ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

ニートネットビジネス ニートブログ

【爆分かり】ブログ収入などがある無職ニートの「確定申告」方法(2019年度最新版)

投稿日:2019年2月12日 更新日:

申告書の作成手順(らくらく版)

出す(税務署持ち込み・郵送で送る)

払う(コンビニQRコード・口座振替)

 

「無職の進化」ことブロガー的確定申告。

 

無職やニートでも「何かしらの活動によって生じる収益次第では必要になる」タックスリターン的行為の数々でございます。バイトや日雇いなどで「給与収入があれば年20万以上」の所得から。無ければすべて「雑所得系の年38万以上」所得から。アフィリエイト収入とかアドセンス収入とかアソシエイト収入とかそんなトリプルA的収益の数々を持つ我々「半ニート(ハーフニート)」の自己満足的な確定申告期なのである。

 

祝福せよ。

 

 

すなわち「所得税」の申告。

以下、そのやり方を爆速(ほぼ備忘だし)

 

 

【2019年度最新版】確定申告の仕方(ブロガー版)

確定申告の仕方

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

国税庁HP・「確定申告書等作成コーナー」 

 

まずは「申告書」の作成

 

  1. ざっーとの流れ(作成開始)
  2. 所得金額の入力(ここだけ重要)
  3. 税金確定
  4. 自分のデータを入力
  5. 申告書の印刷

意外とスムーズになってたよ今年は

 

 

ざっーとの流れ(作成開始)

「作成開始」

「作成開始」

・「作成開始」↓

「印刷して書面提出する」

「印刷して書面提出する」

・「印刷して書面提出する」↓

「○○年分の申告書の作成」から「所得税」

「○○年分の申告書の作成」から「所得税」

・「○○年分の申告書の作成」↓

・「所得税」↓

無職ニートなら「左記以外の所得のある方」

無職ニートなら「左記以外の所得のある方」

・「左記以外の所得のある方」→

※バイトや日雇いなどをして給与所得があっても、ブログ収入などの「雑所得」があるならこっちでOK(とにかく全てに対応してるから)

 

生年月日の入力

ここでは「自分の生年月日」だけ

ここでは「自分の生年月日」だけ

・「自分の生年月日」を入力してスタート!

※青色申告は複雑だし高収入でなければしないのがフツーだからノーチェック

※入力フォームに拘りがなければノーチェックでOK

 

 

以下、ココだけ重要。

ここで税額が決まる!(だいたい)

 

収入金額・所得金額の入力

雑所得「その他」

アフィリエイトは雑所得なんだとか(2019年現在)

アフィリエイトは雑所得なんだとか(2019年現在)

 

・雑所得「その他」へGO!

 ※バイトや日雇いなどの報酬があれば給与所得も記入する

 

いろいろあるね

※とにかくこのページが自分の所得を申告するところ

収入欄

年金収入があればそれも書くのかな

年金収入があればそれも書くのかな

・「上記以外」↓

書きまくれ!

書きまくれ!

・収入の内訳を記入せよ!

Amazonアソシエイト
 種目 アマゾンジャパン合同会社 収入金額
 商品紹介料 東京都目黒区下目黒1-8-1 

参考・「アマゾンジャパン合同会社」Google検索 

Googleアドセンス
種目グーグル合同会社収入金額
広告料東京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ森タワー 

参考・「グーグル合同会社」Google検索 

仮想通貨
種目各仮想通貨取引所収入金額
仮想通貨益  

※特定の決まった取引所を使ってるなら詳しく書いても良い

 

仮想通貨の損失は「内部通算」できる(?)

所得項目すべての損益を合わせて税負担を軽減できる「損益通算」というものがあるが、仮想通貨はそれができない。だが「内部通算」は出来るとか。つまり「雑所得の中での損を計上できる」というわけで、すなわち「仮想通貨取引でうまれた損失が、他の雑所得収入より多ければ、所得税が発生しない」なんてことも起こりうるという理屈である。(ただし株と違って年度の繰越しはできないのでその年だけで考える)実際どうなのかは別として(レバかけたFXでやるとできないのかも?)そういう制度があるから詳細は各自調べたし。

参考・「損益通算」Google検索 

参考・「内部通算 仮想通貨 雑所得」Google検索 

「すべて雑所得ユーザーならお得」みたいな

 

※各収益の根拠となるデータは保存する必要がある

法的にそう決まってるようだし、何にせよ証拠になるからまとめておきたい。自分はグーグルドライブのスプレッドシートで管理してる。

参考・「グーグルドライブ(https://www.google.co.jp/drive/apps.html)」 

妙にプロ意識が高まるのなんで

 

【鬼門】ブロガーやアフィリエイターの「経費」とは?

証明や説得がめんどくさいので低収入時にはナシでいいと思う。

「何が経費になっているのか」と言うのが最も難しいのではなかろうか。こういったネットで稼いでいる場合。ハッキリいえばめんどくさいだけなので別にどうでもよろしいとおもう。大した減税にならないし。(高収入の人なら別)

サーバー代やドメイン代(年1万円と少し)程度は簡単に計算もできるし確実。

たいした減税にならんけども。

参考・「フリーランス(個人事業主)の節税方法をザックリ教える!経費になるもの、ならないものまとめ」クロネコ屋 さま

 

その他のアフィリエイト収入も

「A8」「楽天アフィリエイト」「バリューコマース」「アクセストレード」「スマートC」などなど。とにかく収入と言えるものを得ているサービスがあるならそれについて上記と同様の情報(会社名・住所)を記入。

株取引は

株(FX)などに関しては世のお記事を参考に。

m(_ _)m

※これらはすでに社会的認知をされている業態なので専用の項目と特徴が定められている

※ほんで「源泉徴収口座」でやってればだいたい必要ないけれど、損失などの申告でその他の税が軽くなるとかいろいろなテクがある

参考・「株取引の確定申告が必要な人と不要な人の違い」俺株 さま

参考・「確定申告書類の書き方とは?株初心者にもわかりやすく解説!」俺株 さま

ランサーズやクラウドワークスなども

雑所得みたいなので、収入があれば同列に書く。

参考・「【仕訳例あり】ランサーズからの収入は確定申告が必要?」freee-cloud.com さま

 

 

以下、流し。

わりとどうでも良い!(ニートには?)

 

所得控除の入力

 

・基本スルー

 

基礎控除「38万円」が燦然と輝く

基礎控除「38万円」が燦然と輝く

※雑所得のみの場合には基礎控除が38万円。(給与所得があれば20万円になる)

「ふるさと納税」してるなら
「所得控除の入力」から「寄付金控除」へ

「所得控除の入力」から「寄付金控除」へ

・「寄付金控除」から!

進んだページで「寄付した自治体などの寄付データ」を入力すればOKみたい

進んだページで「寄付した自治体などの寄付データ」を入力すればOKみたい

参考・「ふるさと納税をされた方へ」国税庁 

参考・「ふるさと納税の確定申告」ふるさとぷらす さま

関連記事・「好きな市に納税できる『ふるさと納税』だってよ」 

 

税額控除・その他の項目の入力

 

・基本スルー

 

 

住民税・事業税に関する事項

 

・基本スルー

 

※住民税とあるから関係ありげに見えるが、「免除されるの書いて」みたいな特別なことだけ記入するものなのでスルーでOKぽいよ。

参考・「『住民税・事業税に関する事項』の事業税欄はどのような場合金額を記載する必要がありますか?」弥生会計 さま

 

さあさあ

ほんなこんなで

 

「払うべき所得税」が確定。

 

税金確定

税額(所得税)

・納付する金額が確定!

※「所得」-「基礎控除」=「所得税」が基本式

納付方法

振替納税

 

★主に「ゆうちょ銀行」などの口座から引き落とし(ネット銀行は全滅)

 

これがはじめてなら「振替依頼書」を作成する。(つまり印刷される)すでに口座を登録してある2年目からは必要ない。

とにかくこんな感じで進む

※「利用税目」…とは、この口座で引落しに使う税金の種類のこと。確定申告は所得税の引き落としなのであって、また別の税金の引き落としに使うかどうかというハナシ。

※「利用開始日」…よくわからないけどこれくらいで良いのでは?ゆとりがあって(笑)

※あとは使う口座の番号と記号を入力(口座番号じゃない。通帳で確認可能。)

参考・「口座を開く」ゆうちょ銀行 さま

参考・「振替納税の新規(変更)申込み」国税庁 

コンビニQR納付

 

※「納付用QRコードを作成する」にチェックを入れる!

 

チェックを入れることで印刷時にそれ用のQRコードとガイドが爆誕する

参考・「コンビニ納付(QRコード)のQ&A」国税庁 

窓口納付

 

★税務署に行って混み合う中を納付する聖業

 

※その他「クレカ払い」や「e-Tax電子納税」などなどあるが割愛

参考・「国税の納付手続(納期限・振替日・納付方法)」国税庁 

参考・「税金はいつまでに納付すればよいのですか」国税庁 

コンビニ納付が一番ラクじゃないかな(誘導)

 

 

「自分のデータ」を入力

「私が納税者です」的な

住所氏名の入力

 

・ちゃちゃっと自分のデータを入力

※世帯主などが誰になっているのか家族に訊いてみよう(それでもわからんなら住民票を取ってくる)

参考・「住民票 取り方」Google検索 

 

職業は?

 

・無記入でも「無職」でもOK

※無記入推奨

 

事業によって事業税などが変わるらしいが、

参考・「個人事業税について」長野県 

参考・「非課税になる業種で登録できた方が、確実に節税できます。」主婦が青色申告 さま

そもそも「雑所得/その他」で高い税率支払うのだから問題ないでしょう。

※一応、都道府県によって異なるみたい。気になるなら「自分の住む県 事業税」と調べてみよう。ただブロガーとかアフィリエイターなら「広告業」になって非課税だろうし、そもそも「雑所得/その他」で高い税率支払うのだから問題ないでしょう。つまり事業所得で申告してなければカンケーないのでは。

つまり「無職」で問題ない

参考・「専業トレーダーは無職なのか」FXで10万円を増やすブログ さま

ちなみに「屋号」もいらない

参考・「答えは、必ずしも屋号をつける必要はないです。」会計ソフトFreee さま

 

マイナンバーの入力

・国民としての栄えある刻印を刻み込もう

参考・「マイナンバー 確認法」Google検索 

参考・「マイナンバーカード 作り方」Google検索 

 

入力作業は終了。

 

申告書等印刷

さあ印刷や!

ダウンロードしたPDFファイルを印刷

何枚かある

 

・もちろんプリンターで印刷

 

こうして年に1度の火を噴く我が家のプリンター

こうして年に1度の火を噴く我が家のプリンター

※PDFデータをコンビニに持っていけば家にプリンターがなくても印刷可能

参考・「コンビニでPDF印刷する全手順・値段まとめ。スマホでの使い方をネットワークプリントで紹介」ノマド的節約術 さま

 

 

申告書の作成、

完了。

 

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

申告書を送る

申告書の出し方(郵送)

送るもの

確定申告(郵送時の宛名の書き方)

【例】封筒の書き方(自分の現住所で納税する税務署が決まる)

 

・A4の封筒のなかに以下を全部入れる!

※自分の現住所で納税する税務署が決まる。それを「○○税務署 行」という感じに書こう。宛名ね。裏に自分の名前と住所(郵便番号も)を書けば完璧。

参考・「確定申告 封筒 書き方」Google検索 

  • 確定申告書・第一表(日付書いてハンコ押す)
  • 確定申告書・第二表
  • 本人確認書台紙(貼る)
  • (口座振替で払うならその申請書/初年度のみ)

意外とスリム

 

「日付」と「ハンコ」をちょろっとサイン

「確定申告書・第一表」に提出日と判を押す

「確定申告書・第一表」に提出日と判を押す

 

・「確定申告書・第一表」に提出日を押す!

 

提出するその日に書いちゃうのがお手軽か

 

「本人確認書類コピー」を貼る

極秘すぎるマイナンバーカード

極秘すぎるマイナンバーカード

 

「本人確認書類」写しコピーなどを台紙に貼る

 

小学校以来のアイテムを駆使する

小学校以来のアイテムを駆使する

※自分の場合はフォトショップで画像を裏表2枚分を縦に配置して1枚化している。けどそのままコピー印刷した紙を貼り付けてもいいだろうし、そんなに神経質になることない。

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/zeimusho_shinseisho.htm

※もちろん「運転免許証」や「健康保険証」などの組み合わせなどでも

参考・「番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い」国税庁 さま

仮想通貨のためにマイナンバーカード作った

 

 

 

あとは封筒(A4)に入れて郵便局などへ持っていけば

申告完了。

※税務署に直接持っていくのがフツウだがこの時期混むから郵送がラク

※郵便局に行けば送料など含めてとにかく全部やってくれる。(というか封筒もあるしその場で買ってその場で詰めて送って貰うのがラクだったりする) 

あとは申告期が終わるまでに税金を払うだけ

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

税金払う

(例)口座振替なら「4月22日」まで

※初回申請書は3月15日

(例)それ以外なら「3月15日」まで

※その年度によって異なるが、基本的に「振替引き落としの場合はそれ以外の手段よりも期限が長い」ことが通例

つまりだいたいは「その年の確定申告期限まで」ってこと

参考・「国税の納期限(法定納期限)及び振替日」国税庁 

参考・「税金はいつまでに納付すればよいのですか」国税庁 

コンビニ納付(QRコード)

QRコード

QRコード(見立て)

 

・「これさえあればコンビニでさっと支払える」

とかの新制度

 

確定申告コンビニ納付のやり方

この紙の上部に「支払い用のQRコード」がある。(「コンビニ支払い」にチェックを入れていると印刷時にセットでついてくるやつね)

※ローソンとファミリーマートで対応とのこと

とりあえずここまで

 

 

なんやかんやと複雑そうなイメージの確定申告でありますが、

 

「税金を払いさえすれば、

他は問題じゃない。」

 

ってな実情だと思いますな。

つまり細かい間違いなどは気にしなくてOK

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(テスト)

ニートブログの下

 

 

フライングなニートマンの著作書籍

 

★ニートの自伝

 

13歳の少年労働兵

「不登校×少年労働」編

愚か者の人生戦記第1弾は「生まれてから13歳で少年労働兵と成ってご活躍される」までのお話。既に中年サラリーマンの如き「労働と報酬の日々」を過ごしたひとの末路へつづく。

 

やることない体験記

「ニート×無目標」編

愚か者の人生戦記第2弾は「ニート化成った18歳から21歳までのやることがなかった」ころのお話。「仕事がなくなると人は一体何をするのだろうか?」という実験データに近いモノあり。

その後もニートだし今も半ニートなんだけどね

 

★「もしも働いていたなら?」ロールプレイングストーリー

 

シャケ弁労働者した元ニートの話

「もしも、ふつうに働いていたら?」

なシミュレーション。「シャケ弁食って働いて妹たちとゲームでもしているっていうのも良いのかもなあ」の未来を想った。

 

フェアレディZで通勤したキノコ工場で正社員してやることなくなった話

「もしも、そこからさらに正社員で働いていたら?」

なシミュレーション。「結局なにすれば満足なのコイツは」的な叙事詩が紡がれた。ある意味人間失格。

 

31歳までフリーターして落ち武者した話

「もしも、ならばフリーターしながら好きなことを目指していたならば?」

なシミュレーション。今に一番近いスタイルではあったけれども。

 

不登校から復帰して労働徴兵されるまで大学に隠れた話

「もしも、ふつうに学校へ行っていたならば?」

なシミュレーション。もうそこまで遡って人生を最スタートさせてみても結局のところ結末は同じだったというオチ。学校へ行く意味を分解してみたやつ。意外と一番のお気に入りコンテンツに。「労働戦士恐るべし。労働徴兵許すまじ。」

 

 

-ニートネットビジネス, ニートブログ
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.