ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告(PC)

ニートダイエット 名品グッドアイテム

ほんとうの意味で初心者にオススメなジョギングシューズは割と安い。

投稿日:2019年2月4日 更新日:

初心者ランナーはとにかく走りはじめてしまうことが大事だから。

【お手頃価格】初心者におすすめするジョギングシューズ

自分が履いてきたおすすめの「良い靴」はこっち

 

12年走ってきたから言うっ!!!!

 

齢18歳からジョギングなりランニングなりと走り始めて今ではもうアラサーのフラッグシップ期。その間、特別何かを成し遂げたとか何々の大会にてトロフィーを獲得したとかそんなことなどなにもない、ただただフィットネスとしてのジョギングランに12年を費やしてきました。

 

ガチで走るなんてとんでもない。

ファンランナー勢の化身であります。

 

「プロでもないのに大会なんぞで目立ったところで老後にヒザを悪くするだけだ!」という思想があるわけでもなく、ただただ日々のスロージョギングが気持ちよすぎるから、息を吸って吐くかのごとくに続けてきたのでございます。

 

 

だから言うよ。

まずは走ろう。

ハナシはそれから

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

ランニングシューズとは?

[ニューバランス] 新1040番 ハンゾーU G1(グレー)  2E

[ニューバランス] 新1040番 ハンゾーU G1(グレー) 2E

8,748円(07/21 03:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

柔らかくて、ムレにくく、高いクッション性があり、走りやすい靴。

それがランシュー。あるいはジョギングシューズ。(運動靴?)スニーカーとは違う。革生地で底の硬いスニーカーではない。ナイキやアディダスでよくあるけど。

あれはその分丈夫ではあるけれども、何にしろ硬い。重い。疲れる。一部の人気スニーカー(ニューバランスなど)ではもう少し柔らかめで走りやすいタイプのカジュアルシューズもあるだろうけど、基本的には「走るならランシュー」でありますよろしくどうぞ。

参考・「スニーカー」Wikipedia 

参考・「運動靴」Wikipedia 

関連記事・「NBの1040(ハンゾー/HANZO U)を履いてレビュー/ジーパン似合いすぎるニューバランスのランシューは学生の通学履きにもよく映えるだろね。」 

 

 

初心者におすすめするランシュー

 

アシックスか!?

ミズノか!?

ナイキか!?

 

いいや

 

 

ハト。

 

その他の名もなき靴たち

 

 

まずは安っすい靴でOK

+ 靴の合わせ方のキホン(クリックかタップでひらく)

靴の合わせ方のキホン「超お手軽編」

 

鉄則

 

「足の縦サイズはつま先1センチ空く程度。」

捨て寸というやつである

「足の横ワイズはピッタリフィットさせる。

横はピッチリフィット(伸縮素材だから

 

これが靴合わせの基本。

※だが!安い靴の場合には横ワイズは少し余裕を持たせて欲しい。なぜなら伸縮性が低い場合が多いから。そうでなくてもあとから靴下調整などで対応できるから。 

 

Amazonで買うなら実際に履いてみて返品する仕組みもあるけど、まあ実店舗様にてこうして自分の足のサイズやワイズの検討をつけてみることをおすすめする。そうしてそこで安いランシューを買うのも良し、通販で気に入ったやつを買うも良し。まあ値段が変わらないならお世話になった実店舗で買うことをおすすめするが、そこら辺は各自の状況によっていろいろありますからね。まあまあね。

本心「ここから買ってもらいたい(鬼の形相)」

 

靴下戦術でカバーリング可能

靴下(ソックス)で調整が可能だからね

オススメのジョギング用靴下①

※厚手のスポーツソックスはおすすめ。カカト裏の靴ずれをパーフェクト予防する。

 

 お母さんの知恵!

 

まあ完全に足に合わせるにはオーダーメイドになるわけだから仕方ないことなので、そこは上手いこと知恵で持って適応させていくのが人類の強みである。お母さんの知恵てきなソックスの厚みでフィット感調整はいくらでも可能なので上手いこと遂行されたし。

これだけでシンクロ率ぐーん向上

 

こうしてフィット感を上げればだいたいOK。 

 

【例1】わりと出回っている「Hato」のお手頃シューズ

最安級のランシューが初心者におすすめな理由

【例2】スリッポン的にも履けるカジュアルシューズ

オシャレで安いランシューもなかなか使える

※スリッポンとは「かかとを潰してスリッパ的に履ける」けれども「見た目的にはシューズ然としている」靴のこと。そしてこの靴はカカトを入れることも出来るし、潰して履くことも出来る。

 

 

まずは始めること。

ジョギングを。

 

 

それこそが大事なことだと確信した結果、こういうことに。もちろん基本的には「安い靴は機能も低くて耐久力もないから足も痛めやすいしすぐ壊れる。それなら最初から良い靴を履いたほうが良いに決まってる。」という原理も変わらない。

関連記事・「10年走ったから言える値段が高くてもゼッタイ良いものを履くべき。」

 

だから基本的には良い靴をおすすめする。だからまた「今現在、良い靴を買う気がある」というのならばその考えを変える必要はないでしょう。そんな場合には以下の記事を参考に。

関連記事・「【足にフィットする靴を選ぶ方法】プロネーション(走り方)別のおすすめランニング&ジョギングシューズ」

 

 

ここで言う「良い靴」は8千円~1万円以上する。

「だから始め辛い」という人もいる。

 

 

結局はこういった実情もあるのだと知るわけですよ。「そうか~良い靴じゃないとダメなのか~買うか~いやまだ無理か~来月にするか~冬は寒いから春になったらか~もういいか~」ということで過ぎ去ってしまうパターン。

 

 

そうなるくらいだったら

「さっさと何かの靴を履いて走り出しちゃう。」

のが正義。

(それがランシューならば)

※ワークマンの「アスレシューズ」もおすすめ

 

安い靴の実情(メリット・デメリット?)

ショボい機能

安物ランシューの耐久力③

 

ゴワゴワ硬い生地や、クッション性の低さ。

 

つまりフィット感も弱いし、クッション性もそれほど高くはない。ただ、底の硬いナイキのスニーカーなどよりは使えるのが「ランシュー」であるから、

まあそんなに悪くない。

サイズとワイズを合わせておけばそれほど問題はないかな

 

ショボい耐久性

安物ランシューの耐久力②

 

「1回」履いただけでこの削れ様。

 

底が削れ過ぎ。そうしてグリップ力が無くなれば余計な足の動きを助長してパワーロスを生み疲労を高める原因になる。そうしてまた当然クッション性も落ちる。もっとも面倒なのは傾斜をつけて削れるのでバランスが悪くなりすぎて足へのダメージが計り知れないことが怖い。これらのことは良いスポーツシューズでも起こることだが、

とにかく安物は消耗が激しい。

昔1980円の靴ばっかり履いていたころ3ヶ月で潰してたから言える

 

やすいランシューは靴の中が壊れるのも早い

安いランシューは靴の中が壊れるのも早い

やはり3ヶ月ほどで内部が壊れて履けなくなりました!(この箇所の破損が起きるまでにasicsのロードジョグは2年持ったし、GT2000は3年経っても無事)

 

簡単に言ってしまうとこれだけのことかな。

 

 

あとは安いし、

そこそこオサレルックなデザインなので履きやすい点が良い。

 

 

安いから汚れても気にしなくなるし、

実際はそれでも履けるのだから。

 

似たようなお手頃ランシューは多いからなんでもOK

Amazonではよく見る光景だけど、似たような製品が似たようなメーカーからタケノコのように出ている。つまりブランドもなにもないので、その時に出ている「お手頃なシューズ」でさえあれば、とりあえずはここの最初のオススメランシューとしていただきたい。つまり自分で履き試して上記に紹介している靴が在庫切れであってもかまうことはないのだということ。似たような靴はやはり似たようなクオリティで似たように出続けるだろうから、関連商品などに出てくるやつでOKでしょう。そうした新規参入ジョグシューズたちの奮闘ぶりにありがたき幸せを感じつつコスパの高さを享受スべし。

感謝

 

そういうことで、

 

まずは安物ランシューを買ってとっととさっさと走り出そう。

 

ジョギング習慣が気に入ったら、

これまた自分が「これだ!」と思うお気に入りのランシューを購入するほうが確実。

つまり「ランシューならなんでもOK」ということ

 

とはいえ足のケガには要注意

なんにせよランニングやジョギングの初心者というのは足が出来ていない。最初は怪我をする。

自分も最初は安い靴を履いていたからなのか、ただ単に初心者だからそういうものなのかということはわからないが、怪我のオンパレードだった。そもそも「コンクリートの上を走る」という行為はプロ並みに鍛えた足で走っていても医学的にはキケン行為。だからクッション性の高い靴を履くのである。

つまり言いたいことは「怪我はある程度あるものとして、上手く付き合っていく。」ということ。

大体は治るから。無理しなければ。休んだり、歩いたり、感覚を空けるなりして、徐々に徐々に運動を続けていれば。(それがリハビリ的な役割を果たして)そういった可能性を少しでも少なくしたいなら良い靴を選ぶのが良いのかもしれないし、結局初心者の最初は怪我があるのかもしれないし、わからないところなんだけど。

そして1,2年もすれば全くしなくなる。

(普通に走ってる限り&良い靴を履くと)

 

ただしダイエット目的で走るなら要注意!!!!

関連記事・「ニートダイエット(一生続けられる生活習慣を手に入れる企画)」

 

超過体重の状態で膝に負担をかけすぎると重大な事故に繋がる恐れもないとは言い切れない。このブログではダイエットも管轄していてジョグを推奨しているけれど、

安い低機能靴で最初からガンガン走り込むのはNG中のNGに指定したい。やっちゃだめ。

どうしても安い靴でというなら、歩くこと(ウォーキング)などと併用してジョギングの量を減らした運動メニューを。つまり歩いたりちょっと走ったりを繰り返す運動。消費カロリーは少なくなるが、それよりも確実に運動を続けられる低負荷メニューのほうが理にかなっている。ダイエットのときは特に。というかダイエットのときは消費カロリーよりも「運動する時間」というものを設ける習慣こそが真髄だから。

あるいはもう一つのベスト運動である「サイクリング」ならヒザへの負担はかなり低減するから超オススメ。

関連記事・「1時間400kカロリー消費!無職ニートのママチャリダイエット効果と方法のすべて!」 

プールが使えればベストなんだけど

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

以下、

 

「ジョギングの気持ちよさを知って以降」

に履きたいオススメジョグシューズ靴。

 

すなわち「良い靴」たち。

良い靴の価値が分かるときに買おう

 

「良い靴」ならこれがオススメのランシュー

一般論としてはこれ

↑は「靴選びの基本」とオススメランシューの厳選8、9足(個人選)

 

実際に自分が履いてきたランシューから厳選

万人におすすめ「ダイナフライト系」(アシックス)

 

とにかく「高いクッション性」「軽快性」が最大の特徴。

 

基本的には誰にでも推せるasicsのダイナフライト。日本のスポーツメーカー最大手のアシックスであります。詳細は個別記事に譲るとしまして、クッション性が高いから怪我もしにくいし、足に優しい。ニュートラルプロネーションというデザインに位置しているので多くの足に合いやすい。いや「合う」というよりも、「合わない」ということが起きにくいと言える。決定的な不便が起こりにくいと。そんなシューズ。

見た目のクールなデザインはランシュー界でもトップクラス

 

幅広や扁平足の人なら「ネットフィット系」(プーマ)

 

対応力バツグン。

 

プーマから出ているランシュー界の秘密兵器はネットフィット。その特殊機構のために色々なタイプの足に対してもフィット感を提供できるという恐ろしいまでの守備範囲を誇っている。これまた詳細は個別記事に譲るとしまして、エジプト型とかスクエア型と呼ばれるような「足幅の広い人」や、ベタ足で足のアーチがない「扁平足」とされる人におすすめしたい。ただしクッション性はそこそこ。

見た目は最新世代すぎる

 

「幅広」の足で「高いクッション性」がほしいダイエット用途なら

ワイド幅/メンズ・「[アシックス] ランニングシューズ Gel-Nimbus 20 メンズ ブループリント/レースブルー 26 cm

ワイド幅/レディース・「[アシックス] ランニングシューズ ゲル ニンバス Lady Gel-Nimbus 20 (現行モデル) レディース グレイシャーグレー/カーボン 24 cm

ゲルニンバスのSW(スーパーワイド)という日本基準。

「日本人の足は幅広」なる定説が広まっているからなのか、とくに日本メーカーが伝家の宝刀のごとく繰り出すSWワイズの靴たち。このブログでは「それは広すぎ」という位置づけだけど、やっぱり本当に幅広の足を持つ方々も居られるから。その場合には4Eクラスなスーパーワイド靴に頼らざるをえないのかもしれない。そしてその場合でも靴下などの重ね履きでカバーリング調整できるから怠り無く。

※勿論、足型に大きく影響されるような足の人はちゃんと「試履き」しよう。

関連記事・「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」 

GT2000系ゲルカヤノ系も要チェックのSWワイズでした

 

スリム足なら「ボストンブースト系」(アディダス)

 

自分のマイベスト。

 

いわゆるスリムで先細り(足の第2指が一番長い)なギリシャ型とされる足の人で、足のアーチがしっかりある人達には超絶オススメしたいランシュー。ただしクッション性はそこまで豊かな靴ではないので、「まったくの初心者さんにはどうかな」というところで申し訳。べつに履いたって良い気がするけど、理論上では確かにどうかねという葛藤。まあそんな感じに自分ルールを逸脱するくらい良い靴だというわけで。これまた詳細は個別記事を見てもらうとしまして、とにかく走りの爽快感に浸りたいときにこの靴が履ければ嬉しい。

関連記事・「2019年度版のアディゼロボストン8ではさらにクッション性が上がったのでより初心者にもおすすめしやすくなったよ」 

adizero(アディゼロ)ブランドでは1番クッション性高いけどね

 

 

そして迷ったらコレ↓

 

 

「GT2000系」(アシックス)もすごくオススメ

 

異次元のタフさとクッション性能。

 

言わずもがなのランシュー界におけるスーパーヒーロー。それがGT2000-ニューヨーク。個人的には「すげータフで長持ちだなあ」と実感。それでいて高クッション材「GEL(ゲル)」が敷き詰められたヒール部と、安定性を高める数々のサポート機能を有しているのだから。重いけど。重いけどダイエットにおけるスロージョギングやウォーキングにはむしろベストな選択。

ただそこまで最初の方にオススメしていないのは、「高機能他種類のサポート機能が邪魔になるタイプの足の人もいるから」ということで。

まあ試し履きなどをして合うか合わないかを検討していただければよろしいかと。そうして検討できるのならば1番手に試してもらいたい名作シューズ。

定番過ぎるけど良いものは良い

 

※ネットでも試履きできるサービスなんかもあるから有効利用していこう

 

 

「甲高」の名作ランシューはまだ見つかってない。

個人的に

 

※そんなときはやっぱりゲルカヤノですかね。とりあえず。

 

【おまけ】ランニング&ジョギング用の靴下おすすめ品

オススメのジョギング用靴下①

 

靴下カバーリングに。

 

とにかくランシューというものは「フィット感」こそが至上であるというのがこのブログのスタンスで。しかしそうは言っても、縦のサイズ感(25.0とか27.5とか)にしろ横のワイズ感(2Eとか4EとかSWとか)にしろ合わせたところで靴自体の構造デザインによる違いもあり、それだけでベストにフィットしてくれるわけではない。まあつまり完全にフィットさせるにはオーダーメイドしないといけないわけだけどそんなことは現実的じゃない。費用的に。

 

しかし大体は靴下で調整すればOK。

 

2枚重ねしたり、厚い靴下1枚にしたり、時には薄い靴下にして調整したり。だいたいそれでカバーできるから。

 

あの靴下は有能。

 

まあ靴ずれも防げるデザインで、良い感じに厚手だし、走りこんでもなかなか破けない。個人的にユニクロのウェアを好んでいるけど靴下だけはすぐ破けて困っていた。まあユニクロは耐久力ないから。

山ガール的なデザインだけど

 

靴をフィットさせるための知識

日々のフィットネスにスロージョギング知識

運動のすさまじい効果

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(PC3列)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット, 名品グッドアイテム
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.