ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

通知用に飼われてるトリ

自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造

【ママチャリを高速タイヤに交換】車輪一式交換手順!自転車のホイール・タイヤ・チューブ・リムテープ交換&良コスパ品マニュアル

更新日:

 

「なんだかんだ言ってもチャリは脚が命!」みたいな。

 

いや「ただママチャリ自転車タイヤをメンテしたいだけやぞ」というテンションでお越しの皆様の為にキチンと「まともな情報」を提供させていただいておりますニートです。

ホイールからタイヤからチューブからリムテープまで、

シティサイクルや通学用自転車の「足回りの復活」を期した整備。あるいはママチャリ規格の細いタイヤなどを用いた単なる「ママチャリ高速化カスタム」まで使える内容となっております。はいニートですとも。

ニート=チャリ屋みたいな。

 

※高速化は27インチのママチャリのみ。

ここでは。

参考「シティサイクルタイヤ」パナレーサー公式

参考「街乗りタイヤ」パナレーサー公式

参考「【自転車のタイヤ×ホイール覚書】」

 

おすすめアイテム一覧

シュワルベのモノは少し高いけど評価が良いSCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】タイヤレバー(3本セット) 新モデル

※タイヤの取り外しと取り付けに必要なタイヤレバーも。ホームセンターのモノでも基本的にはなんでもOK。モノ自体の評価はシュワルベレバーがいい。パナレーサーは携帯性が高く安い。

★ホイール

★タイヤ

★チューブ

★リムテープ

 

ホイール

前輪/アルミ/27インチ

丈夫なステンレスアサヒサイクル ステンレス27インチ フロントホイール TFU27

前輪/アルミ/26インチ

丈夫なステンレスアサヒサイクル ステンレス26インチ フロントホイール TFU26

※この26インチホイールはママチャリ修理には使えるが「高速タイヤはない」ぞ

 

前輪はこれがベストチョイスでしょう。

というかこれしかないのである。新規に使う場合はこれということで、車輪を変えないなら関係ないね。

 

後輪/アルミ/27インチ/外装6段/ローラーブレーキ

丈夫なステンレスアサヒサイクル ステンレス27インチ 外装6段用リアホイール(ローラーブレーキ仕様) TBS67

後輪/アルミ/26インチ/外装6段/ローラーブレーキ

丈夫なステンレスアサヒサイクル ステンレス26インチ 外装6段用リアホイール(ローラーブレーキ仕様) TBS66

※この26インチホイールはママチャリ修理には使えるが「高速タイヤはない」ぞ

 

後輪を替えるなら「外装6段」×「ローラーブレーキ」が鉄板。

こちらも変えないなら関係ない情報だけれど、換えるのならばギアもブレーキも換えてしまうのがてっとり早い。特別高い値段でもないしね。

 

「アルミ」か「ステンレス」か?
軽くしたいならアルミ。丈夫がよいならステンレス。ママチャリならステンレスの方が丈夫で良いと思うけどね。まあ値段の推移を見て手頃な方で良いんじゃないか。あまり神経質になることもないだろうて。いまアルミ車輪で走ってるから何かあったら追記しよう。

→おすすめアイテム一覧へ戻る

 

 

タイヤ(ママチャリなのに細いタイヤだぜ)

ハイスピード仕様「27×1 1/8」(1.125)

ブラックカラーパナレーサー タイヤ パセラ ブラックス [W/O 27x1-1/8] 

推奨空気内圧太さビード径
「MAX 735kpa(約7気圧)」約「28C(28mm)」相当630(ママチャリ規格)

 

「ママチャリ高速化カスタム」ならこれでOK。なんと「7気圧」。

 

スポーツチャリの28C(クロスバイク標準)に相当する幅のママチャリタイヤ。日本のパナレーサーしか出してくれていないのでバリエーションは少ない(というかこれしかない)けど、ママチャリ規格のままでカスタムできるのは素晴らしいぞ。7気圧って700Cスポーツチャリ用の「ディスタンザ」よりも高いから驚き。

 

以下「その他の仲間たち」

 

スピード仕様「27×1 1/4」(1.25)

ブラックカラーパナレーサー タイヤ パセラ ブラックス [W/O 27x1-1/4] 

推奨空気内圧太さビード径
「MAX 665kpa」約「32C(32mm)」相当630(ママチャリ規格)

※ママチャリには合わないから注意!26インチのスピード仕様「26×1 1.25

ブラックカラーパナレーサー タイヤ パセラ ブラックス [H/E 26x1.25]

推奨空気内圧太さビード径
「455-700kpa」約「32C(32mm)」相当599(MTB規格)

26インチは少し複雑でパナのタイヤはほぼマウンテン用であるという。詳細は「後述」するぞ。とにかく26インチママチャリにはこのタイヤは合わない。ビード経の問題で。

 

「高空気圧」なら「フレンチバルブ(仏式)」
「高気圧タイヤ」の場合はチューブを「仏式バルブ(フレンチ)」にしないとその良さを活かせないから注意!英式だと漏れやすいみたい。

 

一般的ママチャリタイヤの空気圧は「300kPa(3気圧)」

3気圧ってかなり「だゆんだゆん」感じるんだよね。700Cタイヤの6気圧に乗っていると。だから「気圧が高いと転がりも良いし走りが軽快になる」のがすぐに分かる。「疲れにくい」「パンクもしにくい」というメリットが有るわけ。

 

タイヤの外し方や入れ方(※車輪を外す)

車輪を外し、タイヤを取り替える。

参考「パンク修理の半完全マニュアル」

 

→おすすめアイテム一覧へ戻る

 

 

チューブ

ハイスピード仕様「W/O 27x1 1/8」仏式バルブ

 

「ママチャリ高速化カスタム」ならこれでOK。そして「仏式バルブ」。

 

一般的な英式バルブは虫ゴムがウザいし。このフレンチバルブなら高気圧も入るし。とにかくこれやな。高気圧にするならフレンチなのだ。

 

以下「その他の仲間たち」

 

スピード仕様「W/O 27x1 1/4」仏式バルブ

 

「高気圧タイヤ」の場合はチューブを「仏式バルブ(フレンチ)」にしないとその良さを活かせないから注意!英式だと漏れやすいみたい。

 

※ママチャリには合わないから注意!26インチのスピード仕様「W/O 27x1.25」仏式バルブ

26インチは少し複雑でパナのタイヤはほぼマウンテン用であるという。詳細は「後述」するぞ。とにかく26インチママチャリにはこのチューブを使うタイヤは合わない。ビード経の問題で。

 

一般的ママチャリチューブは「英式バルブ」

英式はよく見かけるからみんなが知っているけど、「虫ゴムがウザい」点がある。これが破けると空気が飛んでパンクみたいなものだし、なんか上手くかぶさらないときもあるし。仏式や米式のほうが優秀なのかもね。頻繁に交換するなら安物でいいけど、「パンク修理を前提」にするならそこまでケチらなくとも良いかもしれない。あ、でも爆裂したり裂けるときもあるな。

 

チューブの外し方や入れ方(※車輪を外す)

車輪を外し、チューブを引き抜く。

参考「パンク修理の半完全マニュアル」

 

→おすすめアイテム一覧へ戻る

 

26インチにはママチャリ用とMTB用の「ビード径」があるから注意!

 
おっ!26インチのママチャリ高速タイヤもあるのかへへっ!
(*´∀`*)
 
だがママチャリ車輪には合わない!

 

26インチのスピード仕様「26×1 1.25

ブラックカラーパナレーサー タイヤ パセラ ブラックス [H/E 26x1.25]

推奨空気内圧太さビード径
「455-700kpa」約「32C(32mm)」相当599(MTB規格)

26インチのスピード仕様「W/O 27x1.25」仏式バルブ

 

これ注意!

 

【ビード経違い】ママチャリの26インチはタイヤの互換性に気をつける!

インチ数が合っていても「ビード経が合っていない」ことがある。上記のパナレーサー26インチタイヤは全て「マウンテンバイクの26インチ用」だという。

・ママチャリ26インチのビード経「630」

・マウンテンバイクのビード経「599」

各種ビード経参考情報「自転車のタイヤサイズを変更!互換性と選び方は?」irodoriworld.com さま

だから合わないという。これはAmazonなどの商品情報では確認しづらいので注意とのこと。実物には記載されている。

パナの公式で数値確認できる
参考「シティサイクルタイヤ」パナレーサー公式
参考「街乗りタイヤ」パナレーサー公式

 

お問い合わせフォームから“さすらいの職人”「井上」さまにお教え頂きました。

「惜しい」て。

m(_ _)m

情報に感謝いたします。

世界が良くなりました。

 

※このママチャリコーナーは「自分がカスタムする際に調べた情報」を元に展開しております。実際に行ったカスタム情報には実践知がアリますけれど、そうでないものはキホン的に理論上の情報になりますからあしからずに、信用しすぎずご参考の1つにしてくださいませ。

 

 

リムテープ

27インチ

スタンダード(推奨)

Panaracer(パナレーサー)リムテープ18mm

15mm幅パナレーサー リムテープ Poly-Lite [W/O 700C×27 15mm] ポリウレタン

 

ハイプレッシャー(高気圧用)

SCHWALBE(シュワルベ)リムテープ18mm

16mm幅SCHWALBE(シュワルベ) ハイプレッシャーリムテープ(2本入) 700C用 16mm幅 FB16-622【正規品】

※700C用はママチャリ27インチに使用可能

※このシュワルベリムテープを使う場合は「仏式バルブのチューブ」にしておこう!高気圧用だから!

 

26インチ

スタンダード(推奨)

15mm幅パナレーサー リムテープ Poly-Lite [H/E 26×15mm] ポリウレタン

ハイプレッシャー(高気圧用)

14mm幅SCHWALBE(シュワルベ) ハイプレッシャーリムテープ(2本入) 26インチ用 14mm幅

※このシュワルベリムテープを使う場合は「仏式バルブのチューブ」にしておこう!高気圧用だから!

 

基本は「パナレーサーのモノでOK」
ママチャリ高速化の場合に細いタイヤを使用するならば高気圧になる。だからハイプレッシャー用のほうが良いのだけど、このシュワルベリムテープは固めなので位置調整しづらい点がある。パナレーサーのものだと調整もしやすく初心者にも安心。やる気があるならシュワルベでもOK。できないこともないから。
幅は15mm~18mmでいいでしょう。
幅が狭いとタイヤの中で「ズレてきて」結局はダメになる。前に一般のもの(12mm)を使ってそうなったからガムテで補強していたし、700cホイールでもシマノの18mmが巻かれていたから「基本広い方がいい」と思われる。※ただあまりにもリムの幅が狭いなら14mm、15mm、16mmも検討する必要があるだろうけど

 

一般的ママチャリリムテープは「12mm」

これは自転車をいじりだして初期の頃に使ってみたが、「使いにくい」の一言に尽きたぜ。幅が細いからなのかどうかは分からないがあまりにも使いづらかったのでガムテープで補強していたあの頃。

 

リムテープの取り付け方(※車輪を外す)

車輪を外し、タイヤを外し、チューブを取り、リムテープを外す。

参考「リムテープの巻き方(交換)」

 

 

スポンサーリンク

 

以下、おまけ情報

 

コスパセット

27インチ

THE・普通

推奨空気内圧太さ
「MAX 300kpa」約「37C(37mm)」相当
チューブキャプテンスタッグ オッフル タイヤチューブD×英式バルブ 27×13/8 Y-2589

高気圧でスポーティに!

推奨空気内圧太さ
「MAX 665kpa」約「32C(32mm)」相当
チューブパナレーサー チューブ [W/O 700x31~34C/27x1 1/4] 仏式ロングバルブ(48mm) 0TW700-32LF-NP

※ママチャリには合わないから注意!26インチ

推奨空気内圧太さ
「280-455kpa」約「37C(37mm)」相当
チューブパナレーサー チューブ [H/E 26x1.50] 仏式バルブ(34mm) 0TH26-15F-NP

26インチは少し複雑でパナのタイヤはほぼマウンテン用であるという。詳細は「前述」しているぞ。とにかく26インチママチャリにはこのタイヤは合わない。ビード経の問題で。

 

タイヤは消耗品というほどでもないから頻繁に交換をしない。だから「それなりに良いものを買ってもいい」と思う。

 

“低コストチューブ”27インチ「W/O 27x1 3/8」米式バルブ

参考「米式バルブの使い方」TAKAよろず研究所 さま

レアな米式バルブだがAmazonだとこれが最安ママチャリチューブ。

“低コストチューブ”26インチ「W/O 26x1 3/8」英式バルブ

 

両輪フルセットなら(タイヤ2本チューブ2本)

27インチ「ブリジストン/マイティロード」

26インチ「(パナレーサー/スーパーハードタフネス」

 

激安フルセット

ちょっと怖いけど「怖いもの見たさ」で買ってみてハズレを引かなければラッキー商品か。ただ「タイヤはそんなに交換しないのだからそれなりな良品を買っても良い」と思うぞ。

売りたいオーラがでています。

 

 

PCの場合に表示

 

「車輪一式セッティング」のながれ

 

「ホイール×タイヤ×チューブ×リムテープ」まるまる一式の「取り付け手順」だ!

 

※個人的によく使う「パンク修理の時の方法」でやっていくぞ

「車輪の取り外し」は心得よう。

★「前輪・後輪のラク~な付け方と外し方/おすすめスッキリスタイル提案。」

車輪にリムテープを巻いておこう!

★「リムテープの巻き方の秘ワザ『フォールダウン嵌め』」

 

①まず「タイヤ」を「片側だけ」入れる

まずはタイヤをホイールに装着する。そして「片側だけ」をすべて入れていこう。

 

②「チューブバルブ」を入れる

次はチューブだ。チューブの「バルブ部分をホイールの穴に」入れていく。

 

③軽く「空気」を入れ「チューブ」をスルスルと入れていく

次はチューブを全部入れる。ただし、タイヤで噛まないように「軽く空気を入れてから」スルスルと入れていこう。

タイヤで噛まないようにスルスルと全部入れる。

そこまでシビアに注意するほどでのことでもないが、一応こうしておけば事故率は極端に引き下がるだろう。

 

各バルブの扱い

パンク修理も参考に「自転車パンク修理方法の半完全マニュアル」

米式はこちら「米式バルブの使い方」TAKAよろず研究所 さま

ママチャリバルブ 英式バルブ  空気抜き方 空気入れ方 パンク修理方法 ママチャリ 自転車 700Cタイヤ クロスバイク

英式バルブ構造

ママチャリ自転車は英式バルブが一般。虫ゴムがウザいんだよねこれ。当たり前に使ってる形式だけどフレンチバルブを使ったら戻れない。

仏式バルブ フレンチバルブ 空気入れ方 空気抜き方 パンク修理方法 ママチャリ 自転車 700Cタイヤ クロスバイク

仏式バルブ構造

「ママチャリ高速化」のために細いタイヤとチューブを使うならば「この仏式(フレンチバルブ)が基本」になるぞ。英式だと高気圧を入れられないのだ。(仏式が6から7気圧なのに対して英式は5気圧がせいぜいで大体は3気圧チューブが多い。)

 

④【最後の難関】タイヤをうまいことハメて完了!

上から「ギュッ!ギュッ!」と押し込んでいく感じ。

 

最後の聖戦!ラスト・イン・ザ・タイヤ!

 

チューブを収め、さあタイヤも嵌めて完了だ!と行きたいわけだがそうはさせじと「うわ最後ハマらんやん(笑)」状態になるのがお決まり。

 

工夫して嵌めていこう!

ギュッ!ギュッ!ギュッ!ギュッ!

片手でタイヤを潰し「ぎゅいーーん」と回し込む。もう片手でタイヤレバーを上から「ギュッ!ギュッ!」と押し込んでいく。これしかない。

※親指などで無理に押し込んだりすると「指が痛くなりすぎるので力業は程々に」して「うまいこと」やっていこう!

 

シュワルベのタイヤレバーは評判が良い

それでも「なんかタイヤ交換苦手だなあ」という意識を持ってしまう場合には、コイツを用いると多少は楽になるかもしれない。つまりちょっと良さげのタイヤレバーである。

 

おまけ

「英式バルブのチューブだと5気圧くらいまで」しか入らないみたい。

せっかく「高速仕様のタイヤを使うなら6気圧くらいは入れたい」もの。

 

仏式バルブを使うのが良し!!

 

※よく「ママチャリを快適に乗る方法」などで「空気をパンパンに入れよう」みたいな情報があるけれど、「3気圧が平均のママチャリタイヤでそれをやりすぎるとチューブが破裂する」から注意だ!!なったぞ(笑)!!だから「空気入れはエアゲージ付きがおすすめ」だ!!

高空気圧パンク サイドカット チューブが裂けた パンク修理方法 ママチャリ 自転車 700Cタイヤ クロスバイク

パンク修理も参考に「自転車パンク修理方法の半完全マニュアル」

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

改造ママチャリで山道走破に挑んだ4748日越しの記録とキャンプの旅。

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

-自転車/ママチャリ/クロスバイク/カスタム/改造
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.