ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

デスペラード時代

【ニートの戦い】欲望と恐怖と自尊心はどんな人間をも動かせる便利な最新テクノロジーてこ棒である。

投稿日:2015年8月19日 更新日:

bandicam 2015-08-30 02-45-19-361  
前2回
 
 
 
を前提としたここからが本番。
 
 
そしてそれらの前提を一言で言うなら、

「その状態にいる自分を責めて苦しんでいる」のだ。
 
これ以降は自分がその時どのようにして、
 
 
自尊心を保ち、
 
気力を生み、
 
恐怖し、
 
活動し、
 
自信を持ち、
 
やる気を持ったのか。
 
 
それを記して伝えていく。
 
 
何にために?
 
 
ではなくて、
 
 
「その得も言えぬ苦しみ」に対抗するには、結局それだけの行程を経なければならなかった。
 
 
 
 
 
 
 

「欲望と恐怖はどんな人間をも動かせる便利なてこ棒である」 (ナポレオン)

 
やりたい事を見つけられない。
 
先ず人間とはそうそう「人生の目標」とか「生き甲斐」とか、
 
将来的に自分が人生をかけて目指そうというものは無いものである。
 
まだ若い頃というのならばなおのこと受けた影響や刺激が少ないから当たり前といえる。
 
 
さらにひきこもりニートの状態にいるような人間にとってそれはなおさらで、
 
人間関係どころか意識さえも孤立してしまう。
 
 
それ故に、
 
自分の今までの小さな世界の中ですべてが完結してしまう中に半永久的に留まることになってしまう。
 


「自分の小さな頭の中だけで生活するだけ」
 
 
 
それではやりたい事や目標など見つかりっこなく、
 
それによって生まれる欲望に引っ張られて、
 
そこに能動的に活力を持って向かうことなど出来ない。
 
 
人を動かすのが「欲望」と「恐怖」であるならばこの時点で半身を失っているのである。
 
 
そして此処ではもっぱら「欲望」について伝えていきたい。
 
「恐怖」については特別にまた取り上げることにするが。
 
そしてまたコレにもう一つの要素を加えたいがそれはやはり「自尊心」である。
 
 
 

人を動かす「欲望」と「恐怖」と「自尊心」

 
欲望があっても自信がなければ羞恥の感情が行動力を大きく鈍らせる。
 
自分自身を尊べる気持ちが自分の欲望も素直に認めることができる。
 
これは潤滑油のように摩擦から生じる熱を軽減してくれるようなもの。


※イメージ図はてきとーだぞあくまでイメージ。支点が2つあるわけではないぞ。

つまり「人間は恥ずかしいと思うことは出来ないしその状態にいることも嫌いなのだ。」
 
だから自分も嫌いなのだ。
 
そしてそんな人間は何をしてもいけないと思うのだ。
 
 
 

欲望の流れ「活力」→「やる気」
自尊の流れ「行動」→「自信」

何事にも段階というものがあって急に大きくて高くて強度のあるものにはならない。

 
 
小さなものから大きなものへ。
 
単純なことから複雑なことへ。 
 
従属的なものは本質的なものへ。
 
 
常にこの段階を経る。
 
前置きが長かったが、
 
まず上記のように自らにやる気や自信をつける行為というのは行動力を必要とし長丁場となる事が殆どだ。
 
そこにたどりつくには最初の段階が存在する。
 
 
つまり
 
「自分はどのようにして自尊心を保ったか」
 
「自分はどのようにして活力を得たか」
 
ということを記す。
 
 
つまり行動していくために必要な力の入手法なんだ。
 
 

 

→「ニートの活力」

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

 

 

フライングなニートマンの著作書籍

 

★ニートの自伝

 

13歳の少年労働兵

「不登校×少年労働」編

愚か者の人生戦記第1弾は「生まれてから13歳で少年労働兵と成ってご活躍される」までのお話。既に中年サラリーマンの如き「労働と報酬の日々」を過ごしたひとの末路へつづく。

 

やることない体験記

「ニート×無目標」編

愚か者の人生戦記第2弾は「ニート化成った18歳から21歳までのやることがなかった」ころのお話。「仕事がなくなると人は一体何をするのだろうか?」という実験データに近いモノあり。

その後もニートだし今も半ニートなんだけどね

 

★「もしもこうだったなら?」ロールプレイング

 

シャケ弁労働者した元ニートの話

「もしも、ふつうに働いていたら?」

なシミュレーション。「シャケ弁食って働いて妹たちとゲームでもしているっていうのも良いのかもなあ」の未来を想った。

 

フェアレディZで通勤したキノコ工場で正社員してやることなくなった話

「もしも、そこからさらに正社員で働いていたら?」

なシミュレーション。「結局なにすれば満足なのコイツは」的な叙事詩が紡がれた。ある意味人間失格。

 

31歳までフリーターして落ち武者した話

「もしも、ならばフリーターしながら好きなことを目指していたならば?」

なシミュレーション。今に一番近いスタイルではあったけれども。

 

不登校から復帰して労働徴兵されるまで大学に隠れた話

「もしも、ふつうに学校へ行っていたならば?」

なシミュレーション。もうそこまで遡って人生を最スタートさせてみても結局のところ結末は同じだったというオチ。学校へ行く意味を分解してみたやつ。意外と一番のお気に入りコンテンツに。「労働戦士恐るべし。労働徴兵許すまじ。」

 

-デスペラード時代
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.