底お目にかかれない、「攻めの姿勢」である足のアーチサポート。(型を攻めると市場が狭くなるから?)足型に合わないと窮屈なのかも知れないけど、アディゼロボストンよりも対応力高そうな靴全体のフィット能力が、できるだけ万人対応させるという目論見なのやも(?)

関連記事・「足のアーチサポートがある靴とない靴の比較」 

デザインがアバンギャルド(前衛的)

いまだかつてみたことがない前衛的かつ野心的なデザイン。新しいもの好きにはたまらない逸品なのではなかろうか。おしゃれといえばオシャレだと思うね。個人的には好み。

個人的には足のアーチが強いことがとても頼もしい

 

ウェーブエアロ18の悪い点(デメリット)

カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデルPlus 怒りVer. [3.ティガレックス希少種(怒り状態)+ボーナスパーツ](単品)

カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター スタンダードモデルPlus 怒りVer. [3.ティガレックス希少種(怒り状態)+ボーナスパーツ](単品)/アマゾン・アソシエイトリンク

デザインが奇抜すぎる(?)

合成魔獣感すごい。キメラですもんね。もとの運動靴感ゼロ。別物ですよねこれ。ティガレックス希少種みたい。赤だと。個人的にはカッコいいと思う類ですけど。人によっては抵抗あるんじゃないのかな?

ウェーブキメラだよねこれ(?)

リビドーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

リビドーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/アマゾン・アソシエイトリンク

別物ですよねこれ。(繰り返し)波形のミズノウェーブもないから乗り具合まったく異なるだろうし。ウェーブエアロじゃなくてウェーブキメラだよねこれ。実際に履いて動いた感じでも、ミズノウェーブ特有のパンパンハネる感じはないし。ウェーブプレートとやらは走り込んでみないと真価がわかりにくい素材ですね。

ミズノが怒ると怖い(さいきん何考えてるかわからんねこの会社どこへ向かってるのか)

 

あれ、

意外とデメリットがない(?)

 

※基本フォルムがスリム形状というくらい?ずんぐり足さんたちには?(それでもアディゼロボストンよりも対応力ありそうなのがデメリットの項目を作らせなかった要因なんだけどどうなんだろう?)あと安定感は落ちてるのかな?ミズノウェーブじゃないから。でもフィット感よければカバーできるものだし。どうなんだろう。

これってもしかして革命的レベルのランシューでは(?)機能的には(!?)

 

かなり攻めた仕様とデザインに乗って日々のランを攻めてみるなら「ウェーブエアロ18」はオススメ

ウェーブエアロ18の紹介

「18」と刺繍調子に刻まれるナゾ。

ウエーブエアロ18

縦のサイズはツマ先1センチ未満の「捨て寸」空き、横のワイズは「ピッタリ」するように合わせていこう。

※【縦サイズ】…歩く動作をして「かかとが浮く」ような状態ならサイズを小さくするなど対応しよう(靴の形状や性質によってそうなることもあるのでサイズ感だけの現象ではないけど)それでもかかとが浮くようなら別の靴を選ぶなども検討

※【横ワイズ】…キツいとか痛いと思ったら「靴紐をすべて緩めて」調整することが大事(できるだけピッタリしたほうが良いからね)

※ある程度合わせてこれ以上フィットしないという場合でも「靴下2枚履き」などで対応すればOK

Amazonなら試着システム完備「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」

スリム足の自分なら小さめを選んで履きますね(伸びてフィットするので)

メンズ
[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 18 2E

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブエアロ 18 2E

11,120円(09/24 01:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
ワイド版/3E幅

ワイドもあるけど基本は通常版から試して欲しい(足の甲が高い人はしょうがないやも知れないけど)

レディース

レディースは1色のみ(キメラ女子少ないと見て?)

【注意!】ユニセックスモデル(男女共用)の存在

と思えば、黒と青のカラーは男女共用モデルとのことで、この記事におけるサイズ感などとは異なっている可能性がありますからご注意を

普通の運動靴感が恋しいなら「(前作)ウエーブエアロ 17」

メンズ
ワイド版/3E幅
レディース

18の「悪魔の実」的風貌が怖いなら旧作の17も有りでしょう!(ミズノウェーブの安定感があるからね)

 

 

※これはあくまで「試履きのみ」のレビューである。

走り込んでみないとジョギングシューズとしての真価はわからない。

 

 

このコーナーは、

「試履きや触った時点でもわかるところについて楽しむ」

という趣で執り行わさせていただいております。

 

 

最近ではAmazonなどのネット通販でも試着が推奨されるという近未来でありますから。

Amazonのすごいシステム「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」

 

 

 

いろいろあれこれテストしてみたくなるというのが人のサガ。

その結果こうしてわかる点についてだけ記事にしているというわけであります。

 

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(PC3列)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.