ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニート1万円生活。自殺帰還者がその後をニートで生きたひきこもり無職のお話日記的『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

【漫画みたぞ!】ニートじんせい体験紀行できるすんばらしいお話。とあるニートの日常(ウェブ漫画)

      2016/07/05

20151008005937cc5
↓ウェブ公開漫画(毎日更新だそうだ!)
 「とあるニート・フリーター達の日常」
選択肢があってそれによって違う展開のルートを生きる主人公の漫画で「なにが起こってもいい」非常におもしろい漫画。
↓作品ホームページ banner_201510080106324b1.gif
 

「これって結局どうなっても良いんじゃないか?」の快感。

まずこの漫画にはあまりテーマ性のようなものを感じない。

いやもちろんいい意味で。

そして勿論それはあるのだろうけど。

でもそう感じさせない自然感というか行き当たり感というものがあった。 つまりあるテーマにそって「こういう結論にしたい」とか「こういうことを伝えたい」というようなある種のメッセージ性のようなものを感じなくてすむ。

いやもちろんいい意味で。

そしてそれは勿論あるのだろうけど。

でも本当に「イメージでなんでもありそうなことを描きましたが基本で、とくに意味のないような描写が多いから展開を読まずにすむというかなんというか。

いやいい意味でね。

誘導されにくいというかなんというか。「こういうこと感じてほしい」というような主導的な力よりも、「ただそういう状況の人の無常を描いた感」によって「ただ見ていることができる。」

いやいい意味で。

なにかこうやはり特定のメッセージというよりも、その物事をただ眺める楽しさがある。こういった題材だともっと社会性やメッセージ性が強くなりがちで「さあ考えよう」的な、たしかにそれは有意義だけどそんなのばかりでもうんざりすることが自分にはあった。 でもこの作品はなんか眺めていられる感がある。

いや、そこから何事かを感じたり教訓としたり出来る部分はめっさあるのだ。

あるのだけど、

「これって結局どうなっても良いんじゃないか?」

と思ってならない。

これこれこうなってこれがこうだからこういうのはアレだよね。

とかじゃない。

「こうなったらどうなるんだろう?」

的にそのイメージをありありと描いているという感じが押し付けがましくなくて気持ちいい。 うん。んなんか言い表せたようなそうでないような。 わりと人が殺されちゃうけども。

 

新鮮味ザ・ワールド27

bandicam 2015-10-08 00-54-50-616 「とあるニートの日常」 

ニートが殺人にまで絡んで10年服役したあとの展開が濃い。

bandicam 2015-10-08 00-56-20-955  「とある犯罪者の日常」

まず1つのルートとしてニートが殺人的なことをする。

それはそれはドン引きしてそいつのことなどもう「さっさと終われ」くらいに思ってしまうほどのことをこの主人公ニートはやらかす。普通なら「こうなるまえになんとかしよう!」的なことで終わりそうなのに、

続き、なおかつかなり生きていく。40歳の前科者として。

殺人にまで絡んでしまったニートで40越えるオッサンの物語があそこまで長く続くとは自分にとっては新鮮。

※2015年現在まだ続いている

 

アルバイト編のこゆいデバッカー世界。

bandicam 2015-10-08 00-53-07-817 「とあるフリーターの日常」 
アルバイトする選択肢によって突入するルートではゲーム会社のバグ発見アルバイトをするのだけどこれがまた内容が濃くておもしろい。
 
だってデバッグだよデバッグ。ゲームの不具合を確認するアルバイト。
 
でもその中でのバグの発見の仕方の優劣とか、
 
バイト仲間とのコミュとか、
 
主人公のとくに意味のない挙動とか。
 
デバッカーの世界ってこんなんなのかーと。
 
なんか自分には新鮮。
 
※2015年現在まだ続いている
 

バイト辞めてネトゲ廃人になる展開の意味不明さ。

bandicam 2015-10-08 00-49-08-037 「とある???の日常」 

上記のバイトを辞める選択肢も出てくると突入するルートではネトゲ廃人化する。

とんでもない殺人者級(級というかそのもの)の人とか出ちゃうし、

めっちゃなついてるかわいい学生とか、

ゲーム内通貨売買事件とか、

とにかくいろいろ起きて終着地点が分からない感じをダラダラみるのがなんか新鮮。

さらちゃんかわええ。

※2015年現在まだ続いている

 

ていうかジャンプでやってほしいわ。

 

注意点

ただ現役ニートの方など、この漫画の主人公・仁井透(にい とおる)くんの思考に感化されて

「自分ダメだなあ」

と思いすぎてしまうと非常にまずい気がするけどね。

こういうのを客観的に見て危機感を想起させるのはいいけど、

必要以上にやると「屍に鞭打つ」ことになりかねないから。行動してるって人はそれ以上責める必要ないと思うしね。

「自分もこんな感情になってしまうなあダメだなあ」とか思い過ぎないことですな。

↓ウェブ公開漫画(毎日更新だそうだ!) 
「とあるニート・フリーター達の日常」
選択肢があってそれによって違う展開のルートを生きる主人公の漫画で「なにが起こってもいい」非常におもしろい漫画。
↓作品ホームページ banner_201510080106324b1.gif

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

 - 人類が遺せる最大の知性として私は『本』を読む, 真剣20代あそび場!!!!