ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

ニートダイエット

【シューズ選びの真理】おすすめダイエットジョギングシューズの変わらない選び方の法則。

投稿日:2016年10月5日 更新日:

ランニングシューズ おすすめ ジョギングシューズ 選び方

 

「この業界にはどんなシューズがあるんやろうか?」

 

という入門者さんたちへのシューズの選び方。

 

「減量ダイエットスロージョギング時のヒザへのダメージ」に考慮した靴や、

「気分転換ダイエットランニング時の楽しさ」を考えた靴が主。

 

どっちに当てはまるかはあなた次第。

 

「ニートダイエット」ニート生活におすすめなリラクゼーション運動としても活躍が期待できるランニング。あるいはジョギング。このブログでも推しているわけですけれども。

まあ何の靴を履いたっていいんですけれども。

底の硬い靴で3ヶ月とか走っていたこともあったし。いやそりゃランシューなどのジョギング靴や運動靴が絶対的に好ましいけれどさ。とりあえず走れれば何でもよかったりはするのであるが、

オススメも勿論あるものだ。

最初にジョギングを始めた時(2006年)は「どんな靴があるのか」なんてまったく知らなかったものだけど(なんか店員さんとのコミュには自信がなかったし)、しかし今やネットで情報は手に入る。そして重ねられた試履と10年。

安モノ買って3ヶ月で履きつぶすか。良いものを数年履くか。

知ってるのと知らないのとではそんな違いがあるのでありますよ。かれこれ10年のジョガーである僕が、この日本ではすでに決まりきっている方程式的なランニングシューズの選び方と名作シューズたちをまとめてみようではないか。

初心者&ファンランナーが履くための選び方とオススメシューズたちのまとめと個人談。

 

【黄金定理】日本のスポーツメーカー最下グレードシリーズがおすすめ

初心者は「アシックスの最下グレードシューズ(ロードジョグなど)」4000千円くらい!

ジョギング初心者のシューズはこれだ!

bandicam-2016-11-29-10-21-01-589
bandicam-2016-11-29-10-20-38-944 

「JOG100」asics

走快感クッション性
★★☆
買うべき人 
初心者はじめたてちょっとやってみた安いのがいい
店舗で試履した感想「JOG100(2016)」
スペック評印象短評
踏み込み部推進-
ヒザ-
かかと周辺部フォーム-
足裏-
フィット感-
アンクルホールド感-
耐久性-
総感とにかく普通にフラットな履き心地。柔らかすぎず硬すぎず。

「踏み込み部」…推進力/ヒザダメージに関係する印象。「かかと周り底辺部」…フォーム改善/足裏ダメージに関係する印象。「フィット感」…柔らかさに関係する印象。「アンクルホールド感」…足首がサポートされるかどうかに関係する印象。耐久性…持ちがよさそうかどうかに関係する印象。

メンズ『“みんなここから”JOG100』/最下最安グレードシリーズ/約300g

レディース『“みんなここから”JOG100』/最下最安グレードシリーズ

理由「クッション性が高く、まだ足が弱い人には保護が必要だから。そしてそれなりに安い。」

 

代替わりはするけど基本的にはそう神経質になることもないのだ。※初心者でも奮発して良いもの買うなら『ゲルカヤノ23』が歴史的傑作になるだろうから超お勧めしておく

 

足が出来てきたファンランナーなら「ミズノのミズノウェーブ搭載シューズ」1万3千円くらい!

日課のジョギングとシューズ

 bandicam-2016-11-29-10-23-47-459 
 bandicam-2016-11-29-10-23-35-110 

「ウエーブライダー19」ミズノ公式オンラインショップ

走快感クッション性
買うべき人
週3,4日/5km/30分程度のジョギング半年~1年走った脚を持つリラックスランナー楽しみたい
店舗で試履した感想「ウェーブライダー20(2016)」※20だよ
スペック評印象短評
踏み込み部推進推進力が得られる「ギュ…っるン!」といった反発による返しがキモチ良い。
ヒザヒザにある程度は負荷をかけて推進していく印象。
かかと周辺部フォーム踵から着いてもやはり「ギュ…っるン!」と前に向けられる感じ。
足裏最近ソールが厚くなっているのでクッション性は結構ある。
フィット感スリム系の足型が合えばいい感じだが、少し硬めか。※このシリーズはフィットさせないと一気に使い勝手が悪くなるだろう。というか痛くなる。
アンクルホールド感「ビシっ」とホールドするから力が逃げず前に推進する感じ。
耐久性ウェーブ機構は割れたりしない限りヘタレなそう。
総感明らかに他とは違った無二の感触があるミズノウェーブ機構。 

メンズ『“ライディングマン”ウェーブライダーシリーズ』/約280g

ワイドモデル(足の甲が広くゆったり)[ミズノ] Mizuno WAVE RIDER 19 SW [メンズ] J1GC1604 09 (シルバー×ブラック×イエロー/265)

レディース『“ライディングウーマン”ウェーブライダーシリーズ』

ワイドモデル(足の甲が広くゆったり)[ミズノ] Mizuno WAVE RIDER 19 WIDE [ウィメンズ] J1GD1606 02 (シルバー×ホワイト×パープル/230)

理由「足が出来てきたら、ある程度は低反発なモデルじゃないと逆に疲れるから。」

 

ウェーブライダーは近頃クッション性にも力を入れだしているというが、中途半端なことにならないといいけれど。この19はそういった意味で絶妙なところにあるといえる。

※このシリーズは、普段asics(アシックス)のジョグシューズを履いている人からすると「すこし小さいか狭い」かすると思うのでその点を意識して試履してみよう。自分のサイズだと思っている数値より0.5くらい変動するのは珍しくないから。

 ウェーブライダー19の参考情報「ミズノウェーブライダー19で走ってみた感想」素人ランナーのランニング考察さま

ウェーブライダー19の参考情報「ただ過去数十年の中でこれだけ変化をしなかったランニングシューズは初めてです。」プロが教えます!さま

 

 

あるいはasicsの新シリーズ「ダイナフライト」がこの位置か。

 bandicam-2016-12-01-08-29-15-208 
 bandicam-2016-12-01-08-29-28-682 

「DynaFlyte(ダイナフライト)」asics公式

走快感クッション性
★☆(予想)★☆(予想)
買うべき人
週3,4日/5km/30分程度のジョギング半年~1年走った脚を持つリラックスランナーasicsがいい&ちょっと奮発して良いもの

メンズ『“飛脚”新作ダイナフライト』/約270g

レディース『“飛脚”新作ダイナフライト』

名作の予感漂わせる新シリーズということでね。お金を出せるならまったくの初心者が履いてもいいだろうというスーパーオールラウンダーシューズという個人的予想。

 

アシックスの新作。

 

新機構「フライトフォーム」の搭載が「クッションのasicsを変えた」とかどうとかいう新シリーズらしい。

「スピード感」も出て「クッション性」もあって「軽量」で「持ち」もいいというオールランダーということらしい。

 

ほんとだろうか。

 

「中途半端」とも言えるし「初心者も買いやすい万能靴」とも言えるし。

初心者さんはだいたいasicsを勧められる中にあって、最下グレードではない「長く履ける良い物」を探すなら「これが良い」というくらいは言えそう。

 

ただその場合GT2000シリーズとも被るから。

 

後は結局「走快感のダイナフライト」「クッション性のGT2000」かとなる無限ループ(asicsで初心者用で高グレードシューズとなると)。まあとりあえずこの「走快感」を楽しむという場合にはボクはウェーブライダーをススメておくということで。

 

名作シューズじゃなく新シリーズ紹介しちゃった。

 

 

減量ダイエットならクッション性に優れた「アシックスのゲルシューズ」

ダイエットで使えるジョギングシューズ

まずは「GT2000シリーズ」※現在これを履いて走ってる

 bandicam-2016-11-29-10-25-07-143 
 bandicam-2016-11-29-10-26-01-357 

「GT-2000 NEW YORK 4」asics

走快感クッション性
★★★
買うべき人
適正体重より10~20kgオーバー膝や足が弱い初心者練習したい
店舗で試履した感想「GT2000ニューヨーク5(2016)」※5だよ
スペック評印象短評
踏み込み部推進沈むかな(笑)
ヒザゲル系はとにかくこの部分の「ニュっ」という「一段上の沈み込み」があってヒザに優しい感じ。
かかと周辺部フォーム「外側のゲルによって」アンダープロネーションが抑制されている印象。つまり外に膨らむ走り方をゲルの強力な吸撃力で自然に減殺してくれる感じ。(内側へ矯正して向けるホールド感とはまた違って)
足裏ただそのぶん「下ぶくれでゆっさり」重い印象も受けるから機敏な動きには向かない感じ。
フィット感他のシリーズより微小にゆったりしていて誰にでも合う印象。
アンクルホールド感ライダーほどではないけどサポート機構があるからブレにくい。その分ライダーよりフィット感が増してる感じかな。
耐久性ゲルはスチロールみたいなソールと違ってヘタりにくそうだし持ちはよさそうだ。
総感5はもっさり感があるなあ。ただシステム的なクッション性は流石。
「GT2000ニューヨーク4」を履いて1年走っている印象
総感5よりはシュッとしているけど高いクッション・システムの代償にやはり「振り子のような」下ぶくれ感はある。慣れれば気にならないとも言える。靴底の持ちは驚異的でヘビーに使用してもOK。

メンズ『“スマートホールド&ハイクッション”GT2000』/約300g

ワイドモデル[アシックス] ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK 4-Super Wide TJG940 8843パイン/ディープブルー 26.0

レディース『“スマートホールド&ハイクッション”GT2000』

ワイドモデル[アシックス] ランニングシューズ LADY GT-2000 NEW YORK 4-wide TJG520 9076ブラック/ピーチ 23.0

 

ヒザ神には「ゲルカヤノシリーズ」※2016年モデルは傑作の予感

 bandicam-2016-11-29-10-26-33-307 
 bandicam-2016-11-29-10-27-25-926 

「ゲルカヤノ23」asics

走快感クッション性
★★☆
買うべき人
適正体重より15~40kg~オーバー膝や足が弱い初心者立ち仕事
店舗で試履した感想「ゲルカヤノ23(2016)」
スペック評印象短評
踏み込み部推進沈むかな(笑)
ヒザGT2000-5と同感 ※このカヤノ23はさらにゲルが使われている
かかと周辺部フォームGT2000-5と同感
足裏GT2000-5と同感 ※さらにこのカヤノ23は軽量による新機構「フライトフォーム」が使われていて「下ぶくれ感が解消」されているような印象。(反発力によるのか軽いからなのかは分からないが)
フィット感GT2000-5と同感 ※さらにこのカヤノ23は底部の軽さ(印象)がそうさせるのかGT2000-5よりフィット感がよく感じてしまう
アンクルホールド感GT2000-5と同感
耐久性GT2000-5と同感
総感重いと思っていたし数字上も重いはずなのに「スッキリとした履き心地」にビックリ。歴史的傑作の予感。とにかく一足あって損はないんじゃないかとコレクションさえしたくなる。

メンズ『“クッションお化け”ゲルカヤノ』/約325g

ワイドモデル[アシックス] ランニングシューズ GEL-KAYANO 23-Super Wide TJG944 0990オレンジ/ブラック 25.5

レディース『“クッションお化け”ゲルカヤノ』

ワイドモデル[アシックス] ランニングシューズ LADY GEL-KAYANO 23-wide TJG746 1978ピンク/アクアブルー 24.0

大幅減量を目指すダイエットの場合は体重の増減に対応するべくクッション性が大事だよね。保険的に。あと立ち仕事にもいいよね。足裏の疲労軽減。

 

GTシリーズもゲルカヤノシリーズも似たようなものだと思われるが、

カヤノの方がよりぐにょんぐにょんしている感がみてとれる。

実際厚いし。

しかしGT2000も似たようなもので劣るとは思われないし、

加えてホールド感による安定性が多少上だというくらいではないか。

毎年色味が変わるのでどっちが好みかで選んだら良いと思う。

そしてこういったハイクッションなシューズは立ち仕事にも抜群の疲労軽減効果を発揮するぞ。ニートだけど。いや正月くらいは実家の店に出るからさ。

※店舗にて試履したところ「ゲルカヤノ23」は傑作感がすごい。「GT2000の5」はもっさりしていてダメかも。

 ゲルシューズ参考「ジョギングダイエットで膝が痛い!ゲルカヤノ22を購入して改善した」メタボを改善して健康に!体型改造ダイエット計画-運動経験なしアラフォーおじさんの実践記-さま

ゲルシューズ参考「ぽっちゃり系ランナーに強く薦めたい膝痛防止ランニングシューズRunning」カズチャンネルさま

ゲルシューズ参考「アシックスストアで聞いた!初心者におすすめのランニングシューズ」JunkBlogさま

 

靴こそは実店舗で「履いて」確認しよう!
足の造りは結構人それぞれあるらしい。足のサイズもそうだけど、足の甲によってはワイドモデルが良かったり、それよりもスリム系のほうが合うなどするので、やはり実店舗で履くに限るのである。お目当てのものがなくても、何か別のものを履いてサイズや何かの把握はしておきたい。でも逆に言えば気をつけることはそれくらいなのである。履きやすければ特別な問題はないのだ。

 

【超実践的な方法】足に合わせたシューズの選び方。サイズはこうやって測ろう。

足に合う靴の測り方。「サイズとは、ワイズとは、プロネーションとは?」

・サイズ?ワイズ?プロネーション?ジョギングシューズのベストサイズの見つけ方。

 

世界的スポーツメーカーからの名作ランシューシリーズ紹介

ランニングシューズの有名シリーズ選!!

・「【名作ランシューから選ぶ】アシックス,ミズノ以外の世界的有名ジョギングシューズシリーズを紹介!!」

 

ということで以上がオススメシューズなのである。

 

これが今回の言いたいことなわけですよ。

 

でもその理由や疑問をいろいろ書くぞ。

 

なんで「初心者はアシックスの最下グレード」なの?

アシックスのランニングシューズ 初心者向け JOG100 ロードジョグ

【答え】柔らかいからさ。足に優しいからさ。安いし。さっきも言ったけど。

ホールド感の「マキシマイザー」 VS クッション性の「ロードジョグ」

マキシマイザー ミズノ ランニングシューズ

「マキシマイザー18」ミズノ公式サイト

特徴ホールド性

走快感クッション性
★★

 

ロードジョグ7 アシックス ランニングシューズ

「ロードジョグ7」asics公式サイト

特徴クッション性

走快感クッション性
★☆★★

初心者向けシューズの双璧。

 

ミズノの「ミズノウェーブ」という機構が生み出すホールド性能と推力指向性の低反発で爽快な走り心地。アシックスの「ゲル」技術が衝撃を吸い込んでいくクッション性のある優しい走り心地。

※これらの最下グレードにはこの機構は搭載されていないけどねっ

日本スポーツブランドが市場に繰り出す最下グレードランニングシューズはこの2つ。まさに入門向けランニングシューズの両雄である。

ボクの実体験
これらのことは世にいわれていることでもあるが、これは「実際にロードジョグを2年ほど使っている自分の感想でもあり、店舗でマキシマイザーを踏みならした自分の感想」でもある。

そして初心者にはクッション性のほうが大事だとも思う次第。

 

初心者はまだ足が出来ていないから「ケガが多い&足の裏が痛くなる」

ケガ 足 ランニング シューズ選び

自分も走り始めて3年くらいはなんだか足の怪我があった。ヒザが変になったり、足首が痛くなることも結構あったし、走り終わったあとはほぼ毎日のように足の裏が痛くなることに襲われた。

テキトーな靴で走ってたからなのかどうなのかはよくわからないけど、靴というより足がビギナーだったと思うわけである。

だからロードジョグを履いてもある程度は何かあるだろうけどね。でもクッション性があったほうがいいでしょう。

これ履く前は1000円のソールを入れて「上手いことやったぜ」という風にクッション性を向上させていたけど、ロードジョグ履いたらそんなの要らんかったわけだからね。

やっぱリ違うんでしょう。

 

初心者は続けるかどうかわからないから「安いモノ」のがいいでしょう。

シューズ選び ランニング 値段 価格

ジョギング自体はものすごい効能があるのだが、人によっては相性のない人もいるかと思う。とりあえず始めてはみたけども、

「別におもんないな」ってなったら1万円のシューズとかちょっと困るやないの。

だから「最下グレードでええんやで」ってことで。機能的には十分なんだからさ。リラクゼーション的なジョギングには。

 

 

もっと安いのじゃダメなの?

ランニングシューズ 安い 

【答え】ダメってこたあないけど、「減り」が早いんだよ。つまり耐久性が低いの。寿命がすくないの。

最安激安級の1980円シューズは3ヶ月でアレになる。

bandicam-2016-10-04-02-09-09-813

「靴のシューマート」楽天市場店

 

安物ランシューの寿命は3ヶ月(体感)。

 

靴のシューマートオリジナルブランド「MONO」というのを当初は結構使っていた。地元にある靴屋さんのオリジナルブランドをね。ネットとかやらんから。よく知らんから。1980円位だった。今のシリーズは値上がりしてるけども。

あの4県くらいに店舗を展開している靴のシューマートオリジナルブランドMONOシリーズも遂に値上がりかあ~。

 

とにかく安いからこれでいいじゃんとなるし、実際これでいいんだよね別に。「軽快なランニングシューズ」やしさ。ジョギングなんてなに履いてもできるけど、ランニングシューズってだけでもう十分な装備なわけだからね。

 

しかしこれは3ヶ月位で靴の底がすり減って急斜面を造形してしまうのである。

 

このまま走ると足を痛める可能性が上がることは自明である。そりゃバランスがおかしくなるんだものね。

 

しかし、

走り方や癖の問題もあるだろうけど、

上位グレードではこんなことにはなかなかならないのである。

実体験としては。

これがロードジョグ7なら2年使ってもこうはならなかったのである。

いやほんとに。

費用対効果を考えればどちらがオトクなのかってことですよ。

 

靴底の減り具合で走り方のタイプが分かる!

bandicam-2016-11-29-11-31-28-846

靴底の外側がすり減ったら「アンダープロネーション」という走り方のタイプ。クッション重視の靴が推奨される。

bandicam-2016-11-29-11-31-24-035

靴底の内側がすり減ったら「オーバープロネーション」という走り方のタイプ。安定性重視の靴が推奨される。

bandicam-2016-11-29-11-31-51-077

靴底が均等にすり減ったら「ニュートラルプロネーション」という走り方のタイプ。かかと部のクッション性(ヒールカウンター)の靴が推奨される?

「目的・レベル・プロネーションの選択で、おすすめのシューズをお選びいただけます!」asics

参考「自分のプロネーションを知ろう」スポーツオーソリティ

 

 

なんで「足が出来てきたらミズノウェーブ」なの?

bandicam-2016-10-04-02-56-03-271

ミズノ公式サイト

【答え】だって「足が出来たらもうそんなにクッション性いらないのよ」。横ずれするしフワフワしすぎるし。だったらあとは安定感やホールド感や推力指向性や推進力や低反発な、ほら、「走る爽快感」がほしいのさ。

『ミズノウェーブ』VS『ゲル』

ランニングシューズ選び ミズノ asics

 

『走りやすさ』対『脚の保護』

 

かっこいいよねこういった機構ってのはさ。ミズノの『ミズノウェーブ』、アシックスの『ゲル』、アディダスの『アディプリン』やら『ブースト』、ナイキの『エア』といった機構が大好きなんだけどもね。

 

低反発性ホールド(走りやすさ)が『ミズノウェーブ』

クッション性(脚の保護)が『ゲル』

 

ということで。とりあえず大雑把に分けると。

低反発なモデルはスピードを上げてくれるのでプロが使うレーサー仕様として基本である。しかしアマが使うには硬いので、アマにはアマ用のシューズが用意されているわけである。

 

「それならおとなしくアマは柔らかいのを使っとれ」となりそうなものだがそうでもない。

そこはまあ人それぞれやから。

 

プロでもアシックスのゲル仕様を使っている人もいるわけであるから。他の選手が怪我をする中で「ゲル最高」という感じで。

 

しかし自分が履いてみたところ、どうにも最近は「クッション性よりもホールド感というか低反発性による推進力が欲しい」と思うのだ。

 

上位モデルで「クッション性」×「ホールド低反発性」を履き比べ?

2年くらい履いたロードジョグ7がとうとうダメになったから買い替えた時のことである。ロードジョグは靴底の持ちが割りといい方だったが、なんと靴の中がおぶっ壊れになっていたので泣く泣く新調することに。

 

しかしせっかくなので「上位モデルを履いてみよう」と相成ったわけである。

 

そこで候補に上がったのがアシックスの「GT2000ニューヨーク4」と、ミズノの「ウェーブライダー19」であった。

とりあえず日本人の足に合いやすいのは日本メーカーという情報を信じている私はそういうことでこの2メーカーの有名ランニングシューズシリーズに目をつけたわけである。

 

当然、

「GT2000ニューヨーク4」はクッション性重視。(ゲルカヤノという有名シリーズもあるが、個人的にデザインがもっさりしているのは苦手なのでこのGTシリーズをチョイス)

「ウェーブライダー19」はホールド&低反発性重視。(最近柔らかさも追求したみたいだけど)

でも結局、

 

丁度なにかの拍子に安くなったから「GT2000ニューヨーク4」を履くことになったのである。

 

試履では「ウェーブライダーのほうがしっくり来ていた」という点はあったのだが。

 

クッション性がそろそろ邪魔なお年頃?

そして私はもう一つ「ゲルフジ」というトレイルランニング用のシューズを持っている。

これはゲル機だが「GT2000ニューヨーク4」よりは低反発性である。

この2つで日ごろ履き比べていると思うのは、

 

クッション性がもう、ちょっと邪魔。

 

という事態であった。

 

なんか「フワッフワして、少し疲れる」様に感じるわけだよ。

 

これだけ履いていれば別にそんなこともないそれなりな履き心地で不満はないのだ。デザインもかっちょいいし。ゲルだし。気分的にも気持ちがいい。

 

しかし低反発のを履くとやっぱり「なんか違う」という違和感が残る。

 

つまり「ゲルフジ」を履いてるときのほうが爽快で走りやすいのだ。

 

まあ、この「ゲルフジ」は旅用に選定して購入したスペシャルアイテムで、「軽くて丈夫で防水で歩き疲れない」というテーマの元に導入されたアイテムだからあんまりランニングでは履きたくはないのだけどたまに履くのである。けど基本使いたくない。すり減るしね。

 

だからまあ「ゲル」と「ミズノウェーブ」を走り比べたわけではないんだけど。

 

ほしいのは『走快感』になった。

ウェーブライダー20

「ウェーブライダー20」ミズノ公式サイト

しかしこのゲルフジを履いた時の感覚と、

非常に似ているかそれ以上に感じたのが「ウェーブライダー19」だったわけである。

ということで、

 

「ある程度の経験者は、足が出来ているので、クッション性が邪魔になることがある。だからホールド感や低反発性がもたらす推進力、つまりは『走快感』が欲しくなる。」

 

というわけなのである。

 

最近は足の怪我が皆無であるね。だから「心配ないんじゃない」と。「もうクッション性はそこまで高くなくてもいいんじゃない」と。横ずれにも弱いからね。タテの動きには強いけど、ヨコに対するずれに弱いから、機敏に動くにはちょっと怖いしね。そんな機敏には動かないけどね。

いや、ある程度は要るよそりゃ。

靴底ベランベランのオサレ靴なんかじゃダメだよそりゃ。

 

ただし、

『大幅な減量ダイエットに挑む』

という場合であればクッション性能の高さはありがたいものとなるだろう。

 

ここではリラックス運動も兼ねる生活習慣改善という意味でのダイエットにおいて、

『走りやすさ&走快感』

という点からミズノウェーブシューズのおすすめをしているわけである。

 

 

なんでさっきから「ミズノとアシックス推し」なの?

足型 ランニングシューズ サイズ

【答え】「日本メーカーが一番日本人の足に合わせてくれる」という話だからさ。

「足は人によって様々」で、なおかつ「人種によってもパターンがある」

まず人それぞれに足のデザインがあるから、「靴はまず店舗で履いてみて」といわれるゆえんである。26とか27とかのサイズの前に、「履いてみる」という工程が重視されるのはそのためである。

そして日本人(人種=モンゴロイド交配種)という特徴で「足の甲が大きい」という特徴などがあるみたい。

まあ正確なところはアレだけど。

 

日本人=ワイドモデル

だから紹介したアシックスの最下グレードモデル「ロードジョグ」などは足の甲の部分が「ワイドモデル」になっている。ミズノのシューズにもワイドモデルがそれぞれ存在する。

 

アシックスに至っては「スーパーワイド(SW)」モデルまで存在する始末。

 

決して「でかいサイズなわけではない」のである。あくまで足の甲の部分だけが広くゆったりと取られているのである。それ以外はそれなりにサイズを合わせればフィット感を得られる。

 

まあ、

「店舗で履いてサイズを確認する」

というのが一番大事なわけだけど。

 

でも、

「履いたときには違和感がなくても、走り始めると少しキツくて痛くなってきた。」

というサイズ選びのシーンに遭遇する確率が低くなりやすい。

 

とは言えるね。

自分ではそう思う。

経験上。

 

あくまでデザインなどを考慮しなければ、これら日本メーカーのジョグシューズたちは「日本人に合いやすく作られている」というわけだからである。

 

足の甲が広いならワイドモデル!

bandicam-2016-11-29-08-46-00-696

「シューズ足囲ガイド」asics

※4Eやら2EやらDというタイプは幅(足囲)を現す。4E>3E>2E>E>Dというように4Eになるほど広いワイドモデル。日本人は2Eが一般的で欧米人はDなんだとか。E~2E~3Eならワイドサイズ。3E~4E~Fならスーパーワイドサイズ。

参考「靴のサイズで「ワイズE」と「ワイズD」ではどう違うのですか?」Yahoo知恵袋

 

 

でも結局なんでもいいんでしょ?

bandicam-2016-07-04-21-08-33-916

【答え】そう。気に入ればなんでもいい。色やデザインで。ランニングシューズならなんでもいいよもう。

真理「履きやすくてデザインが気に入ったランニングシューズならなんでもいい。」

ここまでの話はあくまで「一般的にランニングシューズは何がオススメだとされているのか?」「私のオススメは何々で、なぜそうなのか?」というお話である。

 

しかし同時に、

「履きやすくてデザインが気に入ったランニングシューズならなんでもいい。」

ということなのである。

 

始めるには始めやすい方がいいから安いのでいいし、家にある運動靴とかでいいし。

続いてきたらせっかくなので少し性能の良いランシューで気分もアゲて行こうみたいなさ。

そんなもんだよ実際。

 

すなわち、

「ランシューなら何でもアリ」

という真理。

 

だから「アシックスの最下グレードモデル」にしたってさ、毎回毎回さ、代替わりするけどさ、そして今回「ロードジョグ」から「JOG100」とか名称変更されてるけどさ、まあ確かに良くなったり悪くなったりはするだろうけどさ、そんなのどうでもいいんじゃんってさ、なろうよ。さ。

 

真理Ⅱ「しかし『店舗で履いてみる』は絶対。」

やっぱりこれは外せないセレモニーとなってしまう。24.5とか26などのサイズ表記だけではわからないものである・足の甲のサイズ、重さ、かかとのデザイン、みんなそれなりに違うから。

 

実際に履いてみる×少し動いてみる×少し飛んでみる×少しステップしてみる×少し歩いてみる。

 

あくまで少しね。

お店の売りもんだから。

気に入ったら買う。

 

安さ重視ならネットで買う。

お店で良い顔したいならお店で買う。

 

ある程度は自分の元もとの靴のサイズは確認してさ。

靴底に書いてあるしさ。

消えてるけどさ。

 

結局は何かまず履いてみて、

それがどれだけ合うのか?

合わないところがどこなのか?

というデータをすりあわせて良い自分にあったものを見つけるという、

 

人生と同じ作業しかないのである。

 

参考にどうぞ「すべてのランナーに贈る「マイ・ベスト・シューズ」を見つける方法」

 

【超実践的な方法】足に合わせたシューズの選び方。サイズはこうやって測ろう。

足に合う靴の測り方。「サイズとは、ワイズとは、プロネーションとは?」

・サイズ?ワイズ?プロネーション?ジョギングシューズのベストサイズの見つけ方。

世界的スポーツメーカーからの名作ランシューシリーズ紹介

ランニングシューズの有名シリーズ選!!

・「【名作ランシューから選ぶ】アシックス,ミズノ以外の世界的有名ジョギングシューズシリーズを紹介!!」

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

よい生活習慣ゲット企画「ニートダイエット」で人生は変わるとマジで思う。

-ニートダイエット
-

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.