ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告(PC)

ニート自炊

肉料理編(無職ひきこもりニートの自炊レシピまとめ)

投稿日:2020年1月14日 更新日:

  1. 豚肉(ポーク)
  2. 牛肉(ビーフ)
  3. 鶏肉(チキン)
  4. 挽き肉(ミンチ)
  5. コラーゲン

基本的な「庶民派和風あじつけ」を覚えておけばとりあえず自炊メシが可能!(このコンテンツは何もかも初めてな自炊プレイヤーたちに送るベーシックなまとめだよ)

 

 

豚肉(ポーク)

醤油

ニートの焼豚

豚肉は醤油との相性が抜群に高い。ブタの脂と醤油だけで料理が成り立つのだ。茹でたブタのブロック肉を醤油に漬けるだけでみんな大好きチャーシューが爆誕するからね。バラ肉ならモヤシと醤油で炒めるだけでOKなお手軽さ。キムチを使って豚キムチ化など汎用性高し。「焼きうどん」にしても旨い。「味の素」も旨い。

参考・「豚肉 醤油 レシピ」Google検索 

参考動画・「豚肉 しょうゆ」Youtube 

塩コショウ

豚肉のねぎ塩

肉の味を引き出す魔法のモノトーン。それが塩コショウ。今日ではド定番だが、大航海時代以降に黒胡椒を知ったヨーロッパで爆発的な大ブームを引き起こした衝撃を体感せよ。ネギやニンニクなどの香味野菜の風味も引き出す万能な味付けだ。「塩焼きそば」なんかにしても旨い。

参考・「豚肉 塩 レシピ」Google検索 

参考動画・「豚肉 しお」Youtube 

焼肉のタレ

豚肉と焼肉のたれ

とりあえずタレをぶっかけておけば美味いのがお肉調理。毎日のことですから。タレの種類も豊富で飽きづらい。生姜を投入すればかの有名な伝説の「豚しょうが焼き」であります。

参考・「焼肉のタレ」

味噌

味噌味の豚丼

やはり味噌は万能。料理酒で溶いた白味噌をそのまま投入すればあっという間にみそ味となるお手軽さ。豚肉とも合うし、キャベツやブロッコリーや小松菜など、しっかりとした野菜系との併せに合うでしょう。砂糖を加えれば四川風麻婆のような甘み、醤油を加えれば広東風麻婆のようなサラッとした味わいになるなど調整も自在。

参考・「豚肉 みそ レシピ」Google検索 

参考動画・「豚肉 みそ」Youtube 

豚肉が最も使いやすい食材でしょう(安い、高タンパク、旨い)

 

牛肉(ビーフ)

ステーキ

無職のビーフステーキ

牛肉はステーキが一番うまい(迫力)というかステーキと言えばビーフ故に。ステーキは「下味と焼き方」が最も大事だけど、それさえ上手いことやれば調理そのものはカンタン。併せとしてニンニクを軽く焼き、あとはバター醤油ソースか市販のステーキソースでOK。部位は「牛ロース」がお手軽。サーロインは高すぎ。

参考・「ステーキソース レシピ」Google検索 

参考・「ステーキ 焼き方」Google検索 

参考動画・「ステーキ」Youtube 

牛丼

無職の牛丼

カレー並みの包容力がある牛丼つゆ。牛モモのブロックなど、ビーフにしてはお手頃価格な部位を用いるなら薄くスライスして牛丼にするのが庶民的和食芸。併せは玉ねぎのみのお手軽さ。味付けは醤油と砂糖とみりんと酒などこれまたお手軽。吉野家やすき屋はそれで全国に看板を持つに至ったわけだし、コスパの高い調理方法。

関連記事・「牛モモと豚モモの格安ぎゅうとん丼」 

参考・「牛丼 レシピ」Google検索 

参考動画・「牛丼」Youtube 

焼肉のタレ

牛肉とヤキニクのタレ

もちろん牛肉にも焼肉のタレは合う。牛モモは薄くスライスすれば豚肉と同じようになんでもつかえる。(醤油との相性はないと思うけど脂もないし/ただで持っていける牛脂使う手もあるかな)お高い肉なら普通に焼肉店のように焼いて塩でもタレでも肉本来のうまさを堪能すれば良いけど、まあここではコスパ自炊方法ですから。韓国料理のプルコギ風でもある。

参考・「焼肉のタレ」

牛肉は高価いけどモモ肉はそこそこ安い!

 

鶏肉(チキン)

からあげ

無職の唐揚げ

「とりの唐揚げ」を知らない者はない。醤油でも塩でも美味い人類の救世主とか。基本的にはモモ肉を使う。おつまみにも弁当にも重宝されるけど、「揚げ油」の管理が面倒なので自炊にはあまり向かないと思う個人的には。多くの油が必要だけどその処理に困るし放っておくと酸化して悪くなるし。故に個人的にはあまり使わないかな。たまにコンビニやスーパーの惣菜食べるほうが多い。だが、「電子レンジで作れるタイプのオーブンレンジがあるなら定番化するやも知れない」爆発力を秘めたレシピではある。

参考・「唐揚げ レシピ」Google検索 

参考動画・「唐揚げ」Youtube 

参考動画・「おうちご飯の王様!」COCOCOROチャンネル さま

親子丼

無職の親子丼

これまたお手軽でお手頃な庶民派どんぶり。卵と鶏肉とめんつゆでもあればササっと出来てしまうし、えらい高タンパクで筋トレにも有効か。鶏肉は豚肉とは違ってそれなりにちゃんと料理として作らないと美味しくならない印象あるけども。安くて低カロリーな分の調理スキルが必要なのね。

参考・「親子丼 レシピ」Google検索 

参考動画・「親子丼」Youtube 

ソテー

無職のチキンソテー

ステーキ風にまるっとカリカリに焼き上げてしまうのもラク。個人的にはニートダイエット時に最も食べたむね肉のチキンソテー。基本的に格安の鶏むね肉は「ソースで食う」わけなので皮さえパリパリに焼いてしまえばあとはソース次第。お手軽で安くて高タンパクで旨い自炊のオトモだち。

関連記事・「ニートの帝王焼き」

参考・「鶏肉 ソテー」Google検索 

参考動画・「チキンソテー」Youtube 

鶏ムネ使えばとにかく安くて低カロリー高タンパク!(調理スキルは要るけども)

 

ひき肉(ミンチ)

そぼろ

無職そぼろごはん

めっさお手軽簡単レシピすぎる。そして旨い。めんつゆで味付ければOK。それがいわゆる「そぼろご飯」である。普通は疲れ果てた主婦たちのお弁当ネタとも(?)牛肉ミンチにしろ豚肉ミンチにしろ鶏肉ミンチにしろなんでも対応可能。玉子などとともに転がされることも多い。牛ひき肉を使う場合は油の量に注意。ある程度はティッシュに含ませるなどして取ってしまおう。

参考・「そぼろ レシピ」Google検索 

参考動画・「そぼろ」Youtube 

ハンバーグ

無職ハンバーグ

お肉の王者ことハンバーグ師匠。子どもから皇帝にまで愛される神話レシピ。一見小難しそうだけど、実はカンタン。覚えてしまえば。とはいえめっさ美味しくやるには様々なプロテクを駆使できるプロ分野ではあるけど、毎日の自炊の用に供するにはそこそこでOK。これまた基本的には牛ひき肉がメインの料理じゃないかな。

参考・「ハンバーグ レシピ」Google検索 

参考動画・「ハンバーグ」Youtube 

関連記事・「ウソデミグラストーフハンバーグ」 

挽き肉も意外と使いやすいよね

 

コラーゲン

コラーゲン

 コラーゲンが多い食材たち

関節や肌に良いとされる成分もそこそこ摂っておきたい需要に(?)

 

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(PC3列)

-ニート自炊

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.