トップバー広告(PC)

世界貢献的おやくだち情報 庭仕事

運搬用一輪車のタイヤのパンク修理方法(買った方が楽だけど!)

2023年3月2日

一輪車のパンク修理方法

 

農機具の一輪車のパンク修理。

 

猫車とか言うらしい運搬用の一輪車。最近、家の土木事業に従事することが多くなったのでやたらと一輪車を使うのだけど、伯父さんが直してくれって持ってきたので泣く泣くパンク修理することに。

車輪ごと一式で安く売っているのだから丸ごとそっくり替えてしまえば良いのに、

やたらとロマンを追い求める世代。

節約しまくりながらとにかく肉体労働フルで稼ぎまくった世代

 

一輪車のパンク修理に使うもの

使う工具

高儀 M&M モンキーレンチ 300mm M-300

高儀 M&M モンキーレンチ 300mm M-300

825円(06/24 11:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
E-Value 両口スパナセット ミリサイズ 6本組 ESW-06S

E-Value 両口スパナセット ミリサイズ 6本組 ESW-06S

657円(06/25 01:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

※モンキーレンチ1本に、各種スパナがあれば基本的にはOK。(計2本。供回り箇所あるから同時に回すために必要。)あとは掴めるペンチ的なもの。固着しているバルブリングを外す用途などにあればあったで良いでしょう。

 

パンク修理用品

修復パッチ

自転車 パンク修理専用パッチセット 31914

自転車 パンク修理専用パッチセット 31914

339円(06/24 11:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
自転車 パンク修理 パッチ 大判ゴム 31900

自転車 パンク修理 パッチ 大判ゴム 31900

564円(06/24 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

※自転車で使う通常サイズの修理パッチでOK。その他、任意にカットできる大判修理パッチなどもある様子。

やすり

※粗目のサンドペーパー推奨。むしろ軽石とかでも良いくらい。一輪車のチューブは分厚いからなのか(?)とくにガシガシとチューブを荒らす必要がある。

ゴムのり

自転車 パンク修理 ゴムのり ECO チューブ 大 31811

自転車 パンク修理 ゴムのり ECO チューブ 大 31811

442円(06/24 22:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
自転車 パンク修理 ゴムのり MARUNI 85cc 31805

自転車 パンク修理 ゴムのり MARUNI 85cc 31805

310円(06/24 20:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

※ヤスリで粗したチューブの上に優しく塗布するゴムのり様。「うすーくのばして、しっかり乾かすのが基本」です。ゴムのりならとりあえずなんでも良いでしょう。

ハンマー

※修理パッチをチューブに貼ったら圧着させる。平たいハンマーのほうが専用品なのかもね(?)

自転車と同じですね

その他のオススメ品

虫ゴム不要のスーパーバルブ
虫ゴム不要のスーパーバルブ

虫ゴム不要のスーパーバルブ

※一輪車のチューブも英式バルブなので、虫ゴムが鬼門になる。それなら虫ゴム不要のスーパーバルブが最強。

自転車にもおすすめ

タイヤ交換用品

ハラックス アルミ製一輪車 TR13X3T

ハラックス アルミ製一輪車 TR13X3T

2,304円(06/24 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

※一般的な13インチの新車。タイヤが一つしかない一輪車のタイヤを替えたらそれはもう新車ですよ。

※ノーパンクタイヤもこの際。パンクしないのだものね。(でもダムダムとしたクッション性はないのだとか。それは自転車でも同じ。)

パンクを修理することに意味なんて求めてはいけません

両翼式・記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

一輪車のパンク修理手順

  1. 車輪を外す
  2. フレームを外してタイヤをバラす
  3. 空気漏れの原因を探す
  4. チューブを、ヤスリで擦る
  5. チューブに、ゴムのりを塗る
  6. チューブに、パッチを貼る
  7. すべて組み直してパンク修理完了

車輪を外す

一輪車(猫車?)の車輪を外そう
一輪車(猫車?)の車輪を外そう
ハブナットはこんな感じ(車体のフォークより外側にある、キャップとハブナットだけ外せばOK)
ハブナットはこんな感じ(車体のフォークより外側にある、キャップとハブナットだけ外せばOK)
大きめのモンキーレンチで左回しで外そう(サイズは21ミリかな?)
大きめのモンキーレンチで左回しで外そう(サイズは21ミリかな?モンキーならなんでもいいけど?)
コレで車輪を取り外せる状態
コレで車輪を取り外せる状態
同じように、反対側も外す
同じように、反対側も外す
あとは車体のフォークを持ち上げるなり、タイヤの方を引っ張るなり叩き落とすなどすれば外れる(笑)
あとは車体のフォークを持ち上げるなり、タイヤの方を引っ張るなり叩き落とすなどすれば外れる(笑)
一輪車の車輪取り外しに成功
一輪車の車輪取り外しに成功

自転車なんかよりよっぽどラクですね

 

そして、

 

このまま新しいホイールとタイヤに替えてしまうのが

人類の賢さでしょう。

 

ハラックス アルミ製一輪車 TR13X3T

ハラックス アルミ製一輪車 TR13X3T

2,304円(06/24 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

もちろん我々は賢くないので次へ進みます

 

フレームを外してタイヤをバラす

※外したナットやワッシャー類は並べて整理しておきたい。
※外したナットやワッシャー類は並べて整理しておきたい

ホイールの留具を外す

ホイールを留めているナットやワッシャー類が固着している場合がある。その場合にはハンマーで軽く叩いてやると外れる。強すぎると変形しちゃうから注意だけど。
ハンマーで軽く留具を叩くと固着が解ける?

 

※ホイールを留めているナットやワッシャー類が固着している場合がある。その場合にはハンマーで軽く叩いてやると外れる。強すぎると変形しちゃうから注意だけど。

 

ホイールの留具を外す

 

スパナやモンキーレンチでもって、ホイール(車輪)の留具であるナットやワッシャーを取り外していく。片方が4箇所あって、両側で8箇所くらいかな。

 

シャフト軸のナット類を外す

片側のナットをつかむ(適正サイズのスパナやモンキーなどで)
片側のナットをつかむ(適正サイズのスパナやモンキーなどで)
その反対側のナットをもつかむ(適正サイズのスパナやモンキーなどで)
その反対側のナットをもつかむ(適正サイズのスパナやモンキーなどで)
全てのナットが外れたので、ホイールが取り外し可能
全てのナットが外れたので、ホイールが取り外し可能
シャフト軸も取り外す

 

これまたスパナやモンキーレンチなどで、ホイールの車軸(シャフト)の固定を外していく。供回りするので左右同時につかんで回していく。(左回しで外れる正ネジ)

 

チューブを外す

チューブバルブの根本にあるリングを緩めて外す
チューブバルブの根本にあるリングを緩めて外す

 

※まずはチューブバルブの根本にあるリングを緩めて外していく。掴めるものならなんでも良いね。手で回れば良いけど、固着してたりするとペンチやウォーターポンププライヤーなどが強い。(ついでに買うならネジザウルスあると他にも便利だよね)

 

チューブバルブのリングが外れたらホイールも完外し可能(意外としぶとい)
チューブバルブのリングが外れたらホイールも完外し可能(意外としぶとい)
一輪車のタイヤとチューブを取り外し完了
一輪車のタイヤとチューブを取り外し完了

 

 

やはり自転車と違ってホイール外しもラクラクですね。

 

 

空気漏れの原因を探す

チューブに空気を入れる(英式バルブだから自転車用のポンプでOK)
チューブに空気を入れる(英式バルブだから自転車用のポンプでOK)
チューブが膨らむほど、穴は見つけやすくなる!!
チューブが膨らむほど、穴は見つけやすくなる!!
今回発見された「空気漏れアナ」です
今回発見された「空気漏れ穴」です

 

まずはチューブに空気を入れる。(空気圧を高めるほどわかりやすくなるとは思う)

 

※すると空気が抜ける「音」がする。穴が大きく見つけやすいほど音がする。この場合はカンタンですぐに穴が見つかることでしょう。さらには音だけじゃなく、「敏感な唇を近づけて噴出される風を感じて当たりをつける」ことも可能。「空気圧を高めてチューブをグニグニ動かす」ことでも反応が良くなる。

 

自転車チューブの場合
自転車チューブの場合

 

※それでも見つからなければ「水」で見つける。水を張った何かにチューブをスルスルと這わせていくと、ブクブクと気泡が上がってくるから、それが穴という具合。(浅い物が良いのでソリとか使うと最強だけどバケツとか洗面器のほうが多いよね)

 

バルブ付近は要注意案件(とくに虫ゴムのやろう)
バルブ付近は要注意案件(とくに虫ゴムのやろう)

 

あと、「バルブの根本」も確認しよう。わりと脆い箇所だから。さらには「虫ゴムが破けている場合」もある。こうなると虫ゴムを交換するのだけど、虫ゴム不要のスーパーバルブにしたほうが良いでしょう。(と言うかタイヤごと買い替えるのが以下略)

 

穴をマーキング(つまようじ版)
穴をマーキング(つまようじ版)
穴をマーキング(油性マーカー版)
穴をマーキング(油性マーカー版)

 

穴を見つけたら、見失わないようにマーキングしたい。(目印をつける)自分は爪楊枝を刺している。自転車のパンク修理で。(どうせ塞ぐのだから穴に刺しても問題ない)一般的には油性マーカーでつける。(水性は消えちゃう)

 

チューブの汚れを拭いておこう
チューブの汚れを拭いておこう

 

チューブを、ヤスリで擦る

チューブにヤスリがけ
チューブにヤスリがけ
できれば粗めのヤスリをかけたい

 

修理パッチが食いつくように、ヤスリがけ。ヤスリでもサンドペーパーでも、粗いものが好ましい。むしろ軽石とかでも良いとか。ディスクグラインダーですら良いとか。

※一輪車のチューブは特に分厚いので(?)しっかりヤスリかけした方が良い。軽石とかのレベルの粗さでガシガシやったほうが良い(?)

 

チューブに、ゴムのりを塗る

チューブにゴムのり
チューブにゴムのり
ゴムのりは、うすーくのばし、しっかり乾かす
ゴムのりは、うすーくのばし、しっかり乾かす

 

修理パッチが食いつくように、ゴムのり延ばしてしっかり乾かす。ちゃんと乾かすのが大事。ぱっつん感とさらさら感。わかるよね。

 

チューブに、パッチを貼る

穴をめがけてパッチを貼る
穴をめがけてパッチを貼る
ペタッと修理パッチを貼る
ペタッと修理パッチを貼る

 

穴を見失わないようにしつつ、修理パッチを貼っていくのみ。

 

ハンマーで圧着する
ハンマーで圧着する
周辺もグリグリと圧着させていく
周辺もグリグリと圧着させていく

 

パッチを貼ったら、圧着させたい。主にはハンマーなどで行う。特に周辺もグリグリと圧着させたい。

 

圧着後の修理パッチ
圧着後の修理パッチ
キレイにラベルを剥がす(必要かどうかは不明な工程)
パンク修理の出来上がり
パンク修理の出来上がり

 

上手いこと修理パッチが圧着されていれば、ラベルも綺麗に剥がれてパンク修理は略略完了となります。

 

すべて組み直してパンク修理完了

タイヤにチューブを入れて軽めに空気を入れる
タイヤにチューブを入れて軽めに空気を入れる
左右からホイールを取り付ける(片側はシャフト軸アリ)
左右からホイールを取り付ける(シャフト軸アリ)
シャフト軸を差し入れる
両側のホイールにあるナット穴を合わせよう
両側のホイールにあるナット穴を合わせよう
シャフトの出代は「左右バランスが取れているかどうか」くらいで。そんなにシビアじゃないでしょう。
ナットでシャフトの固定をするけど、シャフトの出代は「左右バランスが取れているかどうか」くらいで。(そんなにシビアじゃないでしょう)
各種の留具(ナットなど)を留めていこう
各種の留具(ナットなど)を留めていこう
車軸のハブナットなども締めていこう
車軸のハブナットなども締めていこう
最後に車体を挟んで出来上がり
最後に車体を挟んで出来上がり

 

これにて、

 

運搬用一輪車のパンク修理が完了します。

(虚無の極み)

 

タイヤが磨り減っていたら補強(?)

穴が空いて向こう側が見えるほどすり減っているタイヤ
穴が空いて向こう側が見えるほどすり減っているタイヤ
何かしらの補強パッチを裏側から貼った状態
何かしらの補強パッチを裏側から貼った状態
要らない自転車のチューブなどを切って、裏張りに使うのがおすすめ
要らない自転車のチューブなどを切って、裏張りに使うのがおすすめ
東京防音 耐油性ゴムシート NBR-150 150mm×150mm×厚1mm

東京防音 耐油性ゴムシート NBR-150 150mm×150mm×厚1mm

201円(06/24 09:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

百戦錬磨の運搬用一輪車タイヤであれば、「向こう側が見えるほどのすり減りタイヤ」であることは自明の理。そうであれば、タイヤにチューブを入れる前に、「タイヤの内側から何かしらのパッチを当てておきたい」のであります。(自転車チューブの切れ端などが安価?適材適所?)

※ここまで来ても新品タイヤに替えない豪傑たちには何を言っても無駄であろうけれども替えたっていいじゃないにんげんだもの。

 

虫ゴムが破けていたらスーパーバルブにしよう(?)

チューブのバルブ付近が脆かったりする(経年劣化しやすい?)
チューブのバルブ付近が脆かったりする(経年劣化しやすい?)
この状態でも虫ゴムから空気抜けてました(ずるむけてる訳じゃないのにね?)
この状態でも虫ゴムから空気抜けてました(ずるむけてる訳じゃないのにね?)
米式バルブにできるものもあるけど、一輪車にはどうなんだろ?
米式バルブにできるものもあるけど、一輪車にはどうなんだろ?(空気圧測れるけど)

 

一輪車のチューブがないなら(?)、バルブを替えるしかない。そして、どうせなら虫ゴム不要のスーパーバルブなどを推奨。とにかく推奨。従ってください(圧力)

新品に替えないことで、どんどん最新テクノロジーによる近代改修がされていくぞ(?)

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

プロフカードぼたん

-世界貢献的おやくだち情報, 庭仕事