ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

通知用に飼われてるトリ

ひと枠に込めた世界の『ザ・ムービー』

変な撮り方だことッ!!!!!『バードマン(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

更新日:

bandicam 2015-11-19 16-58-55-372

『バードマン(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

あらすじ(2014年公開) 落ちぶれたかつての大ヒット映画『バードマン』の大スターだった男が舞台演出兼監督兼役者で再起をかける。

みどころ 「なあ、頼むからプレビュー公演で揉めたくらいで新人みたいにヴィヴィるなよ!!!!」

bandicam 2015-11-19 16-30-19-470

『バードマン(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

タイム誌の批評を書いて「ニューヨークの劇場は奴が褒めればロングラン。叩かれれば打ち切りだ。」と云われる批評家に、役者魂のみで宣戦を布告する男。

が、元バードマンに焼きを入れるシーン。

役者や演出の熱い表現話と心の弱さやいろんな雑念プレッシャーを混ぜあわせた何かに火をつけて燃やしたみたいな「熱さ」を感じた。 というのが自分にとってのシゲキだったかな。 何いってんのか分かんないか。 そういう映画でもないんだろうし。 そういう映画ならもっと他にもあるだろうし。

 

みどころ フェードアウト&フェードインのない 変なカメラワーク

bandicam 2015-11-19 16-56-33-473

『バードマン(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

主人公による演出兼監督兼役者による舞台がメーンなだけあってか、 映画のシーンの流れもそれっぽくなってるね。

 

シーンが全てつながって流れていって、 画面の外から次々に登場人物が出現して新たなシーンが生まれていく。 やはり舞台のように。扱うのが舞台だからカメラワークも舞台に?

 

だから何が良いのかはわからないんだけどね。 そういう専門的な技術的なことはまーたくわからないんだけどね。 映画にはめっぽう素人なもんだからね。いやすべてにおいて素人なんだけど。 

ただなんか自分は新鮮だった。 撮り方でこんなに印象が変わるのか~っと。 NHK大河『龍馬伝』の顔アップスタイルも面白かったっけそういえば。

 

シゲキ

基本的には古典的のように思った。

「落ちぶれた大スターが再起をかけて表現に挑むも、何が価値あることなのか?と葛藤し奮闘する」

って。 まああとは無駄な性描写は必要なのかなって所か。 万人受けするのかな性描写は。 みんながわかる共通の話題がそれくらいしかないのかもね。 とにかく役者魂の熱さにはシゲキを受けましたな。

※結局「アレ」は本当に「アレ」が使える人だったってことでいいのかな。心相描写じゃあなくて?

 

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(吹替版)

Amazonビデオ

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。 にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

-ひと枠に込めた世界の『ザ・ムービー』

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.