ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

ニートダイエット

ゲルニンバス20を履いてレビュー/前後に搭載されたゲル兵器であらゆる衝撃を沈黙させてしまうだろうクッション戦艦。

投稿日:

 

ゲルニンバス20とは?

クッションおばけ

 

 

ゲルニンバス20(asics)

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/nimbus

参考・「ゲルニンバス」asics公式 

メンズ

レディース

 

雲の上を歩くようなクッション性。

 

ジョグシューズ業界史上最大級のクッション性を備えた靴こそ「ゲルニンバス」である。(ニンバスは古代ローマの公用語だったラテン語で「雲」を意味する)衝撃吸収能力のスペックだけならあのゲルカヤノをも凌駕する戦略兵装なのでありますよろしくどうぞ。

 

もちろん重たい。

※フライトフォームの採用でいくらか軽量化されているもの

とにかく靴史上1番衝撃に強いシューズ?

 

ゲルニンバス20の見た目プレビュー

右サイドビュー

左サイドビュー

バックビュー/ヒール

アウトソール(足裏/グリップ)

アッパービュー/全体

 

ワニ柄のような生地素材が妙な高級感を漂わせるね。

妙なさ。スポーツ感と柄物革靴感が混ざりあったような謎の空気。(3Dプリントを施したグラディエントジャカードメッシュというものみたい)

 

ゲルニンバス20を履いた感じプレビュー

フロントビュー

アップビュー

クッションビュー

 

流石にグニュッグニュする。

そして古来からのランニングシューズらしいスーパーマン的なデザインではなかろうか。エネルギッシュというかSFチックというか。最近ではオサレなタウンユースモデルが隆盛する中でこの手のデザインは貴重といえば貴重か。ミズノのウェーブライダーとか。好きな人は好き。

 

 

靴の特徴

 

もちろん「タフなクッション兵器」である。

 

フォアフット(前足部)への「GEL(ゲル)」まで備える!

全体的に生地が分厚くタフな装いでかなり丈夫そうやで!

 

まず「カカト部分のゲルは当然」なので重い、ながらも「加えてフライトフォームを搭載」することによって反発力を生みだし、足の運びやすさや走りやすさを身に着けた。これらは最近のゲルシューズの多くがもっている基本能力。

 

ニンバスはそこへさらにゲルを内蔵している。

 

前足部へもゲル素材がしっかり敷設されているのが目に見える。必要かどうかはしらないがとにかくわかりやすい。「あ、フォアフットにもゲルあるやん。超クッション性たかいやん。」というクッションホイホイの役割だけであるのかは判然としないけれど、とにかく理屈上は「最大級のゲル内蔵シューズ」ということになる。

クッション・ジャンキーたちにはたまらない逸品

 

足のアーチチェック!

ゲルニンバスはニュートラルプロネーション用

※このブログのシューズコーナーでは足のアーチに対して執着しています

  

ザ・ニュートラルプロネーション。

※アンダープロネーションにも良いとされる

 

足のアーチがない人にとっては大事な情報。

足のアーチがない人(扁平足とか)にとっては大事な情報。(自分のこの足にはアーチがちゃんとあるけれど。)

 

基本的にゲルシューズは初心者向けであり、故に足の動きをサポート制御する仕組みを多く搭載していることが多い。「GT2000」や「ゲルカヤノ」などの有名ジョギングシューズがそれだ。(これらの靴は、安定性が必要とされるオーバープロネーション走法の人用にも推奨される)

 

しかしサポート機能が強すぎる事が起きる。足によって。

 

そんな場合、

 

こうしたニュートラルプロネーションのゲルシューズは重宝されるだろう。

 

ニンバスは「足のアーチ箇所に対するガイドラインが強くない緩めでなだらかなカーブ」なのである。まあその分フィット感を多少犠牲にするのだろうけど、それは靴のサイズやワイズや生地素材の伸縮性による「全体」でもっていくらでもカバーリングできる。そうしてできるだけ万人の足がそこそこのフィット感を享受できるというわけなのである。

とにかくそういうことです

 

 

気になったところ

 

中足部が結構しまってる。

 

「asicsの靴は幅広」みたいなイメージが多いと思うが(スーパーワイドなども展開するし)、このニンバスは締まるところは締まっている印象。前足部の広がりはある程度アディゼロなどに比べても広めに設定されてるだろうけど、ミッドの箇所がカヤノなどと比べるとすこし締まってる。

 

まあだからどうだといえば、

 

「中足部が広い人は気をつける」

 

ということ。

 

試し履きの際などはとくにその点を気にかけるようにと。それでダメだというのならば「ダイナフライト」がおすすめ。(足のアーチがあるならカヤノやGT2000(ニューヨーク)も)

ニンバスがダメならダイナフライトや

 

 

※これはあくまで「試履きのみ」のレビューである。

走り込んでみないとジョギングシューズとしての真価はわからない。

 

 

このコーナーは、

「試履きや触った時点でもわかるところについて楽しむ」

という趣で執り行わさせていただいております。

 

 

最近ではAmazonなどのネット通販でも試着が推奨されるという近未来でありますから。

Amazonのすごいシステム「プライム・ワードローブ(試着して買わないものは返送すればOK)」

 

 

いろいろあれこれテストしてみたくなるというのが人のサガ。

その結果こうしてわかる点についてだけ記事にしているというわけであります。

 

 

ジョギングシューズのオススメはとにかくこの4つ

靴をフィットさせるための知識

日々のフィットネスにスロージョギング知識

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(テスト)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.