ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

トップバー広告

世界貢献的おやくだち情報

【分割でエラー回避】ブログをHTTPS化する際の一括置換プラグイン「Search Regex」のエラー対策

投稿日:

 

鍵のついていないWebサイト(HTTP)には、

 

「ここアブナイで!!キケンやで!!」

 

などという恫喝表示する仕様が発表されたグーグル界隈。2018年7月だかに。

 

 

各省庁のサイトですら恫喝されているというのだから面白い。どんだけ遅れとるねん公務員チーム。

 

 

そういうことで我々カギのない暮らしを謳歌するスローブログ団体勢とても、渋々ながらカギを掛ける暮らしへと移行せざるをえなくなったのでした。

 

 

httpサイトをhttpsサイトにするためのエラー対処法。

 

 

 

グーグルの嫌がらせに対する【HTTPS化】

 

旧ブログのhttps移行のやり方については以下のサイト様参照。

 

https://naifix.com/xserver-ssl/

HTTPS化参考・「エックスサーバー独自SSLが無料!WordPressサイトをHTTPS化する方法」Naifix/エローラ さま

 

キホン的にはこちらのサイト様の記事の方法にてまるっと完了できる。意外とラク。眼がとても綺麗なひと。

ありがたき

 

 

最も膨大な作業を必要とするであろう置換作業も魔法のプラグイン「Search Regex」を使えばラクラク。

 

https://ja.wordpress.org/plugins/search-regex/

WPプラグイン・「Search Regex」WordPress公式 

 

 

しかーーし!!!!

 

 

ブログ内リンクの「HTTP」「HTTPS」一括置換するためのこのプラグインがうまく作動せず。

 

 

つまりエラーを吐く。多すぎて。

 

 

1年前に別ブログをHTTPS化した際には楽に使えたというのに、今回はエラーを吐く事態。これは調べると「置換の数が多すぎてエラーを吐く」という現象であることが判明。

 

 

その対処方法を調べるといくつかの手段が浮上。

 

 

サーバー側のメモリ制限を一時解放する

参考・「WordPressのSSL化(https)は、Search Regexでメモリーエラーが出ないか先に調べて!」バンコク雑記 Information of Bangkok  さま

 

分割する

参考・「記事の登録年毎に行う。」上條晴行.com さま

 

 

サーバーのメモリ解放はちゃんとやったつもりだけど何故か効果なし。とにかく効果なし。というわけで分割置換していく方法を選択。

 

 

つまりここでは分割置換の備忘録。

 

 

年ごと。月ごと。

こんなかんじに「年や月ごとに別れている」という性質を利用

検索例「画像の場合」

画像のフルアドレス

http://murakumo25.com/wp-content/uploads/2018/08/bandicam-2018-08-09-12-42-02-434-1024x548.jpg

 

例えば上記がとある画像のフルアドレス。

これは住所みたいになっている。wp-contentだとかuploadsというのはそのファイルが有る階層のことで、日本国/長野県…みたいに連なっているものなのである。

※【例】http://murakumo25.com(なになにさんの鍵なしお家の)/wp-content(ワードプレスコンテンツ部屋の)/uploads(アップロード棚の)/2018/08(2018年8月に置いた)/bandicam-2018-08-09-12-42-02-434-1024x548.jpg(バンディカムでその時刻に撮影した写真/名前がついていればファイルの名前)みたいなこと。

 

検索×置換する場合

http://murakumo25.com/wp-content/uploads/2018/08/

 

このように固有の箇所だけ分割して検索&置換をしていけばOK。

それ以前の部分は変わらないから。(もちろん「murakumo25.com」の部分はこのブログのドメインなので、ここは各自のドメイン名が入るだろう)

※少なければ年の部分だけでもイケるだろうけど、それでも量が多くてエラーを吐くならさらに次の条件を指定していくという具合。

 

 

ただしこれは画像の場合。

 

 

その他のリンクされている文字列に「HTTP」が残っているとHTTPS化されない以上、全てを置換する必要がある。

 

 

だが大体は画像のデータが大勢を占める。

 

 

だから最初はこうして画像を全て置換してみて、しかるのちに普通に全置換を試みてみるのがよいだろう。

 

 

それでもまだ一括全置換するにはデータが多いということでエラーになる場合に、その他の文字列を探していくことになる。内部リンク。

 

 

つまりそれで残ってるのは「内部リンク」のみ。

※自サイトのページURL文字列のみ。(http://murakumo25.com/farcry5-blog-2/22495)とかの。

 

 

その場合は先ず検索だけしておいて(置換をしょうとするとエラーになるから)、

対象の文字列の検討をつけておき、

その文字列のパターンの変わるところから分割してあぶり出していけばOKかと。

 

 

というか内部リンクなら

 

http://murakumo25.com/

 

以外に検索のしようがないのかね。

 

 

これ以降の文字列(パーマネント)は記事固有のものだろうし、自分の場合は全てオリジナルでつけているから。

 

 

でもサイトによっては日付で自動にしている場合も多いようだし、

そんなサイトならやはり年とか月とかで検索できるだろう。

 

 

 

簡易備忘禄おわり。

 

これもうみなさんやっとるだろうから各省庁の公務員さん向け

 

 

おまけ

無職商船フライングニートマン号(https://murakumo25.com)

 

 

トップのロゴ画像がhttps化を妨げること多め。

 

 

なぜか置換プラグインの網の目をかいくぐって徹底抗戦をするのがこのロゴ画像。2つのブログを常時SSLにしたのだが、2回ともこのロゴ画像が最後に残ったエラー要因だった。

 

スタイルシートの記載、ウィジェット内の記載などなど……

 

そこらへんは抜かりなかったのに。

 

ロゴ画像なんて目に付きやすい画像だというのに。

 

とにかくなぜか置換プラグをスルーしやがるので(記事内じゃないからかな)、これだけ手動で張り替えることを推奨する。

 

一度ロゴから外し、画像を再アップし、またロゴに設定。

 

デベロッパーツールでも確認可能

「http」~始まる文字列が発見されたらそれが原因。そこから原因を突き止める。

 

ページの右クリックから「検証」から「Console(コンソール)」の項目でエラー項目が確認できるが、そこに「http」~始まる文字列が発見されたらそれが原因であると確認できる。

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(テスト)

-世界貢献的おやくだち情報
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.