ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

ニート自炊

世界のお味編(無職ひきこもりニートの自炊メシお勧めレシピ集)

投稿日:2020年1月14日 更新日:

 

毎度毎度の食事に飽きないように。

 

やっぱり日本人だからだいたいは、醤油中心の味付けになる。それに砂糖を加えるか、あとは塩コショウ。そして味噌。それをご飯と合わせて食べれば超うまい。それはみんな知っている。あるいは鮭の切り身と漬物と味噌汁と海苔など優しい味わいも超うまい。やっぱりそれはみんな知っている。その美味しさを毎度毎度引き立てるためにも、別の味覚を取り入れる必要があるのだ。

 

互いが互いを尊重し合うことで、

世界は平和になるのです。

オールテイストな総力戦で人生に挑め(?)

※製作途中過ぎる記事なので、

いろいろ注意

地中海文化圏風のレシピ

西洋風(ヨーロピアン)

パン食(ニートの自炊・洋食編)

「小麦」と「卵」と「牛乳」がすべてを生み出す“羊飼い”たちの食文化だもの。

オムレツ

クリームコロッケ

シチュー

グラタン

プリン

チョコムース

※予定と備忘録

 

イタリアン風

パスタ(ニートの自炊・洋食編)

古代ローマの長女は「トマトソース」と「パスタ」の国。

トマトソース

ポモドーロ(トマトソースパスタ)

やりかた

アラビアータ(にんにくトマトソースパスタ)
ボロネーゼ(ミートソースパスタ)
ペスカトーレ(魚介トマトソースパスタ)
プッタネスカ(娼婦風香辛料パスタ)

やりかた

ボンゴレビアンコ

やりかた

カルボナーラ

やりかた

 

その他のエリアから

イベリア半島

かつて世界を2分したイスパニアとポルトガル文化圏の味覚は南米などでも食されている(?)

パエリア
バカリャウのコロッケ

※予定と備忘録

フランス

西欧大陸の美食を担う“フレンチ”の聖地だから美味しいものはいっぱいあるはずだけど、庶民派は先に出しちゃってるのでここでは特になさそう。

ブイヤベース
ポトフ
ガレット

※予定と備忘録

イギリス

不味いと評判の英国料理だけど、有名グルメもそこそこあり(?)

ローストビーフ
ミートパイ
イングリッシュ・マフィン
スコーン

※予定と備忘録

 

東南アジア

甘い「フルーティー」な味付けが特徴か

ナシゴレン

※予定と備忘録

 

中華料理

「火力」と「油」を特徴として「あらゆるものを食べてしまう」悠久の食歴を誇っている(四川料理は辛味も特徴)

麻婆豆腐(マーボードーフ)

雲呑(ワンタン)

※予定と備忘録

 

-ニート自炊
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.