ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

企画モチコミ一代記

伝説のルーズリーフ企画書顕わる。【100万本のゲーム企画書『夢幻戦記①』】

投稿日:2013年10月25日 更新日:

bandicam 2013-10-25 20-08-39-287

 

「空想の翼は誰でも持てる!!!!」―

 

これは「世界を変えた素人発明家」という本の帯にかまされてた言葉です。

この言葉を旗印にしてやっていきたいよ。

そもそも私はあんまり「言う」ってことがニガテです。

 だから、

「男だったら背中で語れや」

的なね、 そういう価値観でね、

色々言わんと、「作ったらいい」 

と主に考えていたのでした。

そう、はじめは。

で、作って送りまくりました。

ご迷惑にも。

でね、もうこういうのをイジリ倒そうかと思いまして。

 

※ツッコミスキル上げてご覧いただきたい 。

 ̄ー ̄)_凵 どうぞ~~

 

それではちゃっちゃとご覧いただきましょう。

 

注※かなり読み飛ばしてくれて構いません。

是非そうしてください。

あんまり見ないでください。

↓↓↓

 

 

↓↓↓(ざっと目を通していただけたならば続きます)

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・

 

ドドドドドドドドドドド!!!!

うん。まああれだよね。

 

ぶったまげるよね。

 

あれだけ偉そうなこと言っといてこの有様だからね(笑)

字もアレだし。

腱鞘炎中だし。

鉛筆がいいし。

 

ああ笑えるね。

 

んで手書きです。

ルーズリーフに。

 

ヒルクライムのナンバーを思い出します。

―――ルーズリーフに~♪ 描か~れ~た♪

―――君が主人公のそのものが~たり~♪

 

そういうことにしておこう。

 

20140108125738369_201507070025082c9.jpg 

で。

 

手が痛いので、清書すると。(せいしょ!?)

コンビニでマシーンの力を借りますよ。

それもドキドキ。

だって見られるからね。

てか見られたよね。

紙なくなったからさ、店員さん呼ぶじゃない。

で、給紙した途端出てきましたよ。

店員さんの目線に。 飛び込んできましたよ。

 

「魔法~魔法で戦う~ 基本的な攻撃手段~」

がね……。

 

でも全然アレだけどね。

むしろ見て欲しかったくらいだからこの時は。

 

 

ヽ(´ー`)ノ 「どう?」て感じに。

 

(´∀`*)「魔法で戦うんすか?へえ~」

 

 

とはならないよ。

 

そんな神対応を常人はしないんだよ。

 

まあ私はポカリを深夜2時半に買って帰りました。

 

んで送りましたよ。

レベルファイブ、 コーエー、 セガ、 コナミ、 ナムコ……(デカイとこだけw

 

この時はホント、よくわかってなかった。まあ今もだけど。

どこが販売でどこが制作とかなんとか。

よく知りません。

だからビッグネームのみの特攻。

スクエニはアレです。

あのFFの魔法のやつ。

アレがあるからダメかな~とか思って送りませんでした。

 

なぜか張り合ってました。

ルーズリーフで。

手書きルーズリーフでね。

 

ここから私に少しおかしな考えが出始め、

「自分のゲーム」設計が狂い始めた。

いろんなとこで違いばかりを出そうと、

本来の想いを忘れて

表面的な違いばかり追うようになり、

 

果てはストーリーの高尚さとかばかりを考えるようになりました。

 

これがJRPGが誕生する寸法か!とね。

 

先の話しですが、2年くらい企画を作り続けて、

ゲームやりながら、思ったことは、

「やっぱりゲームだから。」

私は作家ではないし。

私はゲームに対して、思って、想って、

「こうしたい」「こういうのを皆にやってもらいたい」

と思ったのだから。

 

なんかそこそこ実績ある人みたく言ってなんかすいませんでした。

 

手書きルーズリーフごときがすいませんでした。

 

【夢幻戦記②】に続いてしまいます。⇒

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事/広告もある(テスト)

-企画モチコミ一代記

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.