ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

ニートアカデミア

【ビュリダンのロバ】選択をしないという選択をしてしまうという「優れた者でありたい」病。

投稿日:2014年6月10日 更新日:

ロバは、

同じ距離、

同じ量のエサが、

2つの分かれ道の先にそれぞれあるとしたら、

どちらも選べずに餓死するという。

 

そんなお話。

(▽Д▼ )

 

決断や選択の心理で例えにされることらしい。

 

なにもロバにこんな特性があるということではないし、

ロバに限ったことではない

 

1,右の道に進みエサをたべる。

2,左の道を進みエサを食べる。

3,立ち止まったままで餓死する。

 

この選択肢で明らかに最大の痛みであろうことを選択するのだ。


いや、

不作為に。

何もしないという事によって。

 

選択するには「理由」を必要とし、


それは何かしっかりとしたものでなければならないとする。

 

それを選ぶための明確な要因を規定しなければ安心して選べない。

 

だからそのプレッシャーに苛まれることよりも、


選択をしないという選択をしてしまうという。

 

その道を歩いている最中にも襲ってくる「間違っているのではないか?」という痛み。

より良い選択をしたいという圧力。

などなど。

 

そして、

より善い選択がしたいというキモチが、

ついには何も選べずに、

ついにはまた何も始めずに、

最悪を引き寄せるということ。

 

………( ´ー`)y-~~

なぜだろう。

このロバの気持ちが死ぬほどわかるのは。

 

……… ゲームとかでも、

ジルオールなどは選択の連続で悩んで全然進まなかった時あるしなw

アンギルダンの副官就任要請に応えるか、

故郷ロストールでゼネテスとともに闘うか。

いろいろ考えたな~~。

 

(▽Д▼ )

 

戦史の世界ではよく、

 

「悩むということは大して違いはないのだから、鉛筆たおしでもしてさっさと決めろ。」

 

という。 そして

 

「その道を確かなものにすることに力と時間と労力を投入しろ。」

 

と。

 

選択の方向よりも強度は重要だろっつーことでね。

まあ、もちろん無策ではかなわんが

┐(´∀`)┌

 

「目標に到達しようという為の努力と、 単に、目標に向かう運動とでは全く別々のものである。」

 

とかも言うし。

工夫はしろっつーことだね。

とかそんなふうに考えてると餓死しちゃうよ。

 

えんぴつドコーーーーーー?

ヽ(*´∀`)ノ 

 

自分だったら餓死しそう。

だけど、

何かしながら死にたいもんだな。

大した違いはないかもしれないけど。

なぜかそんなテンション。

でも左でもなく地面掘ってる感じだけど。

 

ちなみにナポレオンがアルプス越えで乗っていたのは実はロバ。

 

最後に全然カンケーないこというよ。

オレときたら。

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

 

 

フライングなニートマンの著作書籍

 

★ニートの自伝

 

13歳の少年労働兵

「不登校×少年労働」編

愚か者の人生戦記第1弾は「生まれてから13歳で少年労働兵と成ってご活躍される」までのお話。既に中年サラリーマンの如き「労働と報酬の日々」を過ごしたひとの末路へつづく。

 

やることない体験記

「ニート×無目標」編

愚か者の人生戦記第2弾は「ニート化成った18歳から21歳までのやることがなかった」ころのお話。「仕事がなくなると人は一体何をするのだろうか?」という実験データに近いモノあり。

その後もニートだし今も半ニートなんだけどね

 

★「もしもこうだったなら?」ロールプレイング

 

シャケ弁労働者した元ニートの話

「もしも、ふつうに働いていたら?」

なシミュレーション。「シャケ弁食って働いて妹たちとゲームでもしているっていうのも良いのかもなあ」の未来を想った。

 

フェアレディZで通勤したキノコ工場で正社員してやることなくなった話

「もしも、そこからさらに正社員で働いていたら?」

なシミュレーション。「結局なにすれば満足なのコイツは」的な叙事詩が紡がれた。ある意味人間失格。

 

31歳までフリーターして落ち武者した話

「もしも、ならばフリーターしながら好きなことを目指していたならば?」

なシミュレーション。今に一番近いスタイルではあったけれども。

 

不登校から復帰して労働徴兵されるまで大学に隠れた話

「もしも、ふつうに学校へ行っていたならば?」

なシミュレーション。もうそこまで遡って人生を最スタートさせてみても結局のところ結末は同じだったというオチ。学校へ行く意味を分解してみたやつ。意外と一番のお気に入りコンテンツに。「労働戦士恐るべし。労働徴兵許すまじ。」

 

-ニートアカデミア
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.