ニートブログむらくもの野望

13歳で働いた元少年労働兵がアラサーニートで人生を生ききる為に『やれたらやる』ブログ。「もしかしたらこれやったら違う日になるかも」

「一巻『愚か者よ』」 一覧

ゲームをすることの功罪。

カテゴリ一覧

「死に盛りのオレたちへ」のはなし。

  「死の一つ」について ここまでを書いたなら。 最後にコレだけ書いておかなくてはならないだろうと思う。 それは、   あまりに魅力的に美しく描かれた世界や物語や物事は 現実で生きる気持ちを ...

「動くと変わる快感」のはなし。

  楽しいということ 私は言った。 ゲームには目的があったと。 そしてシゲキがあると。 それは色々な事がそこでは展開されているからである。 およそ実際にはない起こりえない起こり難いものごと。 それらが ...

「だが何もしないよりはマシだ。」のはなし。

  「何かをすること」の一つ どうしようもない状況でずっと退屈でいるよりも、 はるかに楽しい。 何かが起こる、何かを感じる、 思う、想う、怒る、共感する、感動する。 とかそんなの。何かやることがある人 ...

ゲームから得られる2つ以上の人生への利点と4つ以上の害悪。

ゲームから得られること ①色々なことを体験できるシゲキ およそ現実では体験できないこと、あるいは現実にやっていたらやりきれないだろうことを数多く体験できる。 ②能動的に目的に向かって動いて行ける楽しさ ...

「”最初のシゲキ”から全ては始まる……!!!!!」のはなし。

  私はただ一方的にゲームを賛美しない。 害悪はある。   ちっぽけな自分の成果 自分はシゲキを受けて行動している。 世に偉大な事を成したわけではない。 人並みの生活を送れるように ...

ゲームをすることで人生を動かすという経験。(基本思想)

    「だが何もしないよりマシだ。」 by芝村舞(ガンパレード・マーチ)   _( ▽Д▼ )_ ・「何もやることなくて、何もやれなくて、どうしようもない状況」 ・「不安と焦りと無力感に苛まれていて ...

Copyright© ニートブログむらくもの野望 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.