ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

無職長征一万光年旅記

それしか感じられなかったというならばそれだけの感性だったというだけのことさ。

投稿日:2015年12月5日 更新日:

smartphone-407108_1280.jpg

 

一応、2015年の今年にやっておきたかったことの一つとして「いろいろやっていろいろ読んでいろいろ観る」というものがあった。

 

そう年始めには。

 

「ゲームとの決着をつけたい」とかもほざいていたし。なにが行われるの?ってな具合の。なんかよくわからないけど辞めとけば?ってな具合のね。

 

それがこの体たらく。

(ノ∀▼)ペシッ

 

まあ繰り上げで来年やること先にやっていた一年だったと思うしかなかろう。

 

なかろうて。

 

でも映画イッキ見だけはやってみた。まだ観ておきたいものはあれどもとりあえずはいいかと。 すぐやりゃあいいんだよね直ぐさ。

 

 

なんかあんまりシゲキにならない。

 

映画って短すぎるんだよ。

 

当たり前だけど。 短編としての芸術性はあるんだけど、 短いからそんなにいろいろ知れない。 そういうふつうのコトなんだけどね。

 

特に「安易な恋愛表現」による「チュー」と「家族のために」シーンの割合が多すぎるのだ。

 

大衆受けしなければいけないからそういうことになっているのか、はたまた単に短い中で理由と動機付けのために入れている要素なのかはしらんけども、

 

それでもってかれるよ。

 

2時間のうちの結構なところが持ってかれる。

この理由はただの個人的な愚痴だけど。

それ自体はおもしろいんだけど、

「シゲキ(刺激)」という点では映画はあまり効果的ではないかもしれない。

もちろん人による。

 

うーーーん。

 

いやむしろそれが刺激というものなのかな。一過性の。

 

うーーん。

 

自分の気に入ったシリーズ物のアニメなり漫画なりゲームなり、

シリーズ映画なりを観るほうがいいかもしれないね。

ちょっと観て気に入ったら時間かけてシリーズを追っていく方が自分に影響のあるものになってくれるような。

全体の数が少なくてもさ。

 

でもなにげなく気休めのために映画をボーーッと、

今自分が考えていることを照らしながら、

でもボーーッと観ると、

気分転換になったり意外な視点が見つかったりはするんだけどさ。

 

なにげなくその時その時でふらっと観るのが一番よさそうだ。 映画は。

 

でも金ないから一気に借りちゃうほうが安いんだよね。

楽天レンタルではだけど。

街に繰り出して借りに行くのはなんかめんどいし。

金曜ロードショーをアレするかな。

 

いや映画がつまんないってことじゃないよ。

 

あくまで自分が今シゲキに使う分にはビミョーだったって話。

そして「それしか感じられなかった」というだけで、

感じる人は大いに感じるだろう。

映画で人生変わったって人も居る。

 

受け手の問題。

 

自分がそれしか感じられなかったというならば それだけの感性だったというだけのことさ。

というかイッキ見はよくないね。

疲れる。

経済的にはいいけども。

 

でもそれなりにはいろいろ思った。

 

観て、

思った。

思わせられた。

 

どっちなんだ。

 

 

今回のおすすめ。

 

おすすめは『サブウェイ123激突』だよ。

 

今回観ていないものをおすすめするよ。

そんな外道だよ。

いつか金曜ロードーショー的なもので観たやつだよ。

電車ジャック犯とただの駅員との交渉劇。

しかしスリリングでありながら「人間と人間」の交流がみどころ。

今回観たものだと『ブラッド・ダイヤモンド』と『ブレイブハート』を。

みんなおもしろいけどね。

 

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

-無職長征一万光年旅記

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.