ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

ニートダイエット

アンダープロネーションやO脚傾向だと思う人が履くべきジョギングシューズはこの4つを激薦する

投稿日:2017年11月8日 更新日:

※靴底の外側の減りは関係ないとのこと(前足部の外側なら問題)

アンダープロネーション用のおすすめシューズ4選

この4つがおすすめな理由「足が痛いならば」

 

1つ、クッション性が高いこと。

2つ、ニュートラルデザインであること。

 

それが条件。

 

 

ゲルニンバス/asics(アシックス)

http://www.asics.com/jp/ja-jp/running/nimbus19

「GEL-NIMBUS®19」アシックス公式

メンズ 最新作 レディース

3Eワイド幅/レディース・「[アシックス] ランニングシューズ LADY GEL-NIMBUS 19-wide ディーバブルー/フラッシュコーラル 24.5 (旧モデル)

最新作

 

雲の上を歩くような最大級のクッション性。

※公式コピー(個人的には水溶き片栗粉の上を歩くような感じ?)

 

我が家にやってきたゲルニンバス20という兵器

我が家にやってきたゲルニンバス20という兵器

生地全体が分厚いタフさ。

生地全体が分厚いタフさ。

ゲルの見える毎日感。

大量のゲルが見える毎日感。

前足部にもゲル搭載という贅沢感。

前足部にもゲル搭載という贅沢感。

 

グニュッ!グニュッ!と衝撃吸収。

 

業界最高クラスのクッション性を誇る「GEL(ゲル)」を内蔵したゲルシューズ。中でもニンバスはその最大級のクッション性を装備しているという、もうクッションお化け。

 

そしてそれでいて売れ筋ゲルシューズラインナップの中にあっては唯一余計なサポート機能のないニュートラルなデザインを持つ。だからアンダープロネーション用であったりO脚などのクセがある足向けにもされる。あとは「立ち仕事」などのワークシーンにもハイパフォーマンスという靴兵器なのであります。(20はなんかワニ柄っぽいね。)

 

デメリットは業界最高峰に重いこと。しかしその分ガシガシ使えるタフさもあるといえる。

 

とはいえ、スロージョギングやウォーキングダイエットなどには気にならない適度の重量感ではなかろうか

スロージョギングやウォーキングダイエットには気にならない重さ

これぞランシューという古風なデザイン

これぞランシューというスーパーマン的デザイン

 

すなわち、

タフに使いたいならゲルニンバス。

“ピッチの皇帝”フランツ・ベッケンバウアーみたいな靴

 

 

ダイナフライト/asics(アシックス)

http://www.asics.com/jp/ja-jp/dynaflyte

「DynaFlyte 2(ダイナフライト 2)」アシックス公式

メンズ 最新作 レディース 最新作

 

軽いし、柔らかいし、飛ぶし。

 

我が家にやってきたダイナフライト3という翼

我が家にやってきたダイナフライト3という

踏み込み部(前足部/フォアフット)のフワッフワ感が特徴

踏み込み部(前足部/フォアフット)のフワッフワ感が特徴。

持った瞬間にもう軽い。

持った瞬間もう軽い。

asicsラインが見え隠れするデザイン性を実現した印象派のメッシュ。

asicsラインが見え隠れするオリジナルなデザイン性を実現した印象派のメッシュ。

ダイナフライト2のレディース画像

うちのママンが購入したレディースカラーもオサレ(これは2)

 

フワッフワッしとる。

 

こちらは超有名な売れ筋シューズであるゲルカヤノ23に搭載された「走快感を向上させる新機構フライトフォーム」がはじめて搭載されたアシックスの新ブランド。

 

そしてそんな新フォームと一体化したとか云う「フューズゲル」によって「GEL(ゲル)」由来の高いクッション性をも持つ。

 

つまり「フライトフォーム」と「フューズゲル」という2つの新機構がクッション性と軽さを両立させて実現しているというのだ。理論上は。靴のタイプもニュートラル。

 

それでいてデザインも最先端のジョギングシューズらしくシンプルでオシャレ。特徴的な見た目の「アダプトメッシュ」とやらは通気性とフィット感とデザイン性をあわせもつ。

 

結果、スーパーマン的なカッコよさのない「タウンユースでクールなカッコ良さ」に仕上がってきているこのシリーズ。

 

かなりオサレなデザインに仕上がってきているシリーズなので、とにかく履きやすいランシューだ!

ひとめ見ただけでクッション性高きことがわかる

とにかく履きやすいランシュー

とにかく履きやすいランシュー

 

すなわち、

走快に使いたいならダイナフライト。

“フライング・ダッチマン”ヨハン・クライフみたいな靴

 

 

基本はこの2足になりますな。

 

 

+ 【比較】ダイナフライトとゲルニンバスならどっち? (クリックやタップでひらく)

【比較】ダイナフライトとゲルニンバスならどっち? 

【比較】ダイナフライトとゲルニンバスならどっち?

【比較】どっちもどっち

 

 

基本はダイナフライト推奨。超・万人向け。

 

 

全体的にジョグシューズとして完成されてると思う。

軽いし柔らかいしサイズ感も大らかで万人が履きやすいだろう。

とにかく履きやすい印象。

足を入れやすいというの?クセもないし。

 

ニンバスは意外にミッド部分がサポートされている感アリ!

ニンバスは意外にミッド部分がサポートされている感アリ!

 

ゲルニンバスは“日本人向けのasics”イメージから「幅広」のように思われるが、中足部は案外締まった造り。

ワイド幅/メンズ・「[アシックス] ランニングシューズ Gel-Nimbus 20 メンズ ブループリント/レースブルー 26 cm

ワイド幅/レディース・「[アシックス] ランニングシューズ ゲル ニンバス Lady Gel-Nimbus 20 (現行モデル) レディース グレイシャーグレー/カーボン 24 cm

※まあ基本デザインでキツイのならワイド版もあるので試してみればOK。基本は2E幅から試すことが鉄則だけど。「足幅が広い」とか「足の甲が高い」ということになればやはりニンバスが安定か。

 

 

ニュートラルデザインのためにヒールのサポート機能が低いことからか、ミッド部分で安定性を上げているのかもしれないね。とはいえキツイというわけでもないから、「頼んでみて合わなければ返品すればよい」という昨今のネット販売事情。というかAmazon事情。どころかそんな試着システムを推奨する「ワードローブ」なるサービスも始めたことですしな。

※つまり「なになにだからダメ」っことではなしに「その部分を意識して確認されたし」ということ。あとは自分の足に合うかどうかなのだから。

 

 

ダイナフライトはフワッフワ反発力があるクッション。

それは走力に転換させる翼。

ゲルニンバスはグニュッグニュッ受け沈むようなクッション。

それはすべての衝撃を相殺するゲル兵器。

 

 

前者がコートの前衛で陣取る先陣速攻カウンター型ミッドフィルダーならば、後者はコートの後衛にアンカーディフェンダーのごとく陣取って衝撃の芽を摘む横綱相撲のような靴。わかるかな。わからんくてもよし。イメージやから。どっちも高いクッション性が在るという点は同じだし、ニュートラルなデザインで万人の足に合いやすいという理屈も同じ。

 

 

はっきり言えばこの違いはよくわからない。

 

 

教えて欲しい。逆に。どちらも新機構である「フライトフォーム」は搭載されているのでジョグには適しているわけだし。いうなればゲルのほうが耐久力は高そうなのでタフに使いやすいとは言えるだろう。冬は少し硬くなるみたいだけど。ショップの人がそう言ってた。ウォーキングではニンバスかな。重いので安定したフォームが期待できる。ランのときにはそれより軽さのほうが走快感を得られるのでフライトがよろしいという理屈で。

 

 

あとはビジュアルデザインの違い。

 

 

ダイナフライトはスタイリッシュなデザイン。

ゲルニンバスはスポーツシューズ感全開。

もうあとはそんなデザインとかで選ぶのが真理

 

  

靴サイズ&ワイズの簡単な合わせ方。※縦サイズはつま先1センチ空く程度に。横ワイズは隙間なくピッタリフィットが鉄則だ。

実店舗は試し履きしやすい。ネットで買うと安い。

 

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

 

が、

 

おすすめのニュートラルシューズは他にもある。

特にスリムなあんよたちに捧ぐ

 

エアズームペガサス/NIKE(ナイキ)

[ナイキ] ズーム ペガサス 35 サンダーグレー/ブライトクリムゾン/ファントム/オイルグレー/Pパープル 942851 006 26.5cm

エアズームペガサス35/アマゾン・アソシエイトリンク

メンズ レディース

 

長く続きすぎな名作すぎるオサレなランシュー!

 

「高いクッション性」と「ニュートラルなデザイン」というならこの名作シューズも忘れてはならないのである。とにかくナイキの靴はオサレなので履きやすさナンバーワン。部活感ゼロ。それでいて高性能。そしてなによりスリムフォルムであり、以上に挙げた2つのシューズに比べて幅も甲もスリムになっているから「あの2つでは甲が高すぎる」のであればこちらの選択肢が存在するというわけなのである。

 

すなわち、

スリムな足ならエアズームペガサス。

※日本人でも意外にスリム足は多くて自分もそう。レディースを履けるんではないだろうかってくらい。

参考・「日本人の足の形が劇的に変化し始めている!/アシックス取締役が語る靴の秘密。」bunshun.jp さま

エアズームペガサス参考・「大迫傑、遠藤日向、服部勇馬が惚れた「ナイキ エア ズーム ペガサス34」の魅力」Runtrip さま/

 

ナイキの靴のカラーについて
ナイキの靴は公式サイトにおいてオーダーメイドカラーリングが可能。割高にはなるが好きなカラーの靴を手にしたいならそちらで買うほうが良いだろう。一方Amazonでは取扱業者がデザインしたカラーの靴をそれぞれが販売している。多少安価に購入できるが、このような事情から他のメーカーと違いAmazonにはナイキシューズの公式販売ページがないのだ。

 

 

アディゼロ・ボストン・ブースト/adidas(アディダス)

[アディダス] ランニングシューズ adiZERO boston BOOST 2 BEY06 BA7994カレッジロイヤル/ランニングホワイト/スカーレット 26.0

アディゼロBブースト2/アマゾン・アソシエイトリンク

メンズ

3Eワイド/白系カラー・「[アディダス] ランニングシューズ Adizero Boston Boost 2 Wide BEY95 ランニングホワイト/コアブラック/ソーラーイエロー 26 cm

ソーラーイエロー・「[アディダス] ランニングシューズ Adizero Boston Boost 2 CDB64 ソーラーイエロー/ユーティリティブラック F16/ランニングホワイト 26 cm

 

レディース

鮮やかなブルーカラー・「[アディダス] ランニングシューズ Adizero Boston Boost 2 W DWI55 エナジーブルー S17/ランニングホワイト/ペトロールナイトF17 24 cm

 

まったく無駄のない「どシンプル」な覇者の靴!

 

現在の愛用ランシュー

 

クッション性はこの中で最も低いスピード系統の靴。少し薄いくらいがフォーム矯正には役立つ点もあるが。

※しかしジョギングシューズ界全体で見ればフルマラソンサブ5(5時間以内完走)用のエントリーランナー向けの優しいモデルなので、クッション性は高い部類に入る。(覇者の靴というのはアディゼロ履いてマラソン記録が樹立されたから。ジャパンブーストだけど。2018年現在はナイキ靴にその座を譲った。)

 

その分、ニュートラル中のニュートラルデザインであり、フラット中のフラットなデザインとしてどんな足にも合いそうな「どシンプルさ」と「軽さ」が最大の魅力な靴。

 

軽いから足さばきも自然で、シンプルだから変な癖がつかない。つまりフォームの矯正には一番頼れるということなのだ。

 

「アンダープロネーションやO脚だから足が痛くなるんじゃないか?」という疑問に対しては「クッション性の高い靴を」&「足に合うフィットする靴を」という返答ができるのだが、この靴は余計な機能がついていないので足にフィットしやすいのだ。

※ただし足のアーチがない「扁平足」の人は注意が必要かと(この靴には足のアーチがしっかりあるので)

 

正直、オーバープロネーション(ガニ股とか過内足)の人が使うシューズにもよいと思う。少し薄いのがまさに良い。

 

フットボールのスパイクみたいな印象もある

フットボールのスパイクみたいな印象もある

シンプル・イズ・ビューティ

シンプル・イズ・ビューティ

 

すなわち、

クセのある足ならアディゼロ・ボストン・ブースト。

※ダイナフライトも「ものすごく万人向けに履けるフラットなクツ」だと思うが、「フィット感」なら断然ボストンブーストだ。このブログでは特にフィット感を最重視するのでボストンブーストはメラ推しである。

※ただ「ダイエット目的」や「全くの初心者」ならクッション性を優先させて「ダイナフライト」の方が良いだろう

※そんでもって土踏まずのない平らな足裏の「扁平足」には「ネットフィット」をおすすめする

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

 

以下、

この4つがおすすめな理由

 

 

アンダープロネーションやO脚傾向だと思う人が履くべき理由

 

まず、

 

「アンダープロネーションの人はほぼいない」

ということを前提。

 

O脚傾向という人はいれども。

 

靴の外側が減るのは普通のこと(そして靴の寿命を迎える)

靴の外側が減るのは普通のこと(そして靴の寿命を迎える)

 

このあたりのお話は「足にフィットする靴を選ぶ方法」にてじっくりねっぷり記載しているので興味があればどうぞ。ちなみに「靴底の外側がすり減ったらアンダープロネーションだ」ということはないから。事実どうであれ、なににせよここではそういう理解。

 

なぜ「アンダープロネーション用の靴」や「O脚用の靴」を調べたのか?

 

「足が痛いから」とか。

 

それなら解決策というか返答のしようはあるのですけれども、

 

基本的にアンダープロネーション用の靴などは存在しないのです。

 

このことから「ただ単にそのほうが良いかと思って」という場合、それは杞憂であるから「普通に足にフィットする靴を履いておけばよろしい」のであります。

 

※なにしろそれが本当にアンダープロネーション(サピネーション)の足であるのかどうかは、正確に調べてみないとわからない重大な足の問題になるから。靴底の減り具合などで特定できるものでもないというシロモノこそアンダープロネーション。

 

しかし実際に「足が痛いなどといった不都合が生じている」のならば、

 

まずは「クッション性の高い靴」!

 

足が痛くなるならまずは「クッション性の高い靴!」

 

これは以上に紹介した4つのジョグシューズに共通した要素となりますね。

※ただしアディゼロはこの4つの中では最もクッション性が低い

 

単にクッション性が低いから足が痛くなっていることは十分あり得ることで、むしろキホン要因。

 

そもそもアスファルトの上を走るというのは医学的には推奨されないほど衝撃を受ける行為なので、プロ並みに鍛えた足で走っていてもケガはするものだから。

 

そして「ニュートラル靴」を!

 

サポート機能が強すぎて足が痛くなることもあるので「ニュートラル靴を!」

 

この点に関しても以上に挙げた4つのジョグシューズは条件を満たしている。

※アディゼロはとくにフラットデザインでフォーム改善に効果的だといえる

 

結局はヒト本来の走り方を邪魔しないニュートラルプロネーション用のデザインが一番確実という理論。

 

クッション性の有無だけではなくて、安定性強化のための高性能なサポート機能が、足の構造に干渉して引き起こされる不具合によって痛みが生じることがある。

 

つまり「足に合っていない靴は痛い」という当たり前な話。

 

有名靴はサポートが強過ぎることがある
ゲルカヤノ

内硬化のゲルカヤノ

M1040(ハンゾー)

カーブ気味なM1040(ハンゾー)

有名な「ゲルカヤノ」「GT2000-ニューヨーク」「1040番シリーズ(NB)」などもクッション性が高いが、デザインはサポート型でもあり、「クセのある足の人」にはベストな選択とはいえなくなってしまう。理論上は。

扁平足なら確実にニュートラルデザインが良い(加えてスーパーフィートという中敷き併用推奨)

足のアーチ

ここまでヒールサポートが!

ここまでヒールサポートが伸びてる

当たると痛いよね

当たると「痛い」か「キツイ」

当たるというより出っ張る1040

当たるというより出っ張る1040

特に「扁平足」という足のアーチのない人は避けたほうが懸命。(カヤノは硬い素材を内側に入れて支える仕組みだから当たると痛い感じ。1040はアーチ部を伸縮させるフィット感でサポートする仕組みなので当たるとキツイ感じ。※まあそれはオーバーのサポートってわけじゃないけど。どちらもアーチが全くない人にとっては困る感じ。)

そんな場合にはニュートラルシューズスーパーフィートを併用するのがテッパン。

 

そうなると以上の4つのランシューが条件を満たしてくるというわけである。ゲルニンバスやダイナフライトが公式的にアンダープロネーション用とされているのはこのため。

 

詳しいことは以下の記事にて。

 

 

しかし基本は以上に挙げた4つのジョギングシューズがとにかくオススメなのだ。

 

 

それはアンダープロネーションだろうがO脚だろうが、それが日々のジョギング用にしろランニング用にしろ、オススメシューズであるところは変わらない。

 

 

 

「足が幅広」ならネットフィットもおすすめしておくよ!

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(テスト)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.