ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

ニートの自炊料理「鶏ムネレシピ」

ピリ辛だしショウガだし親子鶏そぼろ三昧だし。/ラクで速いぞニートの食卓ダイエット飯

投稿日:2016年5月9日 更新日:

ニートの食卓No.3鶏そぼろ

「働かざるものカロリー管理をしつつも美味しくいただくべし」のニートの食卓。今回は平民階級御用達となる鶏そぼろ。子供の頃お弁当に入っていたなんていう子たちも多いのではないかな?だから簡単。別にわざわざやる必要もなかったけどそんなこと言ったら殆どすべてクックパッドにあるからこのカテゴリ自体無意味になるかんね。

材料

鶏胸ひき肉1パック
2個
生姜チューブ(みじん切りでも可、味がすれば可)適量
にんにくチューブ(みじん切りでも可、味がすれば可)適量
コショウ適量
しょうゆ、さとう、みりん、料理酒(日本酒でも可)適量
豆板醤的な辛味適量

※味の素もかけちゃおう!

 

「親つくり」鶏胸ひき肉に塩コショウ、ニンニク、生姜、辛味を投入。

IMG_8571

やはり「鶏胸ひき肉」「塩コショウ」の下味つけは欠かせない。そして「生姜」「にんにく」を加える。生姜の味が効いていると味が新鮮になる。

IMG_8576

さらに「辛み」で食欲増進。あんまり増進されても困るんだけど。辛味は豆板醤やらラー油やら唐辛子やら基本はなんでもいい。画像は豆板醤。

 

炒めて、タレ投入して、水分が飛ぶまで炒めて味を染み込ませる。

IMG_8580

油を適量引いてフライパンを熱して炒める。

タレを合わせて投入

IMG_8578

「醤油」「砂糖」「みりん」「酒」を適量混ぜ合わせてフライパンに投入だ。※当たり前だけど、多すぎるとしょっぱい。肉の味などが消えてしまう。何回か作りながら調整していく。

IMG_8583

水分が飛ぶまで炒めると味が染み込む。※上の画像はちょっとタレが多いからもっと少なくしたいね

DSC00428

とりそぼろ完成。

 

「子」の方を仕上げる。玉子そぼろ作り

IMG_8584

「卵2つ」くらいに「酒」「砂糖」を適量。味付けはそぼろのしょっぱさと対照的になる柔らかい味わいにするのだ。そうするとハーモニーがアレするのだ。

IMG_8586

フライパンは洗わずにそのままやってしまおう。

かといって火をかけ過ぎると焦げ付いてしまうのでうまい感じに「そりゃりゃあーーいい」とフィーリング重視の立ち回りでとき卵を投入して事なきを得よう。

人様のフィーリングを高評化しすぎ。

 

オレは信じてるからね。

高速ダンシングでかきまぜるっ!!!!

IMG_8589

この速さですぐさま混ぜ混ぜダンシング。

その残像を歴史に刻めっ!

DSC00429

玉子そぼろ完成。

 

DSC00443

 

親子そぼろ三昧完成。

 

味付けはわりと自由だったりする。

「塩コショウ」だけでもうまいだろうし、

「めんつゆと鰹節」でもいいだろうし、

わりと何でもありでいくらでも味の幅は広がるのだ。

 

ちなみにうちでは弁当に「鶏そぼろと卵そぼろのおかず」なんて入っていなかったよ。さらにプチトマトで色みを増やしてあまつさえサヤエンドウなどを添えて緑も添えるだなどというイケてるお弁当などではけっしてなかった。

すべて冷凍食品のオール茶色弁当だったぞ。オールブラウンズ。俺の弁当オールブラウンズ。冷凍ハンバーグ冷凍ミートボールなどなどがひしめき合って群雄割拠の体をなしていたのだぞ。

蓋を半開きにしながら食っていたぞ9歳ごろ。コンビニパンに切り替わってやっとこさ事なきを得たぞ。

事なきを得すぎだもんなあ。ピンチに強すぎじゃない。

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

-ニートの自炊料理「鶏ムネレシピ」
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.