ニートブログむらくもの野望

自殺帰還者がその後をニートで生きたひきこもり無職のお話日記的『やれたらやる』ブログ。その選択肢はもう知っているんだ。 その「なにもしない」という選択肢の結果は。 もちろん「なにも起きない」だった。

【修行にはなる】STINGER8(スティンガー8)カスタマイズ集。裸一貫になったステ子のボンビードレスアップカスタム。

      2017/03/03

screenshot8カスタムだ

→さっさとカスタマイズ!!

 

シンプルっていうかもうただのすっぽんぽんになって放り出されたステ子さま8号機。

 

もう初心者の女神だったステ子さまはすでに亡く、

「デザインなんかむしろ要らないし透明が良い。」

というくらいのミニマリストか、

「コイツを叩き台にして理想のマイテーマを作り上げてやるぜッ!!オッスおらわっくわくすっぞっ!!」

という上級ハイランダーたちにしか用をなさない感がすごい。

 

こうとなれば初心者さんたちにはもう「Simplicity(シンプリシティ)」一択の王朝時代到来となってしまうのか。あるいは「マテリアル」がそうはさせじと色々とアレなのか。「いいや待った!」とばかりに登場したシンデレラ「WpTHK/Luxeritas」シリーズが時代を駆け上がるのか。

 

と言うか初心者はもう「はてなブログ」でいいのか。

 

ステ子さまと言えば「アフィンガー4」とやらに全て吸い取られてしまったご様子である。

 

なんだか羽振りの良さそうなケバ子さんになってしまわれたご様子である。ステ子の進化形態ということである。最強なんだそうである。ええなあ。

 

まあそれはいいや。8のカスタマイズ。

 

ほとんど何もできなくなってるから初心者さんは使わないと思うけど、まあ一応ね、

各所のカラーぐらいは変えてみようということで。

すっぽんぽんをドレスアップぐらいはさせてみるカスタマイズということで。

あの頃のSTINGERの姿を取り戻そうではないか。

文句言われるかもしれないけど。

業務妨害で。

 

STINGER8の見た目だけ向上ドレスアップカスタム

ツクールRPG『ロマンシングローマ』コラボデザイン

いや雰囲気で。

シンプリシティなどの無料テーマがあるなかで、すっぽんぽんで放り出されたフリー版のSTINGERを初心者さんが使う理由がなくなった今、これを使う者とはすなわち『剣闘士』にも比する豪気。金がほしい人はアフィ子さんへGO!わざわざ鍛えに来る剣闘士はここ。どんだけ金稼ぎたくないんだ!金稼ぎたい人はアフィンガー。金稼げないから日記を書くことにするのがステ子さまフリー版。金稼げないから変な画像をこしらえて遊ぶのがフリー版のSTINGER使い。

カスタマイズ目次

色変え 基本フォントサイズ
h2タグ 中見出し
h3タグ 小見出し(アイコン追加)
h4タグ
リンク色&マウスオーバー変色
引用文
スマホナビメニューボタンの色
PCトップナビメニューの色
関連記事の色
タグクラウド色
トップへ戻るボタン
機能 フォントを「游ゴシックミディアム」
ブログタイトルをロゴ画像にする
「記事内のh2タグ見出し前に自動で挿入するウィジェット」を追加
「投稿記事の下に一括表示」ウィジェット追加
おまけ 投稿画面からのフォントサイズ変更 ※親テーマから直接変えよう
スペシャル フッターデザイン「3カラムウィジェット」

STINGER8カスタマイズサンプル

サンプルサイト「http://this-is-rpg.com/」

こんな感じには出来るという例。

前提

テーマをいじる際に気をつけた方がいいこと

1144e84d99518f86bd95b8181fa7256732150d

「FTPソフトからフォルダをダウンロードバックアップをしてからローカル環境で変更してアップしよう」と言われることがあると思うが、これはワードプレス画面から直接いじってバグを起こしてしまうと画面が表示されなくなることもあって危険なのだ。こうなると間違った記載を直そうとしてもやり直すこともできない。

子テーマについて

「子テーマ」に書くのだがそれについてはココで!「STINGER7をちょいとカスタマイズ」

色について

「#ddbf8d」などの部分を変えると色が変わる。

カラーコードはこういうところで!「Web色大辞典」

サイズについて

「16px」などの数字部分を変えるとサイズが大きくなったり小さくなったりする。

「反映されないよ」という場合

「リロード」するなり「ブラウザの履歴を削除」すると良い。※これは「ブラウザのキャッシュが残っている」という事態だと思われるので、つまり「そのページを新しく表示させれば良い」のだ。キャッシュというのは「すでに視たページ」みたいなもので、それを表示することで効率的に素早く表示ができるシステムらしい。基本そういう表示の仕方をするらしい。だから「昔のキャッシュが残っているとそれが表示される」らしい。そんなあやふやな情報しか提供できないらしい。

 

基本フォントサイズ

/*基本のフォントサイズ*/
p, /* テキスト */
.yellowbox, /* 黄色ボックス */
.graybox, /* グレーボックス */
.redbox, /* 薄赤ボックス */
#topnews .clearfix dd p, /* 一覧文字 */
.post ul li, /* ulリスト */
.post ol li, /* olリスト */
#comments #respond, /* コメント */
#comments h4 /* コメントタイトル */
{
font-size: 16px; /* 基本の文字サイズ */
line-height: 27px; /* 行間 */
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

↑目次へ戻る

 

 

h2タグ 中見出し

/* 中見出し */
h2 {
background: #ddbf8d; /* 背景色 */
color: #ffffff; /* 文字色 */
font-size: 24px; /* 文字サイズ */
line-height: 27px;
margin: 20px 0;
padding-top: 10px;
padding-right: 20px;
padding-bottom: 10px;
padding-left: 20px;
border-top:0px solid #ccc; /* 上ラインの太さと色 */
border-bottom:0px solid #ccc; /* 下ラインの太さと色 */
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

タグデザインの参考にでも「シンプルなHTMLとCSSコピペで実装できるタイトル(見出し)のデザインサンプル 50」NxWorld さま

 

↑目次へ戻る

 

 

h3タグ 小見出し

/*小見出し*/
.post h3 {
font-size: 22px;
line-height: 27px;
margin: 20px 0;
padding: 10px 15px;
color: #dd9933;
line-height: 27px;
background-repeat: no-repeat;
background-position: left center;
border-bottom: 3px #dd9933 dotted; /* 下ドットラインの太さと色 */
}

h3 a {
color: #333;
text-decoration: none;
}

dd h3 {
line-height: 23px;
}

dd h3 a {
color: #333;
text-decoration: none;
font-size:16px;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

 

アイコン追加

bandicam-2016-11-17-21-01-46-204

・「Font Awesome」

トップページから「アイコン(Icon)」に進んで好きなアイコンのページを開いてユニコード(Unicode)を控える(この画像でドラッグしてある箇所) ※こういったコードをブラウザで見る際は「原文のページ」で表示したものをコピペするように

親テーマの「テーマヘッダー(header.php)」に。※この記述はなくても良いかもしれない

<!-- Webアイコン -->
<link href="//netdna.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.0.3/css/font-awesome.css" rel="stylesheet">

bandicam-2016-11-17-21-19-34-011

<head>以下に記載するというのが王道なのだけど、このSTINGER8ではすこし記載の仕方が異なっているが、だいたいこの画像のドラッグしてある箇所の直下に入れればよいかと。

子テーマCSS (style.css)に ※これだけでいいかもしれない

.post h3:before {
color:#333; /* 色 */
margin-right: 10px;
font-family:"FontAwesome";
content:"\f11b"; /* アイコン */
font-size:25px;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

参考記事さま「【STINGER5】見出しの3hタグを『Webアイコンフォント』で華やかに飾ってみよう!」SiteMiru(してみる)

 

↑目次へ戻る

 

 

h4タグ

.post h4 {
padding: 10px 15px;
margin: 20px 0;
background-color: #f3f3f3;
font-size: 20px;
line-height: 26px;
}

/*amazonプラグインのh4は除外*/
.post .amazonjs_info h4{
background-color:transparent!important;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

 

↑目次へ戻る

 

 

リンク色&マウスオーバー変色

/* リンクの色 */
a {
color: #4682b4; /* 色 */
}

/* リンクにマウスオーバーした時の色 */
a:hover {
color: #ddbf8d; /* 色 */
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

 

↑目次へ戻る

 

 

引用文

/* 引用 */
.post blockquote {
background-color: #ddd3b8; /* 背景色 */
background-image: url(images/quote.png); /* 画像(親テーマでは“マーク画像) */
background-repeat: no-repeat;
background-position: left top;
padding-top: 50px;
padding-right: 20px;
padding-bottom: 20px;
padding-left: 20px;
margin-top: 20px;
margin-right: 0px;
margin-bottom: 20px;
border-left-width: 1px;
border-left-style: solid;
border-left-color: #CCC;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

quote.pngが引用エリアに表示される画像ファイル名になる。しかし子テーマの中には入っていないので新たに入れるか作る必要がある。子テーマのimagesフォルダに入れるわけである。

FTPソフトで画像を入れる!

【階層】ブログドメイン名/public_html(ぱぶりっくなあれこれ)/wp-content(コンテンツ)/themes(テーマ)/テーマ名(ここではstinger8-child/images(イメージ)

好きな画像を「quote.png」という名称にしてimagesフォルダに入れよう。※サイズは要調整

親テーマで使われている画像を転用してもいいし、と言うかそっちの方がラクである。※親テーマも同じ階層を辿ってimageフォルダに入ってるのを引っ張ってくれば良い

FTPソフト参考に「FTPソフトでPCとサーバーを直通させるとすごいラク」

 

↑目次へ戻る

 

 

スマホナビメニューボタンの色

/*アコーディオンメニューボタン*/
#s-navi dt.trigger .op {
font-family: "メイリオ", Meiryo, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Hiragino Kaku Gothic Pro, "MS Pゴシック", sans-serif;
color: #333; /* マーク色 */
font-size:25px;
line-height:30px;
background:#ccc; /* 背景色 */
display:block;
float:right;
height:auto;
margin-top:-5px;
padding: 10px 10px 9px 10px;
max-width:20%;
box-sizing:border-box;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

color: #333;でマークデザインの色を変更。background:#ccc;で背景色変更。

 

↑目次へ戻る

 

 

PCトップナビメニューの色

/*--------------------------------
メニュー
---------------------------------*/

#st-menubox {
background: linear-gradient(#ddba85, #ddcba8); /* 上下2色で背景グラデーション */
border-top: solid 1px #E0DEDE;
border-bottom: solid 1px #E0DEDE;
margin-bottom:10px;
}

#st-menuwide {
padding: 0px;
margin:0 auto;
max-width:1060px;
}

nav.smanone {
max-width:1060px;
margin:0 auto;
}

nav.st5 {
max-width:1060px;
margin:0 auto;
}

header .smanone ul.menu li{
list-style-type:none;
float:left;
width:160px;
height:40px;
text-align:center;
border-right:solid 1px #E0DEDE;
position:relative;
}

header .smanone ul.menu>li:last-child {
border:none;
}

header .smanone ul.menu li a{
display:block;
font-size: 13px;
overflow:hidden;
width:100%;
height:100%;
line-height:40px;
color:#000;
text-decoration:none;
position:relative;
z-index:1;
}

header .smanone ul.menu li li a{
background:#ddcba8; /* ドロップダウンメニューの背景色(2階層) */
border-top:#E0DEDE solid 1px;
border-left:#E0DEDE solid 1px;
border-right:#E0DEDE solid 1px;
z-index:2;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

参考「美しいグラデーションをCSSで実装!配色に使える便利ツールや実例も!」クリエイターボックスさま

 

↑目次へ戻る

 

 

関連記事の色

/* 関連記事の文字 */
.post p.point {
margin-bottom:40px;
position:relative;
border-bottom:solid 1px #ddbb87; /* 線の太さと色 */
padding:20px 15px 10px;
background-color:transparent;
}
.post p .point-in {
padding:3px 20px;
margin:0;
font-size:15px;
font-weight:bold;
background:#ddbb87; /* 背景色 */
color:#000;
position:absolute;
top:15px;
left:0;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

 

↑目次へ戻る

 

 

タグクラウド色

/*タグクラウド色*/
.tagcloud a {
background: #ffffff; /* 背景色(何故か薄くなるけど 要らなければこの一文を削除) */
font-size: 13px!important;
font-weight: bold; /* 文字の太さ(要らないならこの行ごと消す) */
line-height: 2em; /* 枠のサイズ */
color: #dd9933; /* 文字の色 */
display: inline-block;
border:1px #dd9933 solid; /* 枠の太さ&色? (背景色を設定するならこの一文を消すか0にするととスッキリ)*/
white-space: nowrap;
padding: 8px 8px; /* 文字周りの余白 */
margin-top: 5px; /* タグ同士の余白 */
border-radius: 4px; /* 角を少し丸く */
-webkit-border-radius: 4px;
-moz-border-radius: 4px;
text-decoration: none;
opacity:0.5; /* 薄くする要因?消すか0にすると消える? */
}
.tagcloud a:hover {
opacity:0.5; /* 薄くする要因?消すか0にすると消える? */
}

/*タグクラウドのドレスアップ*/
.tagcloud a:before {
font-family: "FontAwesome";
content: "\f02b"; /* アイコン */
padding-right: 3px;
padding-left: 3px;
}
/* 以下はタグにローマ字がある場合の設定 */
a.tag-link-14,
a.tag-link-35 {
padding: 4px 4px 3px 4px;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

参考「【Stinger7】右サイドバーのタグクラウドの文字左にアイコンをカスタマイズ」ゆういちのノートブックさま

参考「【STINGER8】タグクラウドの見た目をカスタマイズする方法」仏女のブログ さま

 

↑目次へ戻る

 

 

フォントを「游ゴシックミディアム」

/* フォント */
* {
font-family: "游ゴシック Medium", "Yu Gothic Medium", "游ゴシック体", YuGothic, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", Hiragino Kaku Gothic Pro, "MS Pゴシック", sans-serif;
margin: 0px;
padding: 0px;
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

"游ゴシック Medium", "Yu Gothic Medium", "游ゴシック体", YuGothic,が変更箇所。

参考「Windowsの游ゴシックをfont-weightを使わずにMacに合わせる方法」わたしと納豆ご飯さま

 

↑目次へ戻る

 

 

ブログタイトルをロゴ画像にする

<!-- ロゴ又はブログ名 -->
<p class="sitename">
<a href="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
 <img src="画像のURLを入れてください">
</a>
</p>
<!-- ロゴ又はブログ名ここまで -->
<!-- キャプション -->
<?php if ( is_front_page() ) { ?>
<h1 class="descr">
<?php bloginfo( 'description' ); ?>
</h1>

・「【WordPress】STINGER8のヘッダーを全幅にしたり、サイト名を中心にしたり、画像にする方法!」PlusPlus さま(http://plu-plu.net/

「テーマヘッダー(header.php)」<!-- ロゴ又はブログ名 --> ~ </h1>の部分を上記に書き換える。(子テーマにコピペしたものを上書きするのをおすすめするけれど)

↓これを

bandicam-2016-11-18-07-20-01-467

↓こんな風に

bandicam-2016-11-21-03-42-36-251

↓「画像URL」はメディアにアップロードした画像から確認できるぞ

bandicam-2016-11-21-03-29-20-132

ε-(´∀`*)ホッ

あがきの記録

 

↑目次へ戻る

 

 

トップへ戻るボタン

/*トップあげボタン*/
#page-top {
bottom: 20px;
right: 20px;
}
#page-top a {
border-radius: 50%;
font-size: 32px;
height: 32px;
line-height: 32px;
width: 32px;
}
#page-top a:hover {
background: #dd9933; 
}
.fa-angle-up:before {
content: "\f102";
}

子テーマの「スタイルシート(style.css)」に上記を記載する。

詳しい詳細は以下のサイト様を参照!

参考と言うかそのままでありがたや「【Stinger7】右下のトップへ戻るボタンに5種類のアイコンを入れてみた」ゆういちのノートブックさま

 

↑目次へ戻る

 

 

「記事内のh2タグ見出し前に自動で挿入するウィジェット」を追加

///////////////////////////////////////
// 投稿本文中ウィジェットの追加
///////////////////////////////////////
register_sidebars(1,
array(
'name'=>'投稿本文中',
'id' => 'widget-in-article',
'description' => '投稿本文中に表示されるウイジェット。文中最初のH2タグの手前に表示されます。',
'before_widget' => '<div id="%1$s" class="widget-in-article %2$s">',
'after_widget' => '</div>',
'before_title' => '<div class="widget-in-article-title">',
'after_title' => '</div>',
));

///////////////////////////////////////
//H2見出しを判別する正規表現を定数にする
///////////////////////////////////////
define('H2_REG', '/<h2.*?>/i');//H2見出しのパターン

///////////////////////////////////////
//本文中にH2見出しが最初に含まれている箇所を返す(含まれない場合はnullを返す)
//H3-H6しか使っていない場合は、h2部分を変更してください
///////////////////////////////////////
function get_h2_included_in_body( $the_content ){
if ( preg_match( H2_REG, $the_content, $h2results )) {//H2見出しが本文中にあるかどうか
return $h2results[0];
}
}

///////////////////////////////////////
// 投稿本文中の最初のH2見出し手前にウィジェットを追加する処理
///////////////////////////////////////
function add_widget_before_1st_h2($the_content) {
if ( is_single() && //投稿ページのとき、固定ページも表示する場合はis_singular()にする
is_active_sidebar( 'widget-in-article' ) //ウィジェットが設定されているとき
) {
//広告(AdSense)タグを記入
ob_start();//バッファリング
dynamic_sidebar( 'widget-in-article' );//本文中ウィジェットの表示
$ad_template = ob_get_clean();
$h2result = get_h2_included_in_body( $the_content );//本文にH2タグが含まれていれば取得
if ( $h2result ) {//H2見出しが本文中にある場合のみ
//最初のH2の手前に広告を挿入(最初のH2を置換)
$count = 1;
$the_content = preg_replace(H2_REG, $ad_template.$h2result, $the_content, 1);
}
}
return $the_content;
}
add_filter('the_content','add_widget_before_1st_h2');

子テーマの「テーマのための関数(functions.php)」に上記を記載する。

これでウィジェットに「投稿本文中」という欄が追加。記事中のh2タグ前に挿入される。アドセンスなどが熱いとかよ。

参考と言うかそのままでありがたや「コピペ一発!WordPress本文中にウィジェットでアドセンス挿入するカスタマイズ方法」寝ログさま

アドセンスの条件別表示&非表示については・「アドセンス非表示カテゴリをつくるほんとうのやり方。」で。・「STINGER7(スティンガー7)をちょいとカスタマイズ。」でスマホとの分け方。

 

↑目次へ戻る

 

 

「投稿記事の下に一括表示」ウィジェット追加

/**
* ウィジェット追加
*/

register_sidebar( array(
'id' => 'sidebar-5',
'name' => '投稿記事の下に一括表示',
'description' => '投稿記事の下に一括表示されます。「テキスト」等をここにドロップしてコードを入力して下さい。タイトルは反映されません。',
'before_widget' => '<div class="kizi-under-box">',
'after_widget' => '</div>',
'before_title' => '<p style="display:none">',
'after_title' => '</p>',
) );

子テーマの「テーマのための関数(functions.php)」に上記を記載する。

追記

<?php dynamic_sidebar( 'sidebar-5' ); ?>

親テーマ(子テーマにコピペしたものが好ましい)の「単一記事の投稿(Single.php)」に上記を記載する。※ただし、<?php get_template_part( 'sns' ); //ソーシャルボタン読み込み ?>という文の直前に挿入する。これは記事中のSNSボタンより前に表示したいからである

↓つまりこんな場所に挿入

bandicam-2016-11-27-13-32-51-851

OK!

結構使えるこのウィジェットを7から復刻してみたけれど果たして良いんだろうか?なんかもうよくわからないよどこまでやっていいのかが。業務妨害的な。

 

↑目次へ戻る

 

 

投稿画面からのフォントサイズ変更 ※親テーマから直接変えよう

プラグイン導入時エディタ拡張マシン「TinyMCE Advanced」※使い方「TinyMCE Advanced - WordPressのビジュアルエディタを拡張できるプラグイン」ネタワンさま

//書式プルダウンメニューのカスタマイズ
$init_array['block_formats'] = '段落=p;見出し2=h2;見出し3=h3;見出し4=h4;見出し5=h5;見出し6=h6';
$init_array['fontsize_formats'] = '70% 80% 90% 120% 130% 150% 200% 250% 300%';

太字の数字(パーセンテージ指定で都合が良いなら変える必要はない)を↓に変える

8px 10px 12px 14px 16px 18px 24px 34px 44px

などのpx表示のほうが馴染み深くてねボクは。※数字は任意

 

親テーマ「テーマのための関数(functions.php)」の記載を変更する。

 

※どうも子テーマからの上書きがうまくいかないのだよな~真っ白になっちゃうんだよな~(FTPソフトからのファイル出し入れができない人は“試すのはキケン”だから手を出さないようにしよう)

 

↑目次へ戻る

 

「サイドバーの新着記事」を削除

サイドバー (sidebar.php)から以下の一文を削除

<?php get_template_part( 'newpost' ); //最近のエントリ ?>

↓この部分を削除

bandicam-2016-11-19-04-54-23-703

今回は「サイドバー (sidebar.php)」というファイルから該当箇所を削除。親テーマの下の方に行くとある。※これも子テーマにFTPソフトなどでコピペしてから子テーマで上書きするのも良し

「新着記事」表示はウィジェットにもあり、これを外していたとしても何故かデフォルトでサイドバーに新着記事が表示される仕様になっている。だから今回外してみたぞ。

参考「StingerPlus サイドバーの新着記事を削除する2つの方法」すけたろうネットさま

 

特定カテゴリを新着記事に投稿しない

/**
* 特定のカテゴリの記事をトップページで表示しないようにします。
*/
function exclude_category($query) {
    if ($query->is_home() && $query->is_main_query()) {
        $query->set('cat', '-55');
        $query->set('cat', '-60');
    }
}
add_action('pre_get_posts', 'exclude_category');

子テーマの「テーマのための関数(functions.php)」に上記を記載する。

スティンガー8というか何にでも使えるだろうテク。ブログ形式だとなんでも投稿になるけど、ただのメモ記事なんかもあるし、そういったのは新着一覧になくてもよいではないかということで。

参考と言うかそのままでありがたや「トップページの記事一覧に特定のカテゴリの記事を表示しないようにするには[WordPress]」まろらぼ さま

 

↑目次へ戻る

 

 

フッターデザイン「3カラムウィジェット」

「スタイルシート(style.css)」「テーマのための関数(functions.php)」「テーマフッター (footer.php)」

 

参考「Stinger6のフッターに3カラムのウィジェットを追加する方法」WordPressデビュー津々浦々 さま

参考「ちょっと寂しいSTINGER7のフッターをカッコよくカスタマイズしてコンテンツを増やそう!」Lognote さま

 

 

 

そのほかの関連情報

グーグルアナリティクスの設定「まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】」ブログマーケッターJUNNICHIさま

親テーマと子テーマ「親テーマと子テーマのダウンロードとインストールのやり方」ゆういちのノートブックさま

アイキャッチ画像を上に強制設定「【STINGER8】STINGER8で削除された機能「アイキャッチ画像を記事上に表示」を復活させるカスタマイズ」Love2Laboさま

野心的な展望?「「STINGER8」にSTINGER管理の機能を自分で追加してみよう」unlimited ch@osさま

 

とまあ、

 

とかなんとかやることでビギナーの修行になるのかもしれない。

 

さらに修行したいという場合の参考「WordPressのStingerを自由自在にカスタマイズするための8つの修行」hamako9999.netさま

 

それよりブログの書き方を覚えろっていわれるぞ。

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

 - STINGER-WPテーマ ,