ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

ドゥラメンテ号×アドマイヤグルーヴ号の追っかけ!

プラス18キロ&重り2キロのおデブ末脚炸裂!!!!復活のドゥラメンテ号G2中山記念を制す!

投稿日:2016年2月29日 更新日:

bandicam 2016-02-29 00-36-43-983

フジテレビ「みんなのKEIBA」GⅡ中山記念/16年2月28日

実況
「母アドマイヤグルーヴのラストクロップ!!2冠馬が動く!!」

なんかお嬢の秋華賞の時くらいドキドキしてしまったドゥラメンテ復活の中山記念であった。

やっぱ勝ったね。

 

プラス18キロ&重り2キロの末脚

bull-1114267_1280

前走・東京優駿(日本ダービー)484キロ

近走・中山記念502キロ!!+ハンデとして2キロ増!!

 

プラス18キロと2キロの重い体でよく走ったなあ。

 

「馬体重なんてカンケーないない(*´∀`)」

とか中2の頃は「能力だけで処理される判定」なゲーム脳なもんだから思ってたけんども、個人的に馬体重の10キロ増はもうダメ。体感的にそれで勝つ馬あまりみたことない。

個人的にね。

通算当たり馬券2回のギャンブラーであるオレ的にね。

それでも勝った。

 

9ヶ月ぶりの休み明け

animal-197161_1280

「1年休んだ馬はロバになる」

なんて昔は言われていたけど、それは今でもそうでしょ。正直、薄々ダメじゃないかなあとはみんなが思っている暗黙の了解。

春に活躍して、ちょっと怪我で「休養いってきまーす(`・ω・´)ゞ」とか言ってたとおもったら

それっきり

なんてことは基本だ。

もうそれがスタンダード。

芸人の世界でもそうらしいぞ。

「ちょっと休養してきまーすっ(`・ω・´)ゞ」

と言ったままフィリピンで○○とか。

それでも勝った。

 

「8割くらいかなあ……」の仕上げ

馬体重の500オーバーを見てもよく分かる通りぜんぜん仕上げられていないのだっ。

もうゆとり仕上げといっていい感じ。

テレビ向けに厩舎関係者さんがコメントするんだから多少は色を付けていくところをかなり控えめに「8割くらいかなあ……」だから実質6,7割とみてよいねうん。

それでも勝った。

さあ、

ここまでハードルを下げておけば、

クビ差の勝利でも全然寂しくはないよね。

 

レース運びは皇帝ルドルフのそれを思わせる完璧な”4角先頭”

bandicam 2016-02-29 01-51-03-688

2013年 ジャパンカップ THE LEGEND JRA CM

ぜんぜんレース勘は鈍っていないじゃないかこの馬なんてことだ。

ニートなんて家に引きこもると外に出る感がゼロに落ち込むというのに、さすが天下のノーザンファーム。

道中に多少、騎手(ミルコ・デムーロ)が力んで抑える必要があったくらいで、

いいスタートに任せて中断に付けつつ、

だんだん加速していきながら、

最終の第4コーナーでは先頭を捕らえるという

あの7冠皇帝馬シンボリルドルフの伝家の宝刀ー

 

”4角先頭”。

 

これは本当にうまいレース運びの形とされるんだよ。

「G1ジョッキー」(©コーエーテクモゲームス)だとこれで馬の末脚ゲージが増えるんだぞ。しらんか。

 

そこでボクはこう思ったんだよ。

「あ、あ、あ、ルドルフがおるううううう

(▽Д▼;; )

ルドルフ帝の再来やあ~~

(▽Д▼;; )」

そんで

「…これ突き放すぞ……!!

(▽Д▼ )」

 

と思ったらぜんぜん突き放せずクビ差でフィニッシュ。

 

うん。まあもともとあれだけ悪い条件で、G1クラスの馬たちが集まった異様なG2で、それでも勝ったんだからすごいよ。いやマジで。

同じ世代のライバルの一頭でダービー後もG2、G1で2着していたリアルスティールや14年の皐月賞馬で当時かなり騒がれてたイスラボニータや、そのさらに前年度の皐月賞馬のロゴタイプとかなり客の呼べるG2競走になっていた中山記念で。

 

最後の脚が伸びなかったのはこれはもう完全に+18キロ&ハンデ重量2キロでしょう。

 

もうこれは完全に。

デブかったからでしょう。

でもそれを抜けばかなり完璧にレースを走ったんではないか。

やっぱりあのダービー時の馬体重が完璧に近い理想体重なのではないかねえ。

強かったしさあダービーやしさあ。

成長分も加味しても+5キロがいいところでしょうしさあ。

ねえ。

さあ。

 

あと2着アンビシャスがカスケードに見えた。

 

なんか「地を這う走法」とか繰り出してたじゃん密かに。なにあれ。密かに。密かにやるとかやめて欲しいんだけど。そっち気になってたし。あれなんかコイツの走り方かっけえな的にやめてほしい。

 

目指せトウカイテイオー。

bandicam 2016-02-29 01-25-34-569

92年/東京優駿/トウカイテイオー号

春2冠で骨折から復活した名馬といえばトウカイテイオーしかいないんじゃないかね。

後にジャパンカップと有馬記念を勝った。でも正直それくらいしかいないので「ドゥラはもうアレかなあ……」という感じ漂うなかで勝ったんだから。

だから春天だけは出ちゃダメだ。

また脚折れるぞ。

 

ぜんぜんキンカメと絡めないのはごめんネ。

 

何故か馬界のハプスブルク王朝と絡めてしまうネ。

あれだけアドマイヤグルーヴの血統から推しているにもかかわらずネ。

でもキンカメ似だよねこの馬。

お嬢には似てないような気がするネ。

なんやかんやで500オーバーの馬体重ってすごいデカイからネ。

 

安田記念がいいなあ。

bandicam 2016-02-29 01-31-09-071

フジテレビ「みんなのKEIBA」15年「安田記念」

次走。

「天皇賞春」になぜか行きたがる競馬界だけど。キズナとかやたらと放り込んでダメにしちゃう世界最高の長距離レースだけども。でもドゥラはマイルの勲章が似合うはず。キンカメ似だし。うん。

ドバイに行かないなら安田記念にGOしてほしいわ。

そしたらまたチャリ漕いでくるわ。

宝塚遠いわ。

 

それに今年はスター不在ではないか?

そんなよくしらんけど。

うん。不在。

ゴールドシップも引退したし、オルフェもジェンティルもいないし。どうなのよって。

うん。不在。

今年のクラシック戦線からなにが出るかはしらないけども。

 

いま競馬界はスターを欲しているっ!!

 

次なに出るんだろうマジで。「ドバイデューティーフリー」に行くのかね。「ドバイシーマクラシック」かね。どうなんだろう。春の香港で「チャンピオンズマイル」か「クイーンエリザベスⅡ世カップ」か。

普通に4月辺りに国内GⅡから「安田記念」→「宝塚記念」か。

で勝ったら凱旋門で、負けたら秋国内王道路線か。

どちらにせよいずれかしかないけども。

 

それにしてもこの馬が走るとほんとに元気が出るなあ。
(*´∀`)

ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。


ニートに感謝したい場合はここにクリックを受け付ける用意がありますよ。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

-ドゥラメンテ号×アドマイヤグルーヴ号の追っかけ!
-,

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.