ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

通知用に飼われてるトリ

Kindle電書

【eブック時代を先駆ける】Kindle電子書籍セルフ出版方法(KDP)とキンドルアプリで電子本を読むマニュアル。

更新日:

 

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)とKindleアプリで電書を読むのための備忘録。

 

Kindle(キンドル)とは?

Kindleストア/Amazon.co.JP

 

「by アマゾンの電子書籍」

 

「地上最強の品揃え」たるAmazonによる電子書籍レーベル。それすなわち「Kindle」である。多分。

電子書籍を出しているところは色々とあるわけで、ソニーもやっていたし(いる)、楽天もやっているし、まあ色々やってるわけだよね。

しかし「この市場に君臨している」のは、やはり「地上最強の品揃え」でもって「人が集められる」Amazonのキンドルなのだとかよ。

 

Kindle電子本を読む!!

Kindle専用端末

※マンガモデルは通常モデルより「容量増大」&「ページめくりが速い」版という。

※「キャンペーン広告あり」だと2000円程安くなる。(つまり広告が入る)

※プライム会員の場合は4000円安く購入可能。

【プライム会員限定】Kindle、Kindle Paperwhiteがクーポンコードで4,000円OFF。

Amazon.co.jp

参考「Kindle Paperwhiteマンガモデルの実力は?33%高速化の恩恵はあるか旧型と実機スピード比較してみた!」物欲ガジェット.com さま

 

スタンダードモデルは「Kindleペーパーホワイト」!!

スタンダードなモデルは「kindle Paperwhite(ペーパーホワイト) Wi-Fi、ブラック」があり、さらに2000円ほど安いぞ。読み物は活字系が多く、「マンガもそれほど大量に読まない」ならばこっちでOKなのかな。「名作だけ読んでみるか」程度の使い方ならばね。

最安「Kindle(無印)」はライトがない。暗所がダメ。

最安の「Kindle(無印)」もあるがLEDバックライト非搭載のために「暗いところで読めない」というお困りなことになる模様。

参考「Kindle (Newモデル)購入レビュー!上位のPaperwhiteと比較してみました。」力こそパワー さま

 

↓いつものデバイスで読むならアプリだ!

 

Kindleアプリ(無料)

Kindle無料アプリの入手/Amazon.co.jp

ウィンドウズPC「Kindle for PC」
Mac「Kindle for Mac」
アンドロイドスマホ/タブ「Android Device」
iPhone/iPad「AMZN Mobile LLC」
ウェブアプリ「Kindle Cloud Reader」

マンガならiPadの方が良い?

参考「マンガを読むなら、iPad mini と Kindleアプリをお勧めします」手帳 | PLUS DIARY さま

参考「【比較】電子書籍としてのiPad Air 2とKindle Paperwhiteの違い・使い分け」理系男子のぐうの音 さま

参考「[比較]KindleはiPadがあれば要らない?! 3年併用したので違いを語るよ!」ヨッ!センス さま

上手く動作しない時

参考「Kindle(PC)でいつの間にか本を開くことが出来なくなった!」陽だまり365 さま

「アプリ開いても上手く動かない場合」などもあるので要対処だ!!

対処策はあるんだ!!負けるな!!

 

ということで、

 

「Kindle専用端末」&「キンドルアプリ」という2つの方法でもってKindleの電子本は読めるのである。

 

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)とは?

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング: セルフ出版

 

「ヘイYU!自分で出版しちゃいなYO! byアマゾン」

 

出版社も通さず、そのままAmazonに自らの魂作本を陳列させてしまえるというRPGツクール的なときめき感。それがKDP(自分でキンドル本の出版しちゃいなYO)である。

参考「Amazon Kindle 自分の本を200円で出版してみました」アスキー さま

参考「最も敷居が低い出版!AmazonのKindleダイレクトパブリッシングについて知ろう」ブログマーケッターJUNICHI さま

KDPのことなら川口浩治先生だい!「Kindle本の制作/作成と販売のコツ」さま

オフィシャル参考「KDPでブログを本にしよう」KDP公式

 

収益は?「売上」と「Kindle会員による無料ページビュー」

KDPで出版した本の売上とは主に2つ。

①まず電子本の売上。

後述するが、35%か70%かのロイヤリティ設定と任意の値段設定をして、売り上がった分のロイヤリティが支払われる。出版社を介さないので印税率がべらぼうだ。個人的には出版社に持っていったほうが色々と良いと思うけれど、まあ一介のニートマンには厳しいよそのアクションは。

②Kindle有料会員(キンドルアンリミテッド)やAmazonプライムのオーナーライブラリーで閲覧されたページビューに応じてロイヤリティが支払われる。

ということで、Kindleの有料会員などには「読み放題」という特権があり、それが目玉なのだが、我々KDP作家の本もここに陳列できる。そうして豊富になったラインナップにてKindle会員を増やそうというAmazonの目論見なのである。だから作家に対してページビュー毎のロイヤリティが支払われる。

※会員費の(これをKDPセレクト基金という)元金に応じて利率は変動するおもしろシステムだよ

参考「【体験レビュー】アマゾンの「Kindle Unlimited」を2ヶ月間やってみてわかったこと。」wakus.jp さま

参考「Kindleオーナーライブラリーの使い方と注意点」ブログのちから さま

 

じゃあ自分で出版しちゃう!!

①KDPアカウント作成

まずはこちらのサイト様に「おんぶに抱っこ」でご指導いただこう。

参考「Kindleダイレクトパブリッシングで出版するために必要な初期登録の方法」ブログマーケッターJUNICHI さま

※質問しろってことじゃないから。「このお記事のとおりにやればすぐ出来てしまう」ということだから。

 

ありがたきお手軽さ。

m(_ _)m

 

色んな意味で。

このページ全てがなんだかお手軽。

「おらに力を分けてくれ」的な元気玉的なリンク集的なことによるアレで。

 

ネット銀行の用意ならこの記事へ「【ネットビジネスで生きるなら】楽天JCBデビット虎の巻」

 

②本を執筆/出力/出版に必要なコト

一般式「EPUB形式」と「でんでんコンバーター」

参考「誰でも簡単にKindle電子書籍を出版する方法 2015年版」わかったブログ さま

一般的にはメモ帳にでも書き「EPUB形式(電子書籍標準)」で出力して「でんでんコンバーター」とやらで完成させるらしい。

 

2017年春現在、

大体どこを調べてもこのやり方が推奨されている。

だからこれがまだ基本スタイルのようである。

 

が、

 

「何かそれ用のものはないのか?」

 

ということで「Adobeのインデザイン」やら「マイクロソフトのWord」やらと、そのベストスタイルを探した。

 

まあない。

 

「それ専用ツール」的なものが出ていても良さそうなものだが、少なくともお手軽に探し出せるところにはなかった。インデザインは本気ツール過ぎるし、最新Wordは高価いし。

 

むらくも式「グーグルドキュメント」と「古いWord形式」

・まず無料のグーグルドキュメントで文書を作成。

・しかしこれだと目次が生成できない。(できるが、Kindleように反映されないのだ)

・これをWord形式(.docx)でダウンロード。

・あとは古いWordで開いて目次生成。

・キンドルへ持っていく。

 

ややこしいようだが、使い慣れたソフトでやれるほうが良いし、Word自体には馴染みがあるから。変に愛着もあるし。ゲーム企画テロ投函時代に使っていた故に。

 

「グーグルドキュメント」はこの会社のお家芸である「無料」というコスパ。

「Word」は大体のWindowsパソコンに搭載されていよう。

 

※自分で組み立てていたりしなければさ。家電量販店なんかで買ったらほぼ付いとるやないさ。Wordが高価いのは新しく最新版を買う場合であって、「元からついている物を使う分には無料」だ。我がPCには「Word 2007」がいまだ君臨なされておるのだ。(無料のオンライン版だと機能が制限され、欲しい目次生成機能がカットされておる)

 

我流「キンドル電書の執筆術」

「グーグルドキュメント」で書く!

グーグルドライブへ
グーグルドキュメントで書く!
ワード形式で出力

※まあ、すべてWordでやれば良いのだが、「グーグルドキュメントはいつも最新!」ということで。Wordの2007とかフォントがシャギシャギしとるし。なんかね。古いのはね。相棒やったけどね。ゲーム企画テロ投函時代はね。

 

↓ダウンロードしたファイルに目次をつけるぜ!

 

「Word」で目次!

Wordファイルを開く
目次を生成

 

↓KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)へ持っていこうぜ!

 

Kindleで出版

KDPにサインイン
Kindle本の詳細
Kindle本のコンテンツ
Kindle本の価格設定

 

Kindleデバイス対応ノウハウ

目次のナビは超大事や!

とくにニートダイエットonレールズみたいなポータル系のスタイルには大事。「どこにどの項目があるのか」は大事。対して、物語系やエンタメ系の本ならそこまではいらないかもしれないね。

ページの仕組みに気をつける!
画像/表に注意!
アマゾンアソシエイトリンクはNG
-

 

とりあえずここまで備忘禄。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

-Kindle電書
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.