ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

ゲームブログ/プレイ感想 プレイ記『ペルソナ3』

【ペルソナ3プレイ記②】かけがえのない時と知らずに過ごしていた

投稿日:2013年12月5日 更新日:

 

 ついに犠牲者が出てしまった特別課外活動。

 

060_20131221231318c5a.jpg   061_20131223004446c7d.jpg   

「…………。」  

063_20131221231510e62.jpg

街や学校では好きに言われてます。   

062_201312212315089a3.jpg  065.jpg

にしてもすこしカッコつけすぎな死に方だなと思いました。

まだ子供なのに。

でも、 「いい顔」してたね。

人生は長さではないのかね。 やっぱり。

059.jpg 

あいつは「選んだ」んだ―

サイコーの勝ち逃げだよ―

 

言うね。

 

 第二章 かけがえのない時と知らずに過ごしていた

 

最近

 

「復習代行サイト」
「復讐代行サイト」とかが巷では流行りだしていた……

 

078.jpg   

「主」がおられるぞ?

 

なんか中途半端な敵役だな。

もっと意味不明な感じに言わなきゃ風格が出ないぞキミ。

変態失格だ。

 

もっとこう 「竜王の覚醒は近い。」 とか言わないと。

 

「だが竜王は神ではない。それが何を思い上がったのか、“竜教”だのとのたまわる始末。神は今のままで唯一無二で完璧なのだ。貴様らの賢しらな考えなど及ばす必要はない。神の御業の深さを知れ。」

 

的な事言わないと。

 

もっとこう第三勢力的に、あるときは敵であるときは味方みたいな。

そのトリッキー感があれば好きだったな~。

自分たちなりの信念で立ちまわるだけ。

 

って何を言ってるんだオレは。

敵は滅ぼすのみだ。

 

誰に話しかけてたんだが

ε-(´∀`*)ホッ

 

そんなこんなでね、

 

シャドウが巣食う夜の学校―

 

万魔の塔みたいな「タルタロス」を これ以上ないってくらいに慎重に捜査してきた末に ようやく踏破しました我々は。 半年くらいかけた感じかね。

 

しかし重大な決断が迫る。

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

 

“重大な決定への関与”

 

来ました。 これですよ。 まあ実際、 ゲームだから結局はアレするんだけど。 ラジアータストーリーズは割りとどっちもどっちなラストだったからアレだけど。

 

私は一体何を言ってるんだ。

(*。◇。)ハッ! 


※立ち位置を気にします

 

でもこの感じはやっぱりいい。

 

観てるだけで進行していってしまうゲームとは大違い。

 

「はいはい世界がどうのこうのね。聞いてる聞いてる。」 とね。

「話まとまった?決まったら勝手に進んどいてー」 とね。

「トイレ行ってきていい?」 とね。

 

ふつうのJRPGならこうなんですよ。

 

「オレにも考えさせて!」 いいから、

「ちょっとだけでいいから意見を言わせてくれ!」

 

騙されたと思って……。

と思うよ。

 

だからこれはほんとに有難い(´Д⊂ヽ

 

オレを認めてくれるんだね。

071.jpg

ただみんなの圧力がすごいよ。

 

もう一択じゃん。

088.jpg

腹くくれてなきゃここ来てない派

087.jpg

もちろん決まってる派

072.jpg

私も大丈夫派

086.jpg

訊かれるまでもない党

073.jpg

もう迷いはない党

074_2013122123155537a.jpg

自分で決めました党

 

089.jpg

圧力がすごいよ。

(犬は?)

 

でもこれでアレしたらそれはそれで、

「みんなは知らないんだな~」 みたいな視点で、

“その後“を観てると、

 

・・・・・・

 

なんだか、

無性に切なくなってしまいました。

 

066_201401162008586d8.jpg

 

あんなに悩んで。

憤って。

遂には哀願までした。

 

「人は危険が迫ると本能的にこれを回避しようとする。しかしそれが避け得ないものだとわかると、恐怖がやってくる。」

 

ではそれを打ち払うものはなにか?

 

無論、 勇気である。

 

「暗闇の中を、わずかな光を頼って歩いていける勇気」

 

そんな英雄的な勇気こそオレたちは持ち合わせていないが、

 

「なんかこっちのがいいじゃん?」

 

と選んだそれぞれの “命のこたえ” そのことを思い出したのです。

やつらの“いい顔”を。

そう思えばこそ、

別の“数ある運命の一つ”を選びたくなります。

 

続く(P3プレイ記③へ)

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

ゲームブログの下

 

名作RPGの歴史を三日坊主の好奇心で追った!

☆名作RPGを追え! ~ロールプレイングゲーム列伝~

 

ブログ始めたての頃に趣味でやってたら辞めるに辞められず駆け抜けています。

 

世界史で1点は取れるRPG「ロマンシングローマ」

☆イタリア旅行が楽しくなること必至の教養RPG「ロマンシングローマ」

【ロマロマ公式】実況プレイ動画さま

 

-ゲームブログ/プレイ感想, プレイ記『ペルソナ3』
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.