ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

デスペラード時代

【外に出れないニート】このパソコン時代に書かなければならない漢字のやっかいなことよ。

投稿日:2015年10月16日 更新日:

document-428334_1920.jpg
 
ニートは漢字書けませんから外に出れません。


とかいうと名誉毀損で訴えられそうだけれどもニートはそんな体力もないからまあええでしょう。

先日、家の猫がおめめを腫らしてたんでお医者さんにGOしたんだけど、

やはりそこでは受付という関門がある。

当然いろいろあることないこと書かされるわけだけど、

「昔は意外と漢字が書けなかったなあ」

というところ。今は書けるからなんてこともないんだけど。

いや自分のプロフぐらいは。

 

「昭和」という漢字すらあやういから人前で文字を書くのが恥ずかしくなる。

オレは昭和産まれ。

昭和最後の男。

生きた時代は平成だし、

平成と年齢が同期するほど平成男なのに産まれたのが昭和ってだけで昭和の男にされるオレです。

ラストサムライとか呼んでおけば気分が良くなるね。

「昭和」なんてほんとうに簡単な字なのに見てるだけでは書けず、

 

いざ書く!となったら意外と書けなかったりする。

 

パソコンでどれだけタイピングしていてもぜんぜん覚えられない書けない漢字たち。なんにせよ手書きの辱めを受けさせられることってお外に出るとある。

役所なんてそうだし、パパっと受付してもらいたいところはだいたい手書き。

でもそんな「小さな自分の弱み」がきっかけでひきこもりが長丁場となって神話へと突入していくことだってあるのだ。

笑い事じゃあない。

そんなことで神話に入られたらたまったもんじゃあないオレの人生。

まあニートだから書けないっていうか、

そういった活動もしていないから、

慣れてないから書けないようになってってこと。

 

手書きゲーム企画書を送り続けて覚えた奇縁。

そんな愉快犯をしていた時代に慣れたプロフ漢字たち。

住所氏名年齢生年月日とか、

あとは最初は全て手書きの企画書だったから

PSPの変換機能で探したり

兄貴の部屋の国語のアレでアレしたり。

まあ今はめっきり書かなくなったからプロフ以外は忘れてるかもしれん。

ていうか忘れてるなうん。

 

でも大体プロフ系統のことしか書くことはないからそれだけでも書けるようにしておくと意外と便利よ。

 

自分に少しでも弱いところや負い目があると活動力って本当に鈍る。

 

それを事前に自覚していればなおさらで動き辛くなってしまうから。

ニート脱出が必要かは別としてもそんな手間もかからんしやっておくといい。

手書きのゲーム企画書はお勧めできないけど。

そんでもって最近はタブレットでのペン書き頻度が上がってるようだから意外と手書きするようになるのかな。

 

まあ、

猫のお医者さんでは妹に受付させたんだけどね。

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

 

 

フライングなニートマンの著作書籍

 

★ニートの自伝

 

13歳の少年労働兵

「不登校×少年労働」編

愚か者の人生戦記第1弾は「生まれてから13歳で少年労働兵と成ってご活躍される」までのお話。既に中年サラリーマンの如き「労働と報酬の日々」を過ごしたひとの末路へつづく。

 

やることない体験記

「ニート×無目標」編

愚か者の人生戦記第2弾は「ニート化成った18歳から21歳までのやることがなかった」ころのお話。「仕事がなくなると人は一体何をするのだろうか?」という実験データに近いモノあり。

その後もニートだし今も半ニートなんだけどね

 

★「もしもこうだったなら?」ロールプレイング

 

シャケ弁労働者した元ニートの話

「もしも、ふつうに働いていたら?」

なシミュレーション。「シャケ弁食って働いて妹たちとゲームでもしているっていうのも良いのかもなあ」の未来を想った。

 

フェアレディZで通勤したキノコ工場で正社員してやることなくなった話

「もしも、そこからさらに正社員で働いていたら?」

なシミュレーション。「結局なにすれば満足なのコイツは」的な叙事詩が紡がれた。ある意味人間失格。

 

31歳までフリーターして落ち武者した話

「もしも、ならばフリーターしながら好きなことを目指していたならば?」

なシミュレーション。今に一番近いスタイルではあったけれども。

 

不登校から復帰して労働徴兵されるまで大学に隠れた話

「もしも、ふつうに学校へ行っていたならば?」

なシミュレーション。もうそこまで遡って人生を最スタートさせてみても結局のところ結末は同じだったというオチ。学校へ行く意味を分解してみたやつ。意外と一番のお気に入りコンテンツに。「労働戦士恐るべし。労働徴兵許すまじ。」

 

-デスペラード時代
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.