ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵が無職のアラサーニートで人生を生ききることを良しとする類のブログを乗り回します。

自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造

【自転車の前カゴ交換】錆びてボロついたママチャリや通学用シティサイクルのフロントバスケットを安く新調する方法とおすすめ品

投稿日:2018年10月27日 更新日:

ボロサビなママチャリの前カゴ交換前

ボロサビなママチャリの前カゴ交換前

ママチャリ前カゴの交換方法へすぐいく!

おすすめのママチャリ前カゴたち(使うアイテムや工具の一覧)

ドデカゴくんの積載量(今回使用する前カゴ)

 

サビてボロボロで恥ずかしいから替えたい。

カゴが小さくて浅いから大きいカバンが入らないので替えたい。

買い物カゴをとにかくデカくしたい。

 

ママチャリの前カゴ交換後

ママチャリの前カゴ交換後

 

そんなこんなのママチャリ日常危機(ライフ・クライシス)に登場するのが「自転車の前かご交換」というイベントでございます。

 

 

とにかくカンタンだからやってみましょう。金具も付いてるし。

 

 

つまり新品だからキレイで恥ずかしくないし、デカいサイズのカゴだから入れたカバンが弾んで飛び出してしまう心配も少ないという、利便性の塊こそママチャリカゴ本来のパワーなのである。そして日々の買い物にバツグンの性能を発揮する。

それがママチャリの加護(真顔)

 

 

前カゴ交換に使う道具一覧

※スパナとプラスドライバーがあればOK(スパナは8ミリが基準/ドライバーは小さくない標準サイズ)

 

 フロントバスケットの厳選おすすめラインナップ

 

キホンの前カゴ

ふつうのカゴ

ヨコ幅

上部・約350(35cm)

底部・約305

タテ奥行き

上部・約285/底部・約215

ビッグサイズなカゴ ※今回使用品

ヨコ幅

上部・約440(44cm)

底部・約405

タテ奥行き

上部・約280/底部・約230

 

とにかくママチャリのカゴを新調するだけならコレ。

 

安いし、取り付け備品も全て付いてくるから安心。

 

ただし勿論サビに強いとは言えない。

 

安価な鉄製だがコーティングによって耐久力は上昇。ステンレス製には及ばないが「サビたらまた交換すれば良い」というコスパ高きアイテムでもある。

※材質は「鉄(スチール)」だがコーティングがされている!すこしはサビづらい!

 

でもとにかくお手頃価格。

 

安い。リーズナブル。コスパ高し。

ステンレス製ならこの3,4倍の値段しちゃう。

 

自転車の保管状況により、あるいはカゴ自体の個別の耐久力などなど、あるいはまた雨の日における使用頻度、海辺か否かというような状況次第で劣化の進行具合というものは変動するだろうけど、

 

 

「ここまでリーズナブルならその時また交換すれば良い」と思えるだろう。

 

 

手入れ次第で長持ちはさせられるだろうし、コーティングが剥がれたら別途塗布するコーティング剤などもあるだろうし。(それはそんなにオススメしないけどベタつきそうだし)まあそれらが面倒でも、なんやかんやととにかくまるっとリーズナブル。

つまりママチャリカゴの新調交換はリーズナブルに行えるということ

 

このカゴの(ドデカゴくん)デカさがすぐしりたい→

 

 

以下、その他の自転車カゴたち。

 

ワイドサイズ

自然なラウンドフォルム

ワイドなビックサイズカゴにしてはナチュラルな見た目かと。

デカいんです・デカーゴ

その名のごとくとにかく包容力の手広さを感じさせるチカラ強さ。デカイんです・デカーゴだもの。

 

優美なブラウンカラー

ビッグサイズ

ブリヂストンサイクルの基本的な前カゴスタイルならこれかな。デザイン的には。サイズはビッグ。

籐かご風

ナチュラルテイスト(OGK技研)

ポピュラーなデザインを保ちつつ、籠調子なバスケット感を演出させているね。

アジアンテイスト(ブリヂストンサイクル)

さらにアジアンビューティが木漏れ出ている。アジアの市場でドラゴンフルーツ盛られてるみたいなかんじ。

ワイドビッグサイズ?

ワイドなサイズだけど奥行きはそれほどないタイプ。学校カバンとかには良さそう。

 

そんなこんながブラウンカラー。

シティサイクルの王道サブカラー。

 

ブラウングリップ・「VELO(ベロ) SLIM LEATHER LOCK GRIP GP-VL-121

ブラウンサドル・「BRIDGESTONE(ブリヂストン) ソフトサドル L532BS ブラウン

グリップやサドル等と伴にブラウンパーツで統一するなら面白いコーディネイトになるかと存じます

 

錆びづらいステンレス製

※イメージです(画像は自分の自転車についていたものであり、以下の商品ではないけど…見つかったかも)

ブリヂストンサイクル

ノーマルサイズ
ビッグサイズ

やはり部活生に絶大な人気を誇る(?)ステンレスのビッグサイズ

 

とにかくタフ(おそらく現在日本最強カゴ)

というかウチの自転車に付いてるのコレなんじゃないのかな。ロゴの位置も同じだし。

だから15年もノーメンテでサビないのかも

 

やはりハイクオリティ製品となるとBSなのか。

 

以下、

定番ブランドたちのステンレス製品。 

アサヒサイクル

sentan(センタン工業)

 

やっぱりステンレスのモノ持ちは驚異的。

 

画像にある自分のママチャリ(2003年購入のブリヂストン通学用自転車アルサス)の前カゴはほぼサビていない。15年経過しても。家では雨だけは防げる屋外の半開きガレージに駐輪しているとはいえ、雨にぬれても特に拭き取らずガシガシに使っていてこの状態を15年間キープ。たしかに錆びない。

※とはいえ、ステンレス製だからすべてのカゴがそうであるかどうかはわからない。あくまで1つのデータとして記しておくよ。

とはいえ気持ち的には初期出費が安く済む方がラクなんだけどさ

 

 

以下、

今回の交換に使用した大きいサイズのカゴの内容量をチェック。

 

ビッグサイズのカゴとは如何に!?

それよりカゴの交換手順をすぐみたい→

学生向きなブラックメタルカラー・「アサヒサイクル アサヒサイクル D型特大バスケット(ワイヤー&メッシュ) ブラックメタル 18211

 

ドデカゴくん。

※取り付けに使うような金具はすべて付属する

(スパナやドライバーなどの工具はもちろん別途必要である)

 

誰がなんと言おうとそういう名前であるのならば私は呼んでいきたいと思う。ドデカゴくん(アサヒサイクル)とね。だってドデカゴくんなのだからさ。(SEO対策ではございません)ママチャリ自転車カゴとして最大級か。

部活生買い物ママたちの味方ドデカゴくん!!

 

【積載量】どれだけの物が入るのか?

2リットルペットボトル2本=入る

余裕の搭載量をほこる自転車カゴ

余裕の搭載量をほこる

 

ココらへんは余裕の搭載量。

 

2リットルペットボトル4本=入る

余裕の内容量をほこる自転車カゴ

余裕の内容量をほこる

 

余裕で入る。

 

2リットルペットボトル7本=入る

余裕の包容力をほこる自転車カゴ

余裕の包容力をほこる

 

流石に上辺44センチ/底辺40.5センチである。

 

デカいバッグ=入る

バッグもラクラク放り込めるビッグサイズな自転車カゴ

バッグもラクラク放り込めるビッグサイズな自転車カゴ

Amazonベーシック スリングバッグ 7.7L 一眼レフ用 ブラック
  • Amazonベーシック(AmazonBasics)
  • 価格: ¥ 2,780
  • 販売者: Amazon.co.jp

パンパンなボストンバッグ以外は入るでしょう

※パンパンなボストンバッグもサイズを測って諦めないで

 

見た目のサイズ感

新型前カゴに新調された買い物ママチャリ自転車

とにかく横に長い。縦も深い。奥行きはそこまでビッグじゃない。(バランスはよいということ)

そこまで場所を取らないギリギリのサイズ

そこまで場所を取らないギリギリのサイズ

 

ワイズはハンドル幅ぐらい。

 

よって駐輪場などで邪魔になることもなさそうな実用サイズに収まっているという印象。ワイドサイズらしく取付金具も通常2つのところ4つと補強されている。

これがママチャリ最大実用サイズの前カゴだ!(多分)

 

記事内フライングニートマンズキャノン(鶴翼の陣)

ママチャリンクユニット(鶴翼の陣)

 

以下、

ママチャリ前カゴの交換方法

 

前カゴの交換手順

ドデカゴくんのデカさについてしりたい→

スーパーボロカゴ伯母さんセレナーデ号

スーパーボロカゴ伯母さんセレナーデ号

 

それにしてもよくこの状態まで引っ張ったな。

 

うちの伯母さん。

これで買い物にガシガシ酷使しているらしい。別にカネがないわけではないらしい。やり方がわからなかったらしい。自転車屋に持っていくのをいつも忘れてしまうらしい。

それでも羞恥心はあるのでなにかのカバーを掛けてカモフラージュさせていたらしい。バンバン盗まれる駅でゼンゼン盗まれない無敵状態らしい。

そういうことでなぜか自転車屋みたいになってしまったニートマンに出動要請がかかりましたのでいってきます。

まさか自転車屋になるとは思ってなかったよボク

 

【概要】2点だけ交換すればOK

サビてボロくなったママチャリカゴ

サビてボロくなったママチャリカゴ

 

たった2点で交換可能なママチャリのかご。

 

ドデカゴくんのオフィシャル取説である。

ドデカゴくんのオフィシャル取説である。

※一応、公式取扱説明書

 

①ハンドルポストに付いているカゴブラケット部分。

(バスケットブラケット?)

②そしてフロントフォークから備え付けられているカゴ台座部分。

(バスケットステー?)

この2点のナットネジを交換するだけのお手軽感であります。

 

古いカゴの取り外し

「カゴ台座箇所」の取り外し

サビたカゴ台座取り外し図(前カゴ交換)

サビたカゴ台座取り外し図(前カゴ交換)

 

プラスドライバーでネジを外す。

カゴの底部にドライバーを突っ込んでクルクルと反時計回しに外すだけでございます。

 

取り外された画

+ このバスケットステー台座を交換するなら

27インチ用
26インチ用
小径車?

この部品もボロくなっている可能性があるので、そんなときは新品に交換するのも有効。(しっかし27インチは良いがそれ以外がはっきりしないのが困る。)

「カゴのないスポーツチャリ」のカゴ装着にも使うのではなかろうか

あらゆるパーツがここに集まる!

あらゆるパーツがここに集まる!

ホイール箇所交換記事・「この箇所を交換するにはフロントフォーク先端にあるナットを外す必要がある。つまりホイール着脱する箇所。」

これだけ

 

「カゴブラケット箇所」の取り外し

サビたカゴブラケット取り外し図(前カゴ交換)

サビたカゴブラケット取り外し図(前カゴ交換)

 

スパナで取り外す。

※今回は8ミリスパナで外したけれど、自転車によっては違う可能性はある。まあ規格はありそう。上記紹介工具で網羅できると思われるけど。

 

裏側を抑えながら回すのが効率高し。サビて古くなってくるほどそういうことがあるよね。

取り外された画

チャリ側のカゴブラケットはサビていない。(ここだけステンレスなのかね?)

チャリ側のカゴブラケットはサビていない。(ここだけステンレスなのかね?)

+ このバスケットブラケットを交換するなら

安価で使いやすい
サビづらいステンレス製

この部品もボロくなっている可能性があるので、そんなときは新品(ついでにステンレス製)に交換するのも有効。

「カゴのないスポーツチャリ」のカゴ装着にも使うのではなかろうか

まあただのママチャリ修理時には面倒だよね。

まあただのママチャリ修理時には面倒だよね。

ハンドル交換記事・「この箇所を交換するにはハンドル部分を抜く必要がある。」

それだけ

 

 

スッキリ状態のママチャリ。

昔のチャルメラ屋台の自転車っぽい。

昔のチャルメラ屋台の自転車っぽい。

ブラケットや台座は軽く清掃しておきたいね。

ブラケットや台座は軽く清掃しておきたい。

さあ新品を搭載や!

バタコさん風に搭載や!

「新しいカゴよ!」的な

 

 

新品カゴの取り付け

学生向きなブラックメタルカラー・「アサヒサイクル アサヒサイクル D型特大バスケット(ワイヤー&メッシュ) ブラックメタル 18211

「カゴ台座箇所」の取りつけ

+ つかう取付金具の詳細

オフィシャルの取り付け図面

オフィシャルの取り付け図面

各部品

カゴの上から順に、

  • ②ボルト(短) 4本
  • ③スプリングワッシャー 4個
  • ⑤ナット 4個
  • ⑥底板 2枚

※赤字はカゴの下側

カゴの上からはこんな感じ
ボルトとスプリングワッシャとやらとワッシャを指す

ボルトとスプリングワッシャとやらとワッシャを指す

カゴの下からはこんな感じ
⑥底板 2枚

凹みのある底板で挟む

湾曲箇所で自転車の台座スポークを挟むように取り付ける。

カゴ台座に取り付け図(前カゴ交換)

カゴ台座に取り付け図(前カゴ交換)

 

台座を挟んで固定する。

※勿論プラスドライバーで回して固定

 

凹みのある板部品を台座ステーにかますように。

凹みのある板部品を台座ステーにかますように。

取り付け図

やっぱりこれだけ

 

「カゴブラケット箇所」の取りつけ

+ つかう取付金具の詳細

オフィシャルの取り付け図面

オフィシャルの取り付け図面

使う部品

カゴの内側から順に、

  • ①ボルト(長) 4本
  • ④平ワッシャー 4枚(内4枚)
  • ⑦4つ穴段付板 1枚
  • ④平ワッシャー 4枚(外4枚)
  • ⑤ナット 4個

※赤字はカゴの外側

※緑字は自転車ブラケットの外側

カゴの内側からはこんな感じ
まずボルトとワッシャーをカゴの内側から差し込む感じ。

まずボルトとワッシャーをカゴの内側から差し込む感じ。

 

ここで自転車側のブラケットを⑦板で挟む。

 

カゴの外側からはこんな感じ

ブラケットの外側からワッシャとナットで締めればおしまい。

自転車ブラケットを挟んで固定するというわけ。

カゴブラケット取り付け図(前カゴ交換)

カゴブラケット取り付け図(前カゴ交換)

 

自転車のブラケットを挟んで固定。

※勿論スパナレンチで固定する

※図だといろいろ作業途中。ワッシャが2枚だけ付いていたり、ネジの回しが緩かったり。

 

ナットをしっかり締め込むには裏側をドライバーで抑えるのが大事。(いやナットを抑えているの?)

やっぱりそれだけ

 

交換完了図

新品は気持ちいい。

新品は気持ちいい。

 

さらにデキるようになったママチャリ。

大容量な積載量を誇るラージサイズフロントキャリアの換装完了です。

 

ハンドル以上は幅を取らないから駐輪場でも邪魔にならないはず!

「ハンドル以上は幅を取らない」から駐輪場でも邪魔にならないはず!

 

妹は防弾少年団ライブの遠隔操作型ライトの購入をしている。

16時から開始直後でぜんぜん買えないらしい

 

パナソニック通学用自転車SCORCHだった。

叩き落としてでも取り外すべきだったはずのボロカゴ。

叩き落としてでも取り外すべきだったはずのボロカゴだった。

数々の買い物をかいくぐってきたのか輪郭すらゆがんでいる歴戦感。

数々の買い物をかいくぐってきたのか輪郭すらゆがんでいる歴戦感だった。

元はパナソニック(パナレーサー?)製だったという証はなんとか健在。

元はパナソニック(パナレーサー?)製だったという証はなんとか健在だった。

うちのブケパロス号にも負けない14年モノヴィンテージ自転車。従姉のやつを伯母さんがそのまま使っていたのだとかね。

 

それから搭載量もぐーーんとアップ。

 

サイズもこれだけ違う!ただし奥行きはそんなに変わらない!

サイズもこれだけ違う!ただし奥行きはそんなに変わらない!

乗車目線からもど迫力なラージサイズフロントバスケット

乗車目線からもど迫力ラージサイズフロントバスケット

 

買い物にめちゃくちゃ使うらしい。

 

今回は久しぶりに妹と従姉のお家に向かって談笑イベント。せっかくだから妹にも撮影を手伝わせていたからちょくちょく入り込んでおりますがお気になさらず。

というか防弾少年団のライブライトを買ってるだけ。(しかも買えない)

 

※今回使ったカゴと工具のまとめ 

ブラックメタルの方がかっこいいか。

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

スポンサーリンク/記事直下型2連装無職砲

関連記事/広告もある(テスト)

改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。




ママチャリ快適化三種の神器

自転車ライトのオススメと比較!

タイヤの空気の入れ方はこれがベストな真実!

サドルを上げて快適ライディング!


ママチャリ使ったダイエット


チャリまとめ全集

自転車整備マニュアル

ママチャリ改造のやり方集

クロスバイクのおすすめカスタム集

マウンテンバイクの通勤車化

タイヤやホイールの規格あれこれ(クロス×ママチャリ×MTB)

中古フレームから組み上げるガイド(チャリパーツ大全)


改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。

 

-自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.